スポンサーリンク

【東京・日本橋】アートアクアリウム2019を堪能♪

スポンサーリンク
東京
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

こんにちは、Nagaです。

8月下旬とはいえ、まだまだ暑い夏が続くね~

Mado
Mado

Madoです。そうだねぇ~~~。

何処かすずしいところへ行きたいな!

スポンサーリンク

JR東京駅から徒歩20分、地下鉄銀座線・三越前から徒歩2分で到着!

前半は比較的涼しかったのですが、やはり例年通り熱くなってきましたね。少しでも涼しさを感じられるところはないかな、、と探してみると丁度良いイベントがありました!その名も「アートアクアリウム2019」。早速、「コレド室町」へお邪魔してきましたので、その様子を紹介いたします。

 

我々は東京駅からのんびり歩いて行きましたが、地下鉄・三越前駅からはすぐに行けますのでこちらのほうがオススメです。

 

日本橋~三越の街並みはいつ見ても歴史を感じる重厚な趣をみせてくれるのですが、今は「TOKYO 2020」のポスターや掲示物があちらこちらに掲げられており、早くもオリンピックモード一色となっていました。このエリアにも多くの外国人観光客が押し寄せるるはずですので、来年の今頃は大変な混雑になっているのでしょうか。

休日はなり混雑が予想されますが、平日は待たずに会場へ入れます!

本来であれば週末に行こうかな~と画策していたのですが、WEBを調べてみると土日祝などは最大30分~1時間ほど並ぶことがわかり、、、平日にお邪魔することにしました。

コレド室町へ到着すると行列は全くなく、非常にスムーズに会場へ入ることができました

 

 

会場エントランスに今年度のポスターが大きく掲示してありました。毎年、とても鮮やかに見えますが、今年は一段とカラフルになったように思います。既に945万人も来場されているのですね!これはものすごい数ですね!!!

会場内はスマホを握った女性客で大混雑!

チケットを購入(大人1000円)し、会場へ向かうと薄暗い会場が現れます。夏という事もあり、お化け屋敷のような感じがしました。

チケットはスムーズに買えたのにも関わらず、会場内は多くの方で賑わっていました!満員電車とは言わないレベルですが、すぐに人にぶつかるレベルです。会場内は段差や高低差がありますので、ケガをしないように気をつけてください。

 

主に女性客、いわゆる「インスタ映え」を探しにやってくる方が多いように思いました。まずは金魚を見て、好きな水槽を探して、そのあとはひたすら写真を撮る、というような感じでした。

 

写真好きな私もパシャパシャ撮ってみましたが、思った以上に会場が暗く、金魚さんの動きが速いので、想像以上に難しかったです。でも時間制限はありませんので、満足するまでじっくりと撮影されることをおススメいたします。

また、会場では三脚やフラッシュの使用はNGとなりますので、こちらもご注意いただきたいです。

 

金魚だけでなく、水槽の形も非常にオシャレ!

会場では金魚はもちろん、水槽の形にも注目していただきたいです。

一般のお店では扱っていない特殊な形状の水槽が沢山展示されており、こちらも見ていて楽しいです。かなり複雑な形状ですので考える側も実際に作る側も相当苦労されたように思います。作るだけならできそうですが、水が漏れないように接着面を隙間のないように削ったり、磨いたりされたのではないでしょうか。緻密な作業、ご苦労様です!!

その苦労もあり、見応え十分でした!!!

 

会場奥には天井や浴槽、着物のような展示も!

会場の後半には少し特殊な展示がありましたので紹介いたします。

1つ目は天井です。はじめは気が付かなかったのですが、上を見ると大量の金魚が泳いでいました。

FUJIFILMのXF16mmのレンズには収まりきらなかったのですが、このような雰囲気でした。

枠も絵画で使用される金の額縁のようなものが使用されており、ヨーロッパの宮殿のような雰囲気が感じられました。

 

2つ目は浴槽です。モデルさんの顔がなかったのが少々不気味だったのですが、、夏らしい涼しい展示ででした。奥の背景も江戸時代を感じさせる雰囲気でした。

見た目は綺麗でしたが、中にお湯を入れると金魚さんの命が心配ですので実用には向かないかもしれませんね、、。浴槽に浸かったとしても金魚さんが周りでファ~っと泳いでいると、落ち着くのかイライラするのか、どちらなんでしょうか?と真剣に考えてしまいました。でもこのような発想はなかなか思いつきませんので、考えた方は凄いですね。

 

最後は着物風の水槽がありましたので紹介いたします。

画像だけではわかりにくいのですが、こちらは同時に映像も合成される展示になっており、時間によっても衣装の絵柄が変わる仕組みになっていました。不思議ですが、とっても綺麗です^^ 加えて金魚さんも自由に動き回りますのでさらに複雑な模様となった衣装を見る事ができました。

 

今回は平日夕方にお邪魔しましたが、夜には「ナイトアクアリウム」と称して会場内でドリンクなどを楽しみながら音楽や舞妓さん、能や狂言などを楽しめるイベントも用意されているそうです。会期終了間際は混雑が予想されますのでお早めに行かれることをおススメいたします♪

 

インフォメーション

ECO EDO 日本橋アートアクアリウム2019~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム
開催期間/2019 年7月5日(金)~9月23 日(月・祝)
開催時間/【日~金】11:00~22:30(最終入場 22:00)
【土・祝前日】11:00~23:30(最終入場 23:00)
開催場所/日本橋三井ホール
料金/【当日券】一般(中学生以上)1,000円、子ども(4歳以上 小学生以下)600円、3歳以下 無料
公式サイト:http://artaquarium.jp/

コメント

トップへ戻る