スポンサーリンク

【岡山・犬島】ゆったりとした空気が流れる”犬島”へ行ってみよう!

スポンサーリンク
中国~四国
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

瀬戸内海にある、ゆったりとした空気が流れる「犬島」って知ってる?現在は精錬所が閉鎖され、美術館になっているみたい。

Mado
Mado

知らないけど、、、面白そうだから行ってみよう!!

スポンサーリンク

JR岡山駅から宝伝港へ向かい、船に乗って犬島へ上陸しましょう!

「犬島」とは瀬戸内海に浮かぶ岡山県の島です。知名度が高い「直島(香川県)」や「小豆島(香川県)」に比べてアクセスが少々大変です。。大きく分けて岡山本土から行く場合と直島から船で行く場合に分かれますが、東京からアクセスする場合は岡山経由のほうがオススメです。

 

※アートの島「直島」についてはこちらをご覧ください↓

【香川・直島】 アートの島「直島」で訪れたい5つのスポットを紹介します♪
Naga まだコロナは収まる様子にないので、しばらくはお出かけできませんが、、忘れないうちにこちらへ記載したいと思います^^ 今回は”アートの島”として名高い、瀬戸内海に浮かぶ島の1つ「直島(なおしま)」を紹介します(...

 

岡山経由で向かう場合は、港への直行バスが便利です(所要時間約1時間、運賃大人910円)^^ しかし本数が少ないのでその場合はJRで西大寺へ向かい、そこからバスに乗って「宝伝港(ほうでんこう)」へ向かいましょう(JR:約20分、大人240円、バス:約30分、大人510円)。ただ、本当にどちらも本数が少ないので、事前に時間を調べてから現地へ向かってください!

 

宝伝港からは約10分で犬島へ到着します。料金はたったの300円。めちゃくちゃ安いし近いです(笑) 船が苦手な方でも頑張れると思います!

犬島は非常にゆったりした時間が流れていました!

船で犬島へ上陸すると、本土とは違う空気感が出迎えてくれます。毎日分単位で慌ただしく生活しているのが、ばかばかしくなるような気がしました。可能であればこの”ゆ~ったりした時間”で生活をしてみたいな~と思ってしまいます。

我々はお腹が空いていたので、まずは食事をすることにしました。といっても選択肢はいくつかしかなく、、目に入った「在本商店」さんへお邪魔することにしました。看板にも英語が入っていますが、実際にこちらへは外国人の観光客も多いんだそうです。

「やってます」の看板が可愛らしいですね。

中へ入ると中央の居間に案内されました。お店というよりは親戚の家へお邪魔する感覚でした。こちらではテレビでも取り上げられたという「犬島丼」を注文してみました。

こちらがその「犬島丼」です。可愛らしい器に入っていますね。島の周辺で獲れる魚(ヒラメ)と野菜等をご飯にかけたどんぶりです。魚のダシや醤油等を使って炊かれたごはんにもきちんと味がしみ込んでいてとても美味しいです。

魚が苦手な方はちょっとダメかもしれませんが、、、ここならではの”犬島の味”が楽しめますので是非チャレンジされてみては如何でしょうか。

コメント

トップへ戻る