スポンサーリンク

【群馬・高崎】 ギャラリーのような空間でコーヒーが楽しめる「SLOW TIME cafe」へ行ってみよう♪

関東(東京/神奈川以外)
この記事は約7分で読めます。
Naga
Naga

今回は高崎にある居心地の良いカフェを紹介いたします(*‘ω‘ *)/ 本を持ち込んで、ゆっくりと読書を楽しむのも良さそうです♪

Mado
Mado

私も、あの空間は気に入っています^^

たまにはのんびりすることも大事だよね♪

Taro
Taro

ボクものんびりしたいなぁ~^^バブー♪

スポンサーリンク

群馬の高崎市へGO!!!

首都圏から高崎へ向かう場合は、新幹線を使っても良いですし(約50分、4500円)、在来線ですと湘南新宿ラインや上野東京ラインに乗って行くのが良いでしょう(約2時間、2000円ほど)。我々は湘南新宿ラインでのんびり向かいました^^本を読んでいるとあっという間ですよ♪

高崎駅では茶色と黄緑色が特徴の特急電車「リゾートやまどり」を見かけました♪ 名称は群馬県の県鳥「やまどり」に由来するんだそうです♪

 

群馬県の中之条へ行く「四万温泉やまどり(運行区間:大宮~中之条)」や沼田(群馬県)へ行く「たんばらラベンダー(運行区間:上野~沼田)」などが運行されているようですので、一度乗ってみたいです♪

高崎駅の東口には巨大なヤマダ電機が目に入りますが、今回は反対側の西口へ向かいましょう。ちなみにヤマダ電機の親会社「株式会社ヤマダホールディングス」もこの建物に入っているようです^^

「Slow Time Cafe」へ到着!

高崎駅の西口から10分程度歩くと、今回の目的地「SLOW TIME cafe」へ到着します。お店の看板やロゴも可愛らしいですよね♪ お店は2Fになりますので、階段で2Fへ上がりましょう!

※定期的に展示会やライブイベントが開催されているんだそうです♪

ホームページにも看板同様のイラストが使用され、可愛らしいです^^ さらに「NEWS」の欄を見ると、80年代の音楽シーンをリードしたシンガーソングライター”大沢誉志幸(おおさわよしゆき)”さんの名前があるではないですか!!!

 

実は、最近購入して読んだ本の中にこの”大沢誉志幸(おおさわよしゆき)”の名前があり、どのような方か少し気になっていたんです。

その本とは、音楽プロデューサー”木崎賢治”氏が手掛けた「プロデュースの基本」(¥968)です。沢田研二さんからBUMP OF CHICKENまで手がけた名音楽プロデューサーが”キュンとくる仕組み”を分析・紹介してくださっています♪

直接的なノウハウの記載はありませんが、具体的な方法がいくつも書かれていて、大変参考になります。人間は年を重ねると頭の中が固まりがちですが、何歳になっても柔軟でクリエイティブな考え方を実践していきたいと、改めて痛感させられました。

 

へ~、なるほど、、、と思うところが沢山あり、音楽業界の方でなくても参考になる一冊です♪ ちょっと話が逸れてしまいましたが、、、印象に残った書籍の紹介でした^^

中へ入ると、ギャラリーのような空間が広がっています♪

お店の中へ一歩足を踏み入れると、ギャラリーのような素敵な空間が広がっていました。ゆったりとできるソファーもいくつかあり、カリモクのソファーも置かれていました♪

※「カリモクのソファ」についてはこちらを参照ください↓

【インテリアの話】 国産家具メーカー「カリモク60」のベストセラー商品」をレビュー♪
Naga インテリアショップ「D&DEPARTMENT TOKYO」で気に入ってしまった「Kチェア2シーター」を紹介します! Mado あのソファーは日本人サイズに合...

自由に読める書籍も陳列されていますので、読書にハマるのも良いでしょう。

ゆったりとした時間が過ごせます♪

私はコーヒー、Madoちゃんはホットティーを注文しました。ホットティーはポッドと共に届き、2~3杯、楽しむことができました♪

さらに、シフォンケーキも注文し、美味しく頂いちゃいました♪ カフェで食べるケーキは特別ですよね^^

その後もカリモクのソファーに腰掛け、本をパラパラとめくりながら、ゆっくりとした時間を過ごしちゃいました。心も体も気分転換ができ、大変満足できちゃいました♪

何度見てもロゴとイラストが可愛らしいですよね!とても寛げるカフェのしょうかいでした。 高崎へお出かけの際に訪問されてみては如何でしょうか^^

 

インフォメーション

SLOW TIME cafe

コメント

トップへ戻る