スポンサーリンク

【アメリカ・シアトル】アメリカ北西部位置する「シアトル市内」を散策してみよう!

北米~アメリカ~南米
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

有名企業が多く構えるアメリカ西海岸のシアトル。気候も良く過ごしやすいシアトルは観光にもオススメなんです。今回はこちらの写真を紹介します!

Mado
Mado

スターバックスの1号店もシアトルだよね!

知ってるよ~♪

アメリカ西海岸に位置する「シアトル」とは?!

日本からシアトルまでは直行便で約9時間ほど。アメリカの中でも比較的行きやすい場所だと思います。様々な航空会社がありますが、我々はユナイテッド航空で向かいました。

夏も涼しく冬はそれほど寒くない、過ごしやすい気候が人気の一つだと思います。多くの有名企業マイクロソフト(Microsoft)、アマゾン(Amazon)、コストコ(Costco)、スターバックス(Starbucks)など、が多く集まっているのも気候やアクセスの良さが関係しているように思います。

食事も美味しく、見どころも多く、観光にも最適なんです!まずはアメリカならではのモーニング「パンケーキ」「ベーコンエッグ」を食べつつ、観光を始めましょう!

歩きやすいシアトル市内

アメリカの西海岸は観光客も多く、どのエリアも比較的安全で歩きやすいように思います。このシアトルでも怖いと感じることは一度もありませんでした。

 

バスのデザインはアメリカンでクールです!日本では見られないオシャレなデザインですよね!とてもカッコ良いです!

街中にはオシャレな建築物もたくさんあり、飲食店も多いです♪散歩しているだけでも飽きることはありません!

巨大なランドマーク「スペースニードル」へ行ってみましょう!

シアトルと言えば1962年の万国博覧会の際に建てられた「スペースニードル」を思い浮かべる方も多いでしょう。先端に円盤のような丸いデザインが特徴のタワーです。高さ184m、地上から159mの場所に展望台が設置されています。

1960年代といえばデザイン界で「スペースエイジ(SPACE AGE)」「ミッドセンチュリー(Mid Century)」が流行っていた頃です。アポロ月面計画(月面着陸は1969年)の影響もあるかと思うのですが、近未来的な流線型のデザインやカラフルな色が大流行りしていた時代です。イームズ夫妻の「イームズチェア」などの椅子も有名ですね。曲線デザインで有名な巨匠「ルイジ・コラーニ氏」もこの影響を少なからず受けているように思います。

※ルイジ・コラーニ氏は先月(2019年9月16日に)ドイツで死去されました。91歳でした。ご冥福をお祈りいたします。

エレベーターで展望エリアへ上がると明るい空間が現れます。椅子や机もあり、ゆっくりとシアトルの街を眺めることができます。↓このような雰囲気です。ビルや海、空が一望できて素晴らしいです!!

こうしてみると”湾岸部にある日本の都市”のような雰囲気ですね。

続いて「センターモノレール」にも乗ってみましょう!

こちらも「スペースニードル」同様、万博時に造られました。駅は2つ(始発・終点のみ)、乗車時間はわずか2分ですが、、古き良き時代の”空中電車ツアー”が楽しめます(笑)

※内部のインテリアはいたってシンプルな雰囲気です。。”スペース感”はあまりありません。。。

乗車後は市内観光を楽しみましょう。気候も良く、歩きやすいですよ^^

アートに触れるのもよし(街の至る所に造作物があります)、海辺に行くのもいいでしょう(徒歩でも行けちゃいます)。

「パブリックマーケットセンター」へ行ってみよう!

シアトルにはいくつも観光名所がありますが、その中の1つ「パブリックマーケットセンター(PUBLIC MARKET CENTER)」へ行ってみましょう!活気のあるマーケット(市場)です♪

海沿いに面したこのエリアには多くのお店とお客さんで賑わっています!魚介類はもちろん、野菜、フルーツ、パスタ、コーヒーなど日本の市場のような雰囲気です。

花もたくさん売られていました。とっても綺麗です!こちらは夕方には閉まってしまうお店が多いので午前中にお出かけされることをおススメいたします。

 

時間があったので「グラスミュージアム」にも行ってみました。ガラスを扱う美術館です。珍しいですね!! こちらでは実際に吹きガラスを作っているシーンが見られました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、あたりはもう真っ暗です。そこまでおかしなことをしなければ夜の散策も安全です♪

夕食はピザを頂きました。シーフードをふんだんに使ったピザは本当に美味しかったです♪

帰りはバスに乗って帰りました。特に怖いと感じることはありませんでした。

 

※オマケ※

この旅をアテンドしてくれたR君のご厚意で「HOOTERS」へ案内してもらいました!アメリカンな迫力を間近で体験することができて非常に満足でした(笑) ※記念撮影にも応じて頂けます(^^)/

インフォメーション

・シアトル基本情報(JTB):https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/north_america/the_united_states_of_america/SEA/

・ルイジコラーニ(wiki):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B

コメント

トップへ戻る