スポンサーリンク

【兵庫・丹波篠山】城下町で紅葉とお茶を楽しみましょう♪

スポンサーリンク
東海~近畿
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

黒豆が有名な「篠山」で紅葉が素敵な”お茶屋さん”があると聞いて行ってきたよ~!!

Mado
Mado

素敵な紅葉、見たいな~♪

今度は連れてってね!!

スポンサーリンク

丹波”篠山”とは?

「篠山」という地名を聞いてピン!っとくる方は関東にはそう多くないように思います。少なくても私の周りには(笑) だって、名前の読み方も難しいんです。。「シノヤマ」だと思った方、残念ながら不正解です~!! 正しくは「ササヤマ」と読みます。恥ずかしながら私も最初は読めませんでした。。。

Google MAP より

丹波篠山市は兵庫県の中東部に位置します。以前は「篠山市」でしたが、2019年5月に「丹波篠山市」という名称に変わりましたのでご注意ください。最寄り駅はJR福知山線の「篠山口(ささやまぐち)駅」です。大阪からだと尼崎経由、姫路からだと加古川、谷川経由で到着します。

かつては城下町だった篠山の町。その面影を見る事はあまりできなくなってしまいましたが、古き良き街並みは今でも体感することができます。

商店街にある各お店の前には店主がカッコ良く撮られた「粋なポスター」が。ポーズが決まっていますね!「色男量産計画」「老いて益々」などキャッチコピーも素敵ですね!

また、篠山の街は広範囲にわたって観光スポットが広がっていますので、徒歩では限界があります。。短時間で回ろうと想定されている場合は自転車を借りて走り回るのがオススメです!私も自転車を借りてチャリチャリしていました(^^)/

王地山平左衛門稲荷神社(まけきらい稲荷)へ行ってみよう!

丹波篠山の街にはいくつも観光スポットがありますが、個人的にオススメなのがこの通称「まけきらい稲荷」です。名前がメチャクチャ良いですよね!

 

その昔、篠山藩は相撲が大変弱く、連敗を重ねていたそうです。そんな中、新たな力士が現れ、今までは見たこともない連戦連勝を重ねたそうです。しかし、彼らはいつの間にか姿を消してしまいました。その後、行方を調べてみると全員がお稲荷様の名前だったことがわかり、藩主の青山忠裕公はそれぞれの稲荷に絵馬などを奉納し感謝したことがこの由来となっています。

 

「まけきらい」→「負け嫌い」だったんです。このことから商売繁盛、開運大勝利、合格成就などのご利益があるといわれています。絵馬にも土俵や相撲姿の狐が描かれています(^^♪

お腹が空いてきましたのでうどん屋さん「嘉一」にて名物「猪肉」が入った「カレーうどん」を頂きました(^^)/ 臭みなどは全くなく、とても美味しくいただいちゃいました!

ランチ後は「お茶」を楽しみましょう!

こちらがそのお茶屋さん「岩茶房 丹波 ことり」です。本格的な中国茶のお店です!早速入ってみましょう~♪ 入口から雰囲気抜群です!!!

中に入ってみると、紅葉がちらっと見えてきました。。。き、きれい・・・!!!

席に座ると窓から一面の紅葉が見えるではありませんか!!!とても素晴らしい光景ですね!!!ちなみにこの時は、直前に雨が降っていたこともあり、お客さんは私と1組のカップルのみ。とても落ち着いた空間でした(ほぼ貸し切り状態♪)。

 

早速、中国茶(茉莉花茶:ジャスミン茶を選択)とお菓子のセットを注文し、到着を待ちます。その間、お店に置いてあった中国本や中国茶の本を眺めて待ちましょう!このような本を見ていると、お茶の本場・中国へ行きたくなってしまいますね(笑)

中国茶とお菓子のセットが到着!

早速、注文した品が運ばれてきました。その中でもジャスミン茶の茶葉が丸くなっていて驚きました!高級なジャスミン茶の葉はこのように丸いんだな~と勉強になりました(普段、ジャスミン茶の茶葉を見る機会はなかなかないですよね・・・)。それにしても、お盆も含め、商品全体の雰囲気がいいですね!!

丸いジャスミン茶の葉を側面から撮ってみました(ギリギリまで近づいて撮ってみました)。はじめは上に浮いているのですが、時間が経って葉が開いてくると下のほうに沈んでくるんだそうです。徐々に沈んでいく感じが新鮮で、待つ時間も作法のようでワクワクしますね(^^)/

このようになると飲み頃なんだそうです。同じ茶葉で3~5杯ほどはこの味が楽しめるんだそうです。お茶の匂いもとっても良く、とても心地い気分が味わえました♪

中国本やお茶本を読んだり、写真を撮ったり、お茶を飲んだりしながら1時間ほどゆっくりと楽しんでしまいました。

このような景色が味わえるお店、東京にもあったらいいな~。。。 是非、東京への出店をご検討いただきたいです(; ・`д・´)

 

インフォメーション

・丹波篠山市:https://www.city.sasayama.hyogo.jp/

・王地山平左衛門稲荷神社(まけきらい稲荷):http://www.makekirai.com/

・岩茶房 丹波 ことり:http://kotori-gancha.com/

 

コメント

トップへ戻る