スポンサーリンク

【カメラの話】[FUJIFILM Xシリーズ] 隠れた名作レンズ♪望遠ズーム「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS」をレビューします!

カメラの話
この記事は約5分で読めます。
Naga
Naga

今回は、富士フィルムの廉価版レンズシリーズ「XC」ながら価格以上の働きをしてくれる「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS」をレビューします♪ 1本持っていて損はしないレンズですよ^^

Mado
Mado

小さくて、軽くて、値段も安く、

写りも良くてビックリですよ(*‘ω‘ *)

Taro
Taro

望遠レンズは重いし高いけど、、、このレンズは真逆です^^

ボクの写真もたくさん撮ってね~^^バブー♪

スポンサーリンク

とってもコンパクトな「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS」とは?

富士フィルムの「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS」は中古で2万円ほどで購入できる格安望遠レンズです。正直なところあまり期待していなかったのですが、、、購入後は想定以上に活躍している1本です♪ コスパも最高ですし、初心者の方にもオススメです^^

望遠レンズと聞くと重くて大きなイメージがありますが、このレンズは手のひらサイズに収まり、重さも375gほどと、とってもコンパクトなんです^^

 

手振れ補正「OIS」も搭載されていますので、手振れの心配もせずに撮影が楽しめるレンズです♪ ちなみに望遠側での撮影時にはこのようにビロ~ンと伸びます。フィルター径は58mmです。

「XF16-55mm」と比較してみましょう!

参考までに、FXズームレンズの「XF16-55mm」と比較してみました。長さはほぼ同じ程度ですが、幅が全く異なります!一目瞭然ですね!

 

「XF16-55mm」は重量が655gありますので、倍ほどの重さがあるんです^^ このサイズや重さならカバンやポケットに入れてもさほど影響がありませんので、気軽に持ち運べますよ♪

一眼レフタイプの「Tシリーズ」や「Hシリーズ」に装着すると使いやすいです♪

コンパクトとはいえ、ある程度の大きさがありますので、薄い(小さい)ボディよりは”一眼レフタイプ”のボディに装着すると相性が良い気がします。

「Tシリーズ」や「Hシリーズ」に取り付けると、ファインダーの画像をしっかりと確認しながらしっかりと撮れますのでオススメですよ^^

コメント

トップへ戻る