スポンサーリンク

【山口・岩国】 予想以上に大迫力!日本三名橋の一つに選ばれている「錦帯橋」へ行ってみよう♪

中国~四国
この記事は約3分で読めます。
Naga
Naga

今回紹介するのは「日本三名橋」の一つに選ばれている「錦帯橋(きんたいきょう)」です♪ちなみに他の二つは東京の「日本橋」、長崎の「眼鏡橋」なんだそうです。

Mado
Mado

浮世絵にも登場する有名な橋だよね!

私もいつか行ってみたいな^^

Taro
Taro

ボクも大きくなったら渡ってみたいなぁ~^^バブー♪

スポンサーリンク

アーチ型が特徴の「錦帯橋」とは?

※錦帯橋 岩国市公式ホームページより

山口県の岩国市にある「錦帯橋」は5連のアーチによって構成されている木造の橋です。全長は193.3メートル、幅5メートルあり、世界でも類を見ないものとなっています。

 

↓こちらが図面になりますが、横から見ると綺麗なアーチが描かれているのがわかります。よく見る均等ではなく、微妙に数値が異なっているんですね。

※錦帯橋 岩国市公式ホームページより

元々は1973年(江戸時代)に作られましたが2度の流出を経て、1953年に再建され、その後も架け替えや復旧を経て今に至っています。 そんな美しい錦帯橋の楽しみ方をご紹介します♪

 

まずは河原からジーっと眺めましょう!

まずは河原から橋全体を眺めましょう! 近くへ寄ってみると、想像していたより大きく立派です(゚д゚)! この日はあいにくの曇でしたが、晴れた日は水面に橋が反射して立派な写真が撮れそうです♪

 

橋の真下へ行くこともできますので、複雑に組まれた木の構造を観察されてみては如何でしょうか。実際に近寄ってみると、とても頑丈そうだなぁ、、、と誰もが感じるはずです!

 

実際に渡って”アーチの凹凸”を体感しましょう!

次に「入橋券」を購入して橋を渡りましょう!大人310円、小学生150円となります(共に往復料金です)。 最初は緩やかなスロープとなっていて歩きやすいのですが、途中から急激になり、階段が出現します。前を歩いている人が見えなくなるくらいの高低差がありますので、ゆっくり渡りましょう!見た目以上に迫力があり、アトラクションのように楽しめますよ。

※危ないので、走って渡るのは絶対に止めましょう!

 

「木造の橋」を渡ること自体が非常に珍しいのですが、こちらを渡っているとカツッ、カツッ、と心地よい音がして、歩くのが楽しかったです♪ アーチの凹凸を感じながら歩いてみては如何でしょうか。 橋からの景色も良いので、是非じっくり眺めましょう^^

コメント

トップへ戻る