スポンサーリンク

【群馬・桐生~花輪】「わたらせ渓谷鉄道」に乗って紅葉を見ながら木造の小学校へ行ってみよう!

関東(東京/神奈川以外)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

群馬県に紅葉が綺麗にみられる”ローカル線”があるみたい!さらにレトロな小学校も見られるみたいだよ!

Mado
Mado

それ楽しそう~!!じゃあ行ってみよう!!

群馬県 桐生市(きりゅうし)へGO!

新宿からだと久喜(くき・JR線)、相老(あいおい・わたらせ渓谷鉄道)を経由して2時間半ほど。埼玉を超えるため、やや時間がかかってしまいます^^

個人的には朝草へ出て東武線の有料特急「りょうもう」に乗って相老で乗り換えるのがオススメです。この方法ですと2時間ほど、1回の乗り継ぎで到着します。朝早くに出て、電車内で朝食を食べつつ車窓を楽しみながら出かけるのが、旅行感も味わえてお得な気がします。

桐生には”ハンモックに座ってモーニングが楽しめるカフェ”があるんです!

事前情報で桐生には”ハンモックが楽しめるカフェがある”と把握していたので、まずはそちらへ向かいました。そのお店は「Jazz&Blues Bar Village 」。駅から5分ほどで到着します。ドン・キホーテの目の前ですのでドンキを目指して向かうのが良いでしょう。

お店に入るといくつかのハンモックがあり、座りたい放題です(お店の方や他のお客さんに迷惑にならないよう心がけましょう)!我々はそれぞれ好きなハンモックを選んで座り、モーニングを頂きました♪

モーニングの内容が良かったのとハンモックに座ることができてMadoちゃんも大喜びです♪ 中でも分厚いトーストが気に入ったようです。これで500円は驚きです!!!もちろんコーヒーも付いてきますよ!

わたらせ渓谷鉄道の旅へGO!!!

モーニングを食べてお腹も心も満たされたところで、メインのわたらせ渓谷鉄道(通称:「わ鉄」)へ乗って小学校へ向かいましょう!目的地にも寄りますが、終点「間藤駅(まとうえき)」まで行くと片道1130円かかりますので、2回以上乗り降りするのであれば「1日フリーきっぷ(1880円)」を購入されるのがオススメです。

混雑状況にもよりますが、圧倒的に先頭車両がオススメです!車窓からの景色が素晴らしいので、是非ご覧いただきたいです。

小学校が建つ「花輪駅」に到着!

それでは目的地の「花輪駅」へ向かいましょう!”花輪”と聞くと「ちびまる子ちゃんの花輪君」を連想してしまうのは私だけではないはずです・・・(Madoちゃんも花輪君ポーズ”を楽しんでいました)!

看板には漢字ばかりで「群馬県 勢多郡 東村 大字 花輪(ぐんまけん せたぐん あずまむら おおあざ はなわ)」とありますが、現在は「みどり市」へと名称が変わっていますのでご注意ください。

駅から徒歩3分ほどの場所にある「旧花輪小学校」へ到着しました。明治6年(1873年)に開校した歴史ある小学校です。今ではほとんど見かけなくなった「木造校舎」が魅力的です。残念ながら現在は小学校としての機能を終え、歴史を伝える記念館として保存されています。

開館日は土日のみ。念のため、ホームページで日程を確認されてから行かれることをオススメ致します。気になる入場料はなんと無料です。写真撮影もOKですので、他の方の邪魔にならないよう木造校舎を楽しみましょう!

 

廊下、教室と雰囲気が抜群です!Madoちゃんもすっかり童心に戻り楽しそうに学校見学&撮影を楽しんでいます。私の時代は既に木造ではありませんでしたが、このような建物で6年間を過ごすと楽しい小学校生活が送れるんだろうな~と思いましたが、、、クーラー&暖房に慣れている現代人にとってはちょっと苦痛なのかも・・・とも感じました。。。

写真撮影に夢中になるMadoちゃん。この日のコーデはシマシマです♪

階段や廊下の保存状態も素晴らしいです。みどり市の皆さん、ありがとうございます!!また、 給食のサンプルも展示されていました。地域によっても異なる給食。また食べたいですね♪

1時間ほど楽しんだ後、小学校を後にしました。童心に帰った気分を味わえるのは楽しいですね!

こちらは非常に綺麗な状態で保存されていましたが、今でも木造校舎が残っている施設はごく一部です。壊れたり耐震性が不十分で解体されたり、という事もありますので早めに見学されることをオススメいたします。

インフォメーション

・Jazz&Blues Bar Village :http://villagejazz.jp/
・旧花輪小学校:https://www.city.midori.gunma.jp/hanawa/

コメント

トップへ戻る