スポンサーリンク

【愛知・常滑】昭和の雰囲気たっぷり!焼物の町「常滑」を散策しよう!

東海~近畿
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回は愛知県の知多半島にある常滑市を紹介したいと思います!!

Mado
Mado

常滑・・・?

ごめん、、、どこにあるのか分からない。。

愛知県 常滑市とは?

「常滑」は「トコナメ」と読みます。なかなか馴染みのない漢字ですよね。常滑は愛知県の西部にあり、知多半島の中央部に位置します。レトロな昭和建築が多く見られるのも特徴です!焼物(常滑焼)も有名ですが「トイレでおなじみのINAX」や「中部国際空港(セントレア)」がある場所、といえばピンとくる方も多いのではないでしょうか?

常滑観光、スタート!

常滑を観光される際は名古屋が起点になると思います。JRではなく「名鉄名古屋(めいてつなごや・通称メーエキ)」から中部国際空港行きに乗ると、30分ほどで到着します。比較的近いのですぐに行けると事が嬉しいです。宿泊しなくても日帰りで行けちゃいます!

駅を降りてどんどん奥へ進むと、令和から昭和へタイムスリップしたかのような雰囲気に包まれます。まるで映画のワンシーンのようです(^^♪

10分ほど歩くと、所々に焼物を焼く窯の煙突が見えてきます。周囲にはレンガ作りの建物が並び、歩いているだけでワクワクしてしまいます!(^^)! ここを歩くだけでも旅をしているなぁ~という気分が味わえますよ。

登り窯の煙突もたいへん立派です!普段、このような窯は滅多に見られないので貴重です。

古民家カフェ「茶房たんぽぽ」にてランチタイム♪

お昼はこちらの「茶房たんぽぽ」にて頂きました。とても雰囲気の良い店内です。

こ知らが注文したランチです。食堂のメニューというより家庭の味といったほうが近い表現かもしれません。とても美味しかったです♪

この日のランチには海老が入っていました♪接写したかったのですが、残念ながらボケてしまいました。。。

こちらのおすすめは食事のほかに「たんぽぽコーヒー」というものがあります。是非注文していただきたいです。

たんぽぽの根、黒大豆、小豆などで甘味を引き出した特別なコーヒーなんです。砂糖を使わないのにやさしく甘く、体に良い柔らかな味のコーヒーが頂けます♪器も素敵でした(^^♪

観光スポット「土管坂」を歩きましょう!

写真スポットとなっている「土管坂」は時間帯によっても様々な表情を見せてくれます。オススメは夕方付近です。逆光めに撮るのがオススメです♪

まだまだ見どころがあるんです!

ほかにも黄金のトイレが見られる「INAXミュージアム」や美味しい明太子が食べられる「めんたいパーク」、スケートリンクがある(中京大中京の影響でしょうか?)「イオン常滑」、愛知中の見どころや美味しいものが集まっている「セントレア空港」など楽しい施設がありますので見どころ満載です! 時間があれば船に乗って「日間賀島(ひまかじま)」へ行くのもいいでしょう。島めぐりも楽しいですよ、タコが美味しいですよ!

是非、名古屋周辺にお越しの予定がありましたら「常滑」へ足を運んでみては如何でしょうか?

 

※余談ですが、、、この旅に持って行ったフジフィルム製のフィルムカメラ「フジペット35」は壊れてしまい、、、残念ながら”帰らぬカメラ”となってしまいました・・・(´;ω;`)

インフォメーション

愛知県常滑市ホームページ

茶房たんぽぽ

コメント

トップへ戻る