スポンサーリンク

【ウエディングの話】 なんとか費用を抑えたい! 結婚式費用を節約する「裏技」を6つ紹介します♪

ウエディングの話
この記事は約3分で読めます。
Naga
Naga

結婚式は行いたいけど、費用が心配!と感じる方も少なくないと思います。アレもコレも、、、とサービスを追加していくと、あっという間に膨れ上がってしまうんですよね。。。

今回は私たちの経験をもとに、費用を節約する裏技をこっそりと紹介しちゃいます(^^♪

Mado
Mado

式場のプランナーさんと腹を割って相談してみると良いでしょう。こちらの予算も伝えつつ、最良のプランを導き出していただきたいです♪

Taro
Taro

ボクも将来、式を挙げるのかな?

う~ん、まだわからないなぁ。

スポンサーリンク

単純にプランのランクを下げると、ただただ寂しくなります。。。

過去に挙式へ参列されたことがある方なら経験があるかもしれませんが、挙式場の雰囲気や内容から「あれ?なんか寂しいな」「あ、費用をケチったな」と感じたことはないでしょうか。私は、あります。

 

費用は節約したいけど、ただ単純にプランのランクを下げるだけでは「みすぼらしく寂しい挙式」になってしまいます。これはいけませんっ!

 

ではどうするか? 我々が導き出した答えは「印象に残るところにお金をかけ、気にならないところは費用をカットする」です。次から具体的に紹介いたします^^

 

【印象に残るところ・その1】 「花」

結婚式で印象に残るところの1つ目は「花」です。新郎新婦が座る高砂席やゲストの方に座って頂くテーブルにはきちんとしたものを選びましょう!

式を通して目に留まり、ゲストの雰囲気をも左右する「花」はとても重要です。式場によっては「造花」で行われるところもありますが、可能であれば「生花」を選ぶと良いでしょう。

「ブーケ」も式を通して使われるアイテムで、写真を撮られる頻度も高いです。こちらもきちんとしたものを選ばれることをオススメいたします。

 

もし「ブーケ」を節約する場合は個数を2つではなく、1つにしてみるのはいかがでしょうか。きちんとしたものを1つ用意しておけば、全く問題ありませんよ!

 

【印象に残るところ・その2】 「花嫁のメイク・ヘアセット」

次に「花嫁のメイク・ヘアセット」も大変重要です。どのシーンでも写真に写りますし、将来にずーっと残ります。 間違っても旦那さん側が削る提案をしてはいけませんよ( ゚Д゚)

 

【印象に残るところ・その3】 「料理」

ゲストの印象を最も左右する箇所の1つが「食事」です。こちらもケチってはいけません!!! 一番バレやすいのでご注意ください。

 

単純に品数や料理のランクを下げてしまうとまるわかりですので、ポイントを絞って強弱をつけてみましょう(前菜は控えめにしてメインをランクアップするなど)。味はもちろん、量や見た目の美しさも重要なポイントとなりますので、事前に試食をして確認しておくとよいでしょう。

我々が挙式を行った「クラシカ表参道」では「寿司バー」というサービスがあり、こちらもお願いしてみました♪ 当日はサプライズで会場に寿司が登場し、ゲストの方々は大変興奮されていました^^

もちろん料金は上がってしまったのですが、ゲストの方々にとても喜んでもらうことができて満足しています。このようなサービスがあれば検討されてみるのもいかがでしょうか。

コメント

トップへ戻る