スポンサーリンク

【神奈川・横浜】 歴史のある料亭でカフェが楽しめる♪国登録有形文化財「カフェ金澤園」へ行ってみよう !

神奈川
この記事は約3分で読めます。
Naga
Naga

今回は横浜市金沢区にある「カフェ金沢園」を紹介いたします。
元々は料亭、旅館として使われていたようで、雰囲気ばっちりです♪

Mado
Mado

リフォームされていた部分もあったけど、良い雰囲気だったな!
ドラマの撮影にも使われているんだって^^

Taro
Taro

ボクも将来はこのようなカフェでゆっくりとお茶を楽しみたいな^^

スポンサーリンク

国登録有形文化財「カフェ金澤園」へ行ってみましょう!

最寄り駅はシーサイドラインの「海の公園柴口」となりますので、新杉田駅もしくは金沢八景駅からシーサイドラインで向かうのが良いでしょう。我々は後者から向かいました。

窓があるので見づらいですが、車体にはカラフルなステッカーが貼られていました。それでは乗車してみましょう!

シーサイドラインでは先頭車両が客席となっていて、先着順で景色を楽しめることができるんです! 金沢八景駅は始発ということもあり、早速座ってみました。目の前に海や公園が見えて、とても楽しめます^^ Taro君も手足をバタバタしながら喜んでいました♪

残念ながらこの日は曇で暗かったのですが、晴れていればとても綺麗な車窓が楽しめるではないでしょうか!

国登録有形文化財「カフェ金澤園」へ行ってみましょう!

シーサイドラインの「海の公園柴口」へ到着しました。ここでは「柴口このみ」さんが出迎えてくれました^^ 

改札を出たら、道路を渡り、海とは反対側へ進みましょう!電信柱に「金沢園」と案内が記載されているので目印にするとよいでしょう。

足元へ目を向けると、横浜のみなとみらいを描いたマンホールが設置されていました。このあたりも「横浜市」とは、広いですね! 

※ちなみに、京急線の「金沢八景駅」の次の停車駅「追浜駅」からは「横須賀市」となるようです。

駅から5分ほど歩くと、入口が見えてきましたっ! 「金沢園」の文字が達筆すぎて読みずらいですが、こちらが「金沢園」です。では早速、入ってみましょう!

 

国登録有形文化財「カフェ金澤園」へ行ってみましょう!

こちらが「カフェ金沢園」です。重厚感のある木造建築が立派です。奥には多くの木が茂っており、ジブリ(となりのトトロ)のような世界観です♪ この建物は1929年(昭和4年)に品川へ建てられたものをこちらへ移築されてきたんだそうです。ちなみに登録有形文化財にも指定されています。

 

宿泊ができる料亭(旗亭)として営業され、作家の与謝野晶子(1878年〈明治11年〉~1942年〈昭和17年〉)や俳人・小説家の高浜虚子1874年〈明治7年〉~1959年〈昭和34年〉)も訪れた記録が残っているんだそうです!

 

※小田原にある歴史的建造物「清閑亭」と似たような雰囲気です。詳細はこちらをご覧ください↓

【神奈川・小田原】 軍司”黒田官兵衛”の子孫”黒田長成”侯爵が建てた「清閑亭」でゆったりとした休日を楽しもう♪
Naga 小田原に庭園がステキな建物があると知り「清閑亭(せいかんて)」へお邪魔してきました! 予想通り、とても素晴らしい空間でとてもリラックスできました(^^♪ Mado ...

 

この日はモーニングを目的に訪問しました。週末は8:30~10:30まで楽しめるようです。値段も770円(税込)とリーズナブルです♪

モーニングではなく通常のメニューも置かれていました。オムレツ、スパゲティなどの軽食から抹茶、タルトまで楽しめるのは嬉しいですね~^^

では再び”建物”の話へ戻します。こちらは玄関となります。昔ながらの旅館、という雰囲気です! 映画や時代劇のセットにも良さそうです^^

当時は「海軍航空技術廠支廠」の指定旅館だったそうで、木製の看板が置かれていました。 ベビーカーは入れないため、入口に置かせていただきました。

コメント

トップへ戻る