スポンサーリンク

【和歌山・海南】 絵本5万冊を蔵書した日本一の複合施設! オシャレな図書館「海南nobinos」へ行ってみよう♪

東海~近畿
この記事は約2分で読めます。
Naga
Naga

今回は和歌山県にあるオシャレな図書館「海南nobinos」を紹介いたします。四国・丸亀にある図書館「マルタス」よりも”もっと子供に特化”した素晴らしい施設でした♪

Mado
Mado

無料施設とは思えない、素晴らしいクオリティでびっくりしました!
是非、神奈川県にも作ってほしいです~(^^♪

Taro
Taro

キッズスペースが併設されているのが嬉しいです!
ただ、遅い時間は閉まってしまうのが残念。。。

スポンサーリンク

海南にある「ノビノス」へ行ってみよう!

今回の舞台は和歌山駅から少し離れた場所にある「海南(かいなん)」です。JRきのくに線に乗って13分ほどで到着します♪

駅前には「鈴木姓」発祥の地、というシンボルが建っていました!まさかこのような場所があったとは驚きです・・・! 全国の鈴木さんは訪れてみては如何でしょうか!

 

ちなみに日本で最も多い名字が「佐藤」、次が「鈴木」なんだそうです^^ さらに3位が「高橋」、4位「田中」、5位「伊藤」と続くようです。

(全国苗字ランキングより)

ここから商店街を通り、7~8分ほどまっすぐ進むと「海南nobinos」が現れます。

遠くからだと、ショッピングモールのように見えますね。

建物の正面には広場のようなスペースがあり、夕方にも関わらず子供たちが元気に遊んでいました!駐輪場が用意されているのも嬉しいですね^^

既に周囲は暗くなっていましたが、「海南nobinos」という文字だけははっきりと照らされていました。営業は21時までと、遅くまで開いているのも頼もしいです。

コメント

トップへ戻る