スポンサーリンク

【カメラの話】本屋で買える!35mm二眼レフカメラ「学研フレックス」を作ってみよう!

カメラの話
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

付録付き雑誌「大人の科学マガジン(学研)」の「35mm二眼レフカメラ」が復刻して発売されているね~!!とても楽しかったのでレビューしちゃいまっす♪

Mado
Mado

二眼レフカメラは興味があるけどちょっと難しそうなんだよね・・・。私にも使えるかな~???

BEST SELECTIONとして復刻中!

2009年に発売された「大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ)」。こちらは一般的な35mmフィルムを使って本当に写真が撮れてしまうとカメラファンの間で話題となり、一世を風靡した伝説の商品!私も3つほど購入し遊びました(笑)発売から10年が経ち、この度「BEST SELECTION」として復刻されました。まだの方は是非遊んでみていただきたい商品です。

二眼レフカメラ (大人の科学マガジンシリーズ BESTSELECTION) | 鈴木知子, 大人の科学マガジン編集部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで鈴木知子, 大人の科学マガジン編集部の二眼レフカメラ (大人の科学マガジンシリーズ BESTSELECTION)。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木知子, 大人の科学マガジン編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また二眼レフカメラ (大人の科学マガジンシリーズ BESTSELECTION...

持っているだけで楽しくなる二眼レフカメラ

二眼レフカメラは最近ではほとんど見かけなくなりましたね。これも時代の流れでしょうか。。60年以上前に造られた商品がほとんどですが、メンテナンスがされていれば今でも電池なしで使えてしまう優れモノなんです。ピント合わせや絞り、シャッタースピードなどすべてマニュアルですが、使っていてとても楽しいカメラなんですよ!机に置くだけで絵になるのも良いですよね♪

※電池を使った”オート式”も存在します。

今では廃版となってしまった4×4フィルムを使う二眼レフカメラが可愛らしくて好きでした。ベビーローライ、ヤシカ44、プリモJR、ソイヤーズマーク4、ワルツオートマットなど、懐かしいですね(笑)

撮影は上のフードを開けて上から下に向かってカメラを覗き込み、右手でシャッターを押します。”1枚1枚じっくり撮る”という写真撮影の楽しみ方が味わい深くて気に入っています。

早速、付録カメラを組み立てましょう!

 

作業場所とドライバーがあれば組み立てが始められます。小さいパーツが多いので無くさないように気をつけましょう。

説明書に沿って組み立てていきましょう。ミラーをつけるとそれらしくなりますね!

ネジだけでは強度が心配ですので、プラモデル用の接着剤(写真はタミヤの流し込みタイプ)を併用するとよりしっかりしたものができます。

シャッターユニットは少々難しいです。ネジやバネを正確に組みましょう。バネは飛びやすいのでこちらも気をつけてください!

せっかくなので”それらしく”改造しましょう♪

二眼レフカメラといえば「フィルムの巻き上げノブ」が印象的なパーツです。残念ながらこの付録のモデルは「ダイヤルタイプ」なんです。そこで、壊れてしまった「ヤシカ44」から「巻き上げノブ」を取り出し、移植することにしました。

ノブを受けるパーツはプラ板などで自作します。白いままだと目立つので、この後、黒で塗装します。

ノブの先端を受ける(固定する)ための穴を本体に空けます。

穴を開けるだけだと光漏れしてしまうので裏から穴を塞ぎましょう。

フィルムの巻き上げ方向がわかるよう「矢印シール」も作ってみました。こちらは軸部分に貼ります。さらに「フィルター」「レンズフード」も取りつけられるようステップアップリングを下のレンズにくっつけてみました。

改造した「学研フレックス」が完成!!!

全長12センチほどの小さいカメラです。ピント合わせはレンズを回して行います。シャッターはレンズの間にある小さいボタンを下に押すと切ることができます。ちなみにレンズが2つあるのはそれぞれ用途が異なっているからなんです(上:ピント合わせ用、下:撮影用)。

受けを作ったので、フィルターやフードが取り付けられるようになりました♪本物の二眼レフカメラのようにカスタマイズができて楽しいです!

撮影はこのように行います。ピントフードを開けて上からファインダーを覗くと被写体が見えます。少しづつピントを調整し、シャッターを切ります。カメラの特性上、被写体が左右逆になってしまうんです。これは練習すれば慣れますので、是非マスターしてほしいです(笑)

改造した「学研フレックス」が完成!!!

それではこのカメラを持って撮影に出かけましょう!ピント合わせに注意しながら撮ってみましょう!

※被写体をじっくり見ながらゆっくりとピント合わせするのは意外と楽しいですよ♪

トイカメラとはいえ結構しっかり写ります。中央部はピントが合致し、周辺部は少し暗くなっていますね。昨今のデジタルカメラとは異なる描写で楽しいですね♪

最後はカーネル・サンダースさんをポートレート風に撮影。ちょっとメガネが曇っていますね。。まだまだ書店で購入可能ですので、是非「35mm二眼レフカメラ」を楽しんでみてくださいね!

二眼レフカメラ (大人の科学マガジンシリーズ BESTSELECTION) | 鈴木知子, 大人の科学マガジン編集部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで鈴木知子, 大人の科学マガジン編集部の二眼レフカメラ (大人の科学マガジンシリーズ BESTSELECTION)。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木知子, 大人の科学マガジン編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また二眼レフカメラ (大人の科学マガジンシリーズ BESTSELECTION...

インフォメーション

・学研 大人の科学マガジン:http://otonanokagaku.net/magazine/bs/02/index.html

コメント

トップへ戻る