スポンサーリンク

【東京・吉祥寺】映画やアートの世界に深く入り込める!東京で唯一無二の映画館「アップリンク吉祥寺」へ行ってみよう!

スポンサーリンク
東京
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

昨年12月に吉祥寺にオープンした「アップリンク吉祥寺」に行ってきたので、その様子を紹介するね!

Mado
Mado

「アップリンク渋谷」とはまた違う雰囲気なのかな??気になる!!

スポンサーリンク

吉祥寺に新しくオープンした「アップリンク吉祥寺」

吉祥寺といえば「大きな商店街」があったり、昔ながらの雰囲気でお酒が飲める「ハモニカ横丁」が有名ですよね! 最近ではオシャレなカフェや飲食店、雑貨店が密集し、男女問わず人気の街となってます^^

その吉祥寺エリアのど真ん中にある「吉祥寺パルコ」の地下2階に昨年12月にオープンしたのが「アップリンク吉祥寺」です。アップリンク(渋谷)といえば自宅のような雰囲気で主にインディーズ作品やドキュメンタリー作品が楽しめるミニシアターとして有名ですよね。

「アップリンク渋谷」とはどう違うのか気になるところです。早速入ってみましょう!!!

オシャレなカウンターに充実のフード&ドリンクメニュー!!

映画館に入るとまず目に飛び込んでくるのが赤と青が基調でポップにまとめられているカウンターです。ポップコーンやドリンクはもちろん、大手シネコンにはないフードやアルコール類の販売も充実していて驚きました!!

スパイスの効いた「クラフトコーラ」や「ナチュラルワイン」、武蔵野生まれの「クラフトビール」、添加物の少ないソーセージを使った「ホットドッグ」や「ナッツ&ドライフルーツ」など、アップリンクのこだわりが感じられました!!

関連グッズのショップやフォトスポットも充実!!

こちらは「アップリンク渋谷」同様、関連作品のグッズや書籍の販売が行われていました。渋谷よりも広く見やすくなったように思います。

その奥には上映中作品の紹介や顔ハメできる「フォトスポット」もありました。待ち時間に写真を撮るのも楽しいですね!

待合スペースのカラーは他と雰囲気が変わり「淡いピンク」でした。エリアごとに色が変わるのも楽しいポイントですね!

角のエリアやエレベーター脇のスペースにも作品のコーナーがあり、見ていて楽しかったです。

パンフレットの設置エリアは広く、充実していました。また他の作品も見てみたいです♪

突然、青いトンネルが・・・!

すると、突然、青の洞窟のような?「青いトンネル」が現れました!!!まるで「モロッコのシャウエン」をイメージしたような雰囲気で、通るだけでも楽しいです!映画だけでなく、建物や雰囲気で来場者を楽しませてくれるのは非常に面白い試みだと思います♪

メインのシアターにもこだわりが詰まっています!!

「鳥肌が立つ音響体験」「異なるデザインコンセプトの5スクリーン」と掲げているだけあり、非常にこだわりの詰まったシアターでした!この施設のために造られた特注スピーカーにより、とても綺麗な音響が楽しめ、スクリーンは下記のようにバラエティに富んだ雰囲気となっています!

 

■スクリーン1 POP

アップリンク吉祥寺 WEBサイトより

■スクリーン2 RAINBOW

アップリンク吉祥寺 WEBサイトより

■スクリーン3 RED

アップリンク吉祥寺 WEBサイトより

■スクリーン4 WOOD

アップリンク吉祥寺 WEBサイトより

■スクリーン5 STRIPE

アップリンク吉祥寺 WEBサイトより

※私はスクリーン3で鑑賞してきましたが、他のスクリーンでも作品鑑賞を楽しみたいですね!

永遠の門 ゴッホの見た未来

ちなみに、今回私が観賞した作品はこちらの「永遠の門 ゴッホの見た未来」というゴッホの人生をドキュメンタリータッチで描いた作品です。演出によるものなのか、実際にそうだったのかはわかりませんが、ゴッホという画家の壮絶な人生のを知り衝撃を受けました。。映像は綺麗だったのですが、手持ち撮影のシーンが多く、手振れが多く少々見辛かったです。。

※良くも悪くも「ゴッホ」に興味を持ちましたので、もう少し調べてみたいと思います♪

 

インフォメーション

アップリンク吉祥寺

永遠の門 ゴッホの見た未来

コメント

トップへ戻る