スポンサーリンク

【茨城・笠間】 フィルムカメラを持って”焼物”と”歴史”の街 「笠間(かさま)」 へ行ってみよう♪

関東(東京/神奈川以外)
この記事は約4分で読めます。
Naga
Naga

関東の焼物といえば栃木県の「益子」が真っ先に思い浮かぶと思いますが、茨城県の「笠間」も有名なんですっ!フィルムカメラを持ってお邪魔してきたので紹介するね!

Mado
Mado

そぉ~なんだ!全然知らなかった・・・!

詳しく教えて!!

焼物の前に、、、日本三大稲荷の1つ「笠間稲荷神社」へGO!

東京(上野)から笠間へ行くには、JR常磐線(特急ときわ)で友部駅まで行き(約70分)、そこからJR水戸線に乗る(約10分)のが最短です♪ただし、電車の本数が少ないため、予め時間をチェックしておきましょう!車だと常磐自動車道を経由して1時間半もあれば到着するのではないでしょうか。

 

笠間へ着いたら焼物を!と、思っていたのですが、その前に「笠間稲荷神社」へ立ち寄ることにしました。駅からまっすぐ歩くと到着しますのでアクセスも楽ですよ♪ここは1300年以上の歴史を持つ由緒ある神社なんです。仲見世通りには多くの飲食店があり、誘惑が多いのも魅力です(*^^)vどれも美味しそうです~♪

 

かさま ぷらっとぷらん より

「笠間稲荷神社」のおみくじがとっても可愛いんです!

日本三大稲荷のひとつとあって、五穀豊穣、商売繁盛の神として、古くから信仰されています。もちろんおみくじなどのグッズも多く売られています。その中のおすすめがこちらの「キツネのおみくじ」です。見た目がメチャクチャかわいいですよ(^^)/

キツネだけで撮っても良し、おみくじと一緒に撮っても良しと、撮影の対象としても重宝します(笑)

ちなみに今回は”写真好き”の皆さんと一緒にお出かけしました。常にパシャパシャとシャター音が鳴り響いていて楽しかったです(‘◇’)ゞ

中でも、Iさんはカメラ2台持ちで忙しそうでした(‘◇’)ゞでも2台あると異なるレンズが取り付けられて楽しいんですよね♪

もちろん私も「35mmのフィルムカメラ」「中判のフィルムカメラ」の2台持ちでした(笑)特に中判のフィルムカメラはボケが凄まじく、撮っていてとても楽しいカメラでしたよ♪

「中判のフィルムカメラ」については下記を参照ください↓

【カメラの話】オススメの”フィルム中判カメラ”3機種を紹介♪
Naga 最近は使用頻度がかなり減ってしまったけど、、「持って&使って&撮って楽しい中判フィルムカメラ」を紹介します! Mado 私もフィルムの絵が大好き♪ 使い方はち...

ランチは昭和レトロな雰囲気の「cafe R hana」にて!

笠間稲荷を抜けた先にオシャレなお店「cafe R hana」を発見しました。古い家屋をオシャレに改装されていて雰囲気抜群!早速、こちらへお邪魔しました(^^)/

店内は木材がベースになっていて、”手作りを感”を感じられる心地の良い雰囲気です!早速ランチを注文し、到着を待ちました。

コップを撮っても絵になります。照明や花もとても可愛らしかったです。

インテリアに夢中になっていたら、注文した料理が運ばれてきました!器はもちろん”笠間焼”。無農薬野菜や古代米を使用したランチはどれも美味しかったです♪

※残念ながらこちらのお店「cafe R hana」は来年2020年の2月15日に閉店されるそうです。。。気になる方は早めに足をお運びください!!

ランチ後はのんびり笠間散策♪

ランチでお腹がいっぱいになったとは笠間を歩き、”焼物の街”を堪能しました。都心とは全く異なるのどかな空気を感じながら歩いていると、とってもリラックスできますね♪

「笠間工芸の丘」「陶芸美術館」「春風萬里荘」「歴史民俗資料館」など、見どころ満載ですよ♪時間に余裕があれば足を運んでみてくださいね!

途中には可愛らしいワンちゃんやつつじを見る事ができました。焼き物以外も見どころが沢山ありますので、小旅行にもオススメですよ(/・ω・)/

帰りは水戸を経由して戻りました。

水戸といえば「納豆」「水戸黄門様」ですよね!水戸駅にある校門様をパシャリ!凛々しい表情ですよね( `ー´)ノ

次の休日は、笠間・水戸方面の小旅行を計画されてみては如何でしょうか??

インフォメーション

かさま ぷらっとぷらん

cafe R hana

コメント

トップへ戻る