スポンサーリンク

【愛媛・内子&下灘】 まじめな中学生と共に予讃線に乗って、「内子」や「下灘」へ行ってみよう!

中国~四国
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

愛媛県が行っている「まじめえひめプロジェクト」のPR動画が公開され、大きな話題となっていますね。。。しかしながら私も愛媛でまじめな中学生に遭遇したので、その様子と合わせて「内子」や「下灘」を紹介します(‘ω’)ノ

Mado
Mado

Madoちゃんも実はとっても”まじめ”なんだよ~!(^^)!

「まじめえひめプロジェクト」とは?

愛媛県が県民性でもある「まじめ」を統一コンセプトとして、愛媛の魅力を国内外に統一感を持って戦略的に情報発信するプロジェクトなんだそうです。真面目とは人によってもとらえ方が異なるので、なかなか難しい気もしますね。。

majime-ehime.comより

最近、愛媛県の費用1200万円を使って制作した動画 ”愛媛県が手がけるPR戦略「まじめえひめプロジェクト」” がWEB上で話題になっていますね・・・!詳細は直接「こちら」よりご確認ください。

これだけ世間で騒がれているので、大きな宣伝効果となったのではないでしょうか(^^♪

さて、歴史の残る町「内子(うちこ)」へ向かいましょう!

さて、話を「愛媛旅行」へ戻しましょう。松山市内から「内子」へ向かう場合は「JR予讃線(よさんせん)」に乗って行くのが良いでしょう。普通だと約1時間、有料特急を使うと約30分で到着します。

我々が乗ったJR予讃線には部活の試合に向かうためか、中学生の集団が乗り合わせていました。その数およそ30人っ!!!試合の話をしているのかな~と思ってみてみると、、、

なんと・・・、試験前なのか、大半の子が教科書や参考書を開いて、熱心に勉強しているではありませんかっ!!これにはとても驚きましたっ!!

東京でこのような光景は滅多に見かけませんよね。。やはり、、、愛媛県民はとっても”まじめ”なんだな~っと、本当に痛感した瞬間でした(*‘ω‘ *)

無事に「内子駅」に到着!散策を始めましょう♪

まじめな中学生と別れ、我々は「内子駅」に無事到着! 街のイメージを踏襲しているのか、駅の看板は木製と、気合が入っていました!「駅」という漢字も古い馬の文字が入った「驛」が使われていて雰囲気が良かったです♪

駅前の商店街では昭和の雰囲気がプンプンするお店が見られました。時代を感じさせるフォントやレイアウト、色使いですね!!

内子の町は江戸から明治時代にかけて「木蝋(もくろう/ろうそくのようなもの)」の生産によって栄えたエリアです。今でも「木蝋」が販売されていますのでお土産などに如何でしょうか。町の雰囲気も良く、当時の面影が残っているのも見どころの一つです。数百年前にタイムスリップしたかのような懐かしい景色を楽しむことができちゃいますので、カメラを忘れずに持っていってくださいね!

この歴史的な町並みは、1982年(昭和57年)に国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています(/・ω・)/ 是非、現地でご確認ください♪

内子の中でもひときわ目立つ「内子座」へ入ってみましょう!

こちらは大正5年(1916年)に大正天皇の即位を祝って創建された「芝居小屋」です。今では珍しい木造2階建ての本格的な造りです。これは貴重な建物です! さらに、建物の内部へ入れるのもこちらの推しポイントです。「木造の芝居小屋」に入る機会など、滅多にありませんよ!

約100年前の建物とは思えないほどしっかりとした造りで驚きます。手入れもいきわたっているせいか、全く古さを全く感じません!!

写真撮影も自由にできますので、好きな角度からパシャパシャと撮ってみましょう♪

廊下は特に素敵でした♪木造の廊下って最近見ないですよね。。

※一部、光漏れがありますね・・・!

こちらでは現在でも月に数回、実際の芝居や映画の上映など、催し物が定期的に開催されているんだそうです!!もしタイミングが合わせられたら実際の芝居も観覧してみたいですね♪

もう一つの観光名所「下灘駅」へ向かいましょう!

次に、絶景駅として知られる「下灘駅(しもなだえき)」へ向かいました。こちらは海に面した場所に駅があるという一風変わったシチュエーションがマニアに受け、鉄道ファンの間では絶大な人気を誇っている駅の一つです(笑)

見てくださいっ!背後から駅舎を撮ると奥に海が写るんです!!!こんなシチュエーションの駅、見たことありません!!!

下から駅舎を撮ると奥に山が見えます。そうなんです、この下灘駅は海と山が両方楽しめるの贅沢な駅なんです(笑)我々もテンションが上がり、パシャパシャとシャッターを連射してしまいました(*‘ω‘ *)

ここまで気分が盛り上がる「駅舎」ってなかなかないですよね! 当たり前ですが、入場料などはありませんので実質無料で楽しめちゃいます(もちろん、電車賃はかかりますが・・)!

駅のベンチに座って後ろ姿を撮ると、何かメッセージが聞こえてきそうな、味のある1枚が撮れますよ♪

そうこうしている間に電車が来てしまいました。あっという間の「内子」「下灘」ツアーでした。是非、歴史の町・内子、絶景が楽しめる「下灘」へ遊びに来てくださいね♪

インフォメーション

愛媛県が手がけるPR戦略「まじめえひめプロジェクト」

内子さんぽ(内子町公式観光サイト)

コメント

トップへ戻る