スポンサーリンク

【東京・有明】 “世界最大規模のロボット展”「2019国際ロボット展」に行ってきました!

スポンサーリンク
東京
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

男性は「ロボット」という言葉に弱いですよね。私も気になってお台場にある東京ビックサイトへ行ってきちゃいました(笑)‼

Mado
Mado

えっ!!!!!世界最大規模のロボット展!?

どんなロボットが展示されているか気になる~!!!

スポンサーリンク

「2019国際ロボット展」とは?

2年に1回開催されているロボット業界の一大イベント「2019国際ロボット展」。総来場者数は10万人を超え、海外からの来場者も1万人を超える人気イベントなんだそうです。

開催場所はお台場にある「東京ビックサイト」で行われています(正確にはこのほかに「青梅展示棟」でも一部が行われています)。青梅展示棟へは新橋からゆりかもめに乗って30分ほどで到着します(フジテレビ前から徒歩10分ほど)。

※車は混雑が予想されますので、公共の交通機関での来場をオススメいたします。

会場はスーツ姿の男性で大混雑!

中へ入ると多くの人で賑わっていました♪入場料は1000円ですが、事前に入場登録を済ませると0円となりますので、行かれる方はこちらの登録をオススメいたします。

※入場登録:https://www.event-expo.jp/robot2019/regist/

「国際」という名称だったこともあり、中国人、欧米人など海外の方も多かったです。
会場内はどこも大混雑で、ロボット技術の注目度の高さが伺えました。。

展示品は約9割が「工業用ロボ」でした。。。

てっきり、ホンダの「アシモ」やソニーの「アイボ」のような近未来的な商品が沢山あるのかな、、、と思っていたのですが、間違いでした(笑) 

こちらのイベントでは主に工場で使われる「正確に早く組み立てるロボ」や「自動で物を運ぶロボ」などが多く展示されていました。ですが、どのロボも正確でスピードも速く、人間では負けてしまうな、、、と素直に感心してしまいました。

もちろんロボット技術の進歩もあるように思いますが、、、

「生産現場」や「物流現場」ではかつてないほどの人手不足に悩んでいるそうで、これを解決するための商品提案が多く見られました。近い将来、人間に変わってロボットが働く職場がさらに増えるのでしょうか。

 

※そのほか、いくつか気になったロボットがありましたの紹介いたします↓

負担を軽減する「パワードスーツ」!

こちらは私も試してみたくなった商品です。このスーツを装着すると20キロほどある荷物が軽々持てるようになるそうなんです!まるでマンガや映画の世界ですよね!!

一般生活のほかにも倉庫作業や農業などでも重宝されそうですね。このような負担軽減の商品はどんどんと広がっていくのではないでしょうか。

受付ロボット「しおりん」

パッと見ると本物の女性か??と思わせるリアルな造りが印象的だった「しおりん」です。ネーミングも某アイドルのような感じでいいですね♪ こちらにはAIが搭載され、こちらの話に対応してくれちゃいます(少しロボットボイスでした)。

ただ、1つ残念なのが「手」です。こちらはメカ感が満載でしたので、もう少し工夫がほしいと感じました。表情も暗い感じでしたので、そちらも改良いただけますと幸いです。。

より実用的に進化した「2足歩行ロボ」!

続いて紹介するのは川崎重工の2足歩行ロボ”ヒューマノイド「Kaleido」。
身長は178cm、体重は85kg。ほぼ人と同じサイズです。ただ、パワーは人間以上で重いものを軽々運ぶことができるようです!

アシモよりサイバー感が多めのビジュアルでしたが
ダンスをしたり走ったり、筋トレしたりと、何でもこなせる万能ロボで驚きました。
将来的には災害時の救助に使用される構想があるんだそうです。

「等身大ヒューマノイドへの挑戦(川崎重工)」

飛んできた球を瞬時に判断して打ち返す「卓球ロボ」!

来年は2020年、オリンピックイヤーという事もあり、スポーツをモチーフにしたロボットがいくつかありました。その中で特に気になったのが卓球相手になるロボ「フォルフェウス」です。

人が打った球を瞬時に読み取り打ち返しているようで、、本当に対戦しているかのような雰囲気が感じられました。人との対戦が非常にスムーズで衝撃を受けました。ロボットの進化は凄いですよ!!

「フォルフェウス(オムロン)」

 

こちらは土曜日まで開催されていて、事前予約で入場無料となります。
会場は「東京ビックサイト」のほかに「青梅展示棟」でも行われていますのでご注意ください。

多くのメーカーがロボを展示していて、どこを見てもロボットだらけ。これは非常に面白く、他では体験できません!

是非、未来の生活を覗きに、お台場へ行かれてみては如何でしょうか(^^♪

インフォメーション

2019国際ロボット展

コメント

トップへ戻る