スポンサーリンク

【静岡・寸又峡温泉】絶景列車「大井川鉄道」に乗って静岡を楽しもう!

スポンサーリンク
東海~近畿
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

アトラクション気分で絶景を楽しめる「大井川鉄道」と

山の中の大自然が楽しめる「寸又峡温泉」へ行ってみない??

Mado
Mado

どっちも楽しそう~!!!

行ってみようーーー♪

スポンサーリンク

「大井川鉄道」に乗って奥大井を目指します!

首都圏から「大井川鉄道」へ乗りに行くためには、新幹線で「静岡」まで向かい、そこから在来線(東海道線)で「金谷」を目指すのが良いでしょう♪ 2時間ほどで到着しますよ!

 

本来なら往復SLに乗りたかったのですが、時間が合わず行きは普通電車での旅となります。普通電車と言っても貫禄があり、雰囲気抜群のカッコ良い車両が到着して、テンションが上がってしまいました!!

お昼は駅で買った「大井川ふるさと弁当(東海軒)」を頂きました!駅弁っていいですよね^^

東海軒のふるさと弁当はこのような中身です。多くの具材が入っています^^

食事を楽しんでいたら車両はどんどん奥まで進み、井川駅からアプト式電車へ乗り換えがありました。日本唯一のアプト式電車は90パーミルという急こう配をどんどん上がってしまう優れモノなんだそうです!車両も小さく、箱根の登山列車のような雰囲気です。走行中は車内放送もあり、ゆっくりと車窓を見ながら絶景を楽しめます。

その後、絶景スポットの「奥大井 湖上 駅(おくおおい こじょう えき)」に到着しました!残念ながら雨が降ってしまいましたが、それでもとても綺麗な湖を見る事ができました!!!こちらも駅名通り”湖上に浮かぶ駅”なんです!

※下を覗くと少々怖いので、なるべく見ないようにしましょう。

奥大井 寸又峡(すまたきょう)温泉へ到着!

大井川鉄道を下車してバスに乗り込み、約1時間ほどで温泉街へ到着します。こちらでは何軒も温泉宿がありますが、今回は比較的リーズナブルな価格ながらも本格的な料理と寸又峡自慢の温泉が楽しめる「飛龍の宿」に決定!

 

もちろん露天風呂も奥にありました。やはり外でのお風呂はいいものですね。私は3回ほど入ってしまいました(笑)日帰り入浴のサービスも行っているそうですので、必要な方はフロントまでおっしゃっていただきたいです。

食事はWEBにあったとおり立派なものが運ばれてきました♪ 女性には少々多いかもしれませんが、頑張って食べましょう!

明日はメインの絶景スポット『夢の吊橋』へ出掛ける予定ですので、早めに寝ることにしました。『飛龍の宿』で寸又峡の雰囲気をたっぷりと味わってくださいね!

インフォメーション

焼津さかなセンター

・湯屋 飛龍の宿:http://www.hiryu-no-yado.com/

コメント

トップへ戻る