スポンサーリンク

【神奈川・鎌倉】 水面に映る姿が美しい♪「神奈川県立近代美術館」改め「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」へ行ってみよう♪

スポンサーリンク
神奈川
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

約2年間の耐震改装工事を終えて、新しくなった美術館「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」を紹介するね!水面に映る美術館は全国でも珍しいのではないでしょうか(‘◇’)ゞ

Mado
Mado

「神奈川県立近代美術館」が新しくなったんだって!?

どんなふうになったんだろう~??

スポンサーリンク

師走の「鶴岡八幡宮」は新年に向けて絶賛お掃除中です♪

早いものでもう12月の下旬です。2019年もあと数日です(/・ω・)/ ついこの間、「ラグビーワールドカップ」が終わったかと思ったのですが、、本当に時が経つのは早いですねぇ。

「鶴岡八幡宮」では新年に向けてすす払いが行われていました! 巫女さんも雑巾片手に掃除を頑張っていましたので、我が家もきちんと掃除せねば・・・!と思います。

窓は隙間に汚れが溜まるんですよね。。。窓の掃除については来週以降に頑張りたいと思います。。。

その足で、鎌倉五山のひとつ「浄智寺」へ

その足で、奥にある「浄智寺」へ向かいました。こちらは鎌倉でありながら”京都感”が感じられる由緒あるお寺です。12月でもまだ紅葉が残っていて、とても良い雰囲気を醸し出していました。

地面にレンズを向けると、苔の上に綺麗なイチョウの葉が。なかなか良い雰囲気です♪

周りを見回すと、モミジのほかにも椿の花が見つかりました。とても綺麗です!都心で仕事をしていると草花を見る余裕などはほとんどないのですが、このようにゆっくりと自然と向き合っていると妙に心が落ち着いて穏やかになったような気がします(^^♪

残念ながら喫茶室は閉まっていました。。この紅葉の時期に景色を見ながら抹茶を頂くのはとても贅沢ですよね! また次回、チャレンジしてみたいです。

紅葉がとても綺麗なお寺で、散策するだけでとてもリラックスすることができました。新緑の時期にも改めてお邪魔してみたいです♪ 駅からもさほど遠くありませんのでオススメですよ(=゚ω゚)ノ

さらに山を登って「源氏山公園」へ

なんと、こちらでは今年、日本を襲った「台風19号」の影響がまだ残っていました!!木々が倒れ、草木は荒れ、中には通行禁止のエリアもありました。それほど甚大な被害だったんですね。。。

幸いにも「源氏山公園」へ向かう道は通行可能となっていましたので、そのまま真っすぐ進みました。

表向きには「ハイキングコース」となっていますが、途中からかなり高低差のある道が現れます。正直なところ、これは「登山」といっても過言ではないでしょうか。同行したH君も1歩1歩地面を踏みしめるようにして登っていました(笑)

※できればヒールやスニーカーではなく、しっかりとした靴で登ることをおススメいたします。

「登山コース」を無事クリアし、我々は「源氏山公園」へ到着しました。早い時間だったこともあり、他には誰もいません(笑)

でも、源頼朝公は真っすぐと前を見つめ、我々を待っていてくれましたよ!

※教科書などで良く見る、あの肖像画とはイメージが異なるような・・・?

源氏山公園からの眺めは最高ですよ!ここまで苦労して登ってきたかいがありました~♪運動不足解消にもピッタリですので、鎌倉へお越しの際は鎌倉山へのハイキングを検討されてみては如何でしょうか。

ついに「鎌倉文華館」へ

その後、ようやく「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」へ辿り着きました。平家池の水面に映った建物の様子が素敵ですねっ!!

 

以前は「神奈川県立近代美術館」として営業されていましたが、老朽化が進み、約2年にわたる改修工事を経て新たにオープンする運びとなったようです。

 

ちなみにこちらの設計は20世紀建築の巨匠「ル・コルビュジエ」氏に師事した「坂倉準三」氏です。建築マニアにはお馴染みの巨匠ですよね(笑) 正直、建物自体がメチャクチャカッコ良いので、外観を見に来るだけでも価値があると思います!!!

※日本で見られるル・コルビジエ氏の作品は、世界遺産にも認定された上野の「国立西洋美術館」が有名です。

それでは建物の中へ入ってみましょう!入場料は財布にやさしい300円(大人)。とても良心的ですよね!

決して広くはない建物ですが、ゆったりと内部を鑑賞することができます。写真撮影が禁止となっていましたが、展示エリアには展示品が良く見えるような数々の工夫が施されていますので、一見の価値ありですよ! また、中央部は吹き抜けになっていて、このようになっています↓

ミュージアムカフェ&ショップも併設されています

建物の横にはミュージアムショップ&カフェが併設されています。時間の都合でカットしましたが、お時間に余裕のある方は入られてみては如何でしょうか??

※コーヒーの価格はやや高めでした。。。

中はこのようになっています。すっきりとしたインテリアにまとめられています。

その横には鶴岡八幡宮の名物(名木?)であり、2010年3月10日に強風で倒れてしまった「大銀杏(樹齢は1000年とも言われています!)」の一部が展示されていました。かなり大きくてビックリしましたが、その1年後の3月11日に東日本大震災が発生したのは偶然ではない気がします。。。

 

是非、新しくなった「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」へ見学に行かれてみては如何でしょうか?

インフォメーション

浄智寺

源氏山公園

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

コメント

トップへ戻る