スポンサーリンク

【東京・原宿&代々木】 初詣参拝者が日本一集まる”明治神宮”へ一足早く行ってみよう♪

東京
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

お正月に多くの参拝者が集まる”明治神宮”へ行ってきちゃいました!ただ、31日は普段より人が少なくて新鮮な散策だったよ~♪

Mado
Mado

Madoちゃんは眠いので家でお留守番。

お正月が終わったら一緒に行こうね(^^♪

スポンサーリンク

最寄り駅「JR原宿駅」へGO♪

日本一参拝者が集まる「明治神宮」は”大晦日にどうなっているのか?”を確かめに、朝8時に原宿駅へ来てみました! ホームの奥には明治神宮参拝用の新しいホームが建設されていました。この様子だとオープンはもう少し先だと思いますが、、完成した際には一度降り立ってみたいです。

 

※初詣参拝者ランキングについては下記を参照ください↓

【東京・秋葉原】 年末年始はアクセスが良い「神田明神」へ行って年を越してみよう♪
Naga 今年の年末年始はどうしようかね??? そういえば昔、神田明神へ初詣に行ったよね~!寒かったけど楽しかったので、こちらで紹介いたします! Mado メチャクチャ...

JR原宿駅から徒歩1分!アクセス抜群の明治神宮♪

明治神宮は駅から近いのが良いですよね!誰もが迷わずに行けるのも素晴らしいです。本日の夜からは多くの人で埋まってしまいますが、もちろんこの時間はガラガラです(*´з`)/

※左に行くと「代々木公園」へ行ってしまいますので、間違えないようご注意ください^^

こちらの「大鳥居」をくぐって奥へ向かいましょう!

東京とは思えない大自然が目に飛び込んできます。水が流れる川もあり、ちょっとした旅行気分が味わえます♪ここが東京の都心だとは。。。とても不思議な空間です♪

右側には「明治神宮ミュージアム」があります。明治文化に触れてみたい方は是非訪れてみていただきたいです(※有料です)。

そのまままっすぐ向かうと厄払いの案内が掲載してありました。下記の方はご注意ください(/・ω・)/

大きく引き伸ばされた写真を見ながらさらに前へ進みましょう!お正月の様子の写真だと思いますが、、、本当に多くの人が集まっています。。。

普通に歩くと入口から10分弱で到着しますが、、、新年の三が日は早くても30分以上かかるかと思います。お出かけを予定されている方は覚悟して臨んでください!

メインの南神門をくぐりましょう!

参拝される方は「南神門」から入りましょう。シンプルですが、しっかりとした造りで美しいです。時間が許す限り、じっくりとご堪能ください♪

まっすぐ進むと「巨大なお賽銭エリア」が登場します。幅は10m以上という桁違いのスケールです!これなら300万人が集まっても問題ない大きさですね!!お財布と相談してお賽銭しましょう。

参拝後は「東神門」から抜けましょう!その奥には「おみくじ」「絵馬」などが販売されています。こちらも大混雑が予想されますのでご注意ください。

2020年になってもおみくじは「100円(税込)」なんですね。値上げされていないのでお財布には優しいですね! そういえば、神社での消費税って除外されるのでしょうかね??

そのまま奥へ進むと出口へつながり、以上で明治神宮の参拝はおしまいとなります。参拝へ行かれる方は暖かい格好でお出かけくださいね!

※こちらで神前式(結婚式)を挙げることもできるんだそうです!「和」のテイストで挙式を希望される方には最適の会場ではないでしょうか(^^♪

明治神宮の入口には「杜のテラス」というカフェがありますが、、、繁忙期は入れない予感がします。。混雑時はご注意ください。

渋谷方面へ歩くと、数々の歴史的な建物が工事中でした

こちらは日本スポーツ協会をはじめ、日本スポーツの拠点とされる「岸記念体育館」です。日本オリンピック委員会(JOC)などが拠点を構えていたこちらの建物も55年の役目を終え、解体となりました。

せっかくなら2回目のオリンピックとなる2020年の東京オリンピックが終わった後に解体しても良かったのではないでしょうか。

こちらは「国立代々木競技場」です。設計者は”世界のタンゲ”と呼ばれた「丹下健三」氏です。2020年の東京オリンピックに向けて万全な状態へ調整していただきたいです。

その後は渋谷方面へ向けて歩いてみました。しばらく見ないうちにどんどん街の様子が変わっていくので、行くたびに新しい発見がありますね!

センター街では子供の髪を結んでいる父親を見かけました。微笑ましい雰囲気で朝からほっこりとした気分になりました(*´з`)

あと10時間ほどで2020年ですね!本当にあっという間でした!

また来年もよろしくお願いいたします(^^♪

インフォメーション

明治神宮

コメント

トップへ戻る