スポンサーリンク

【イタリア・ローマ】 個人旅行ならローマの中心部からアクセスの良い「Laura Hotel」がオススメです♪

スポンサーリンク
ヨーロッパ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

休みが確保出来たら、海外旅行という選択肢は如何でしょうか?1週間以上休みがなくてもヨーロッパへ行けるんですよ。

安いプランなら10万円以下ってのもあるよ!

Mado
Mado

えっ!?本当!?

それなら行きたーい!!!

スポンサーリンク

休みが取れたら、海外旅行を計画しましょう!

ヨーロッパ旅行は誰もが憧れる旅行先ですが、長期の休みが取れなければ行けないよー^^と考える方が大半かと思われます。しかしながら、現在は安い航空プラン「LCC」や「フリープラン」など、多くの選択肢が出ていますので、目的地を絞ってピンポイントで観光を楽しめば1週間確保しなくても海外旅行が楽しめちゃうんです!!

※結構安い”リーズナブルなプラン”もたくさん出てきますよ^^

 

Madoちゃんとそんな話をしていたら、短期(3泊5日)のイタリア(ローマ)のプランを発見! すぐにOKとなり、申し込みました(笑)。

※安いプランはすぐに埋まるので長期の検討は避けたほうが良いでしょう。

 

5日間なら土日もしくは3連休に有休を数日追加するだけですので、仕事を強引に片づけて旅行の予定を組み込んでみては如何でしょうか。

ちなみに、今回の代金は往復航空券(ただし直行便ではない)+ホテル3泊で10万円を切る破格の金額でおどろきました(゚Д゚;) なかなか素晴らしいプランではないでしょうか。思い立ったら是非WEBでチケットを探してみてください!

弾丸のイタリア旅行へ出発!

イタリア(ローマ)へは直行便でも13時間ほどかかります。やはりヨーロッパは遠いですね(*´з`) 今回、我々は安いプランを選択しましたので成田からドバイ行き、そこで乗り換えローマへ向かいました(航空会社はエミレーツ航空です)。

 

10時間以上のフライトですと、寝たり起きたり、機内の照明が消えたり点灯したり、機内食や水のサービスがあったりと、今何時なのか?今どこにいるのか?どのご飯を食べているのか?がわからなくなりますよね。。。

私は何度も気を失いながらも、機内食だけはきっちり食べてフライトを乗り切りました(笑)

エミレーツ航空の機内食は見た目も華やかで味も美味しく、Madoちゃんと二人で盛り上がってしまいました!機内食以外にも映像設備などの機内設備も良く、個人的にはおすすめできる航空会社の一つだと思います。

電車でホテル「Hotel Laura」へ向かいましょう!

ドバイでの乗り継ぎが少々大変だったな、、というのはありましたが、特に大きなトラブルもなくローマへ無事に到着しました!入国手続きもスムーズに終わり、まずはホテルへ向かいました。

 

今回は「bologna駅」から歩いてすぐのところにある「Hotel Laura」を予約しました。こちらが思った以上に良かったので紹介いたします♪ ローマの中心部へも地下鉄ですぐにアクセス可能、という立地の良さが決め手となりました。

ヨーロッパの鉄道車両は日本のスマートな車両とは異なり、武骨なスタイリングがカッコイイですよね。こちらの車両は南海ラピートのような丸いデザインが特徴で素敵でした!

昔は「ヨーロッパの電車(主に地下鉄)は怖い(治安が悪い)」というイメージを持っていましたが、今回の旅行ではそのようなことは一切感じませんでした。電車に落書きはあるものの(以前よりは少なくなったような・・)、駅によっては本物の銃を携えた警察(警備員?)さんが警備をされていて、その点も心強かったです。車両の中も清潔感が溢れて綺麗でした。

電車が動き出すと、のどかな田園風景が心を落ち着かせてくれました。ところどころに見えるヨーロッパ風の建造物を見ると、ヨーロッパへ来たな!という実感が湧いてきます。

乗り換え駅へ到着すると、日本の通勤電車のラッシュよりは緩いですが多くの方が乗り降りしていました♪ ドアの上部に自動ドアのユニットがむき出しになっていますね。。日本の車両では安全基準上、絶対に考えられないことなのですが、この辺りはお国柄が出ていて楽しいですよね。

車両とお客さんを撮影するだけもとてもカッコ良い写真が撮れちゃいます! ヨーロッパって素敵ですよね。日本とは違う設備を見るだけでも楽しいですよね。下の清掃マシンもカッコ良かったです。

宿泊ホテル「Hotel Laura」へ無事に到着!

地下鉄に乗り換えてホテル最寄り駅の「ボローニャ駅」へ到着しました!迷わずに辿り着くことができて一安心です!

駅の入口にも落書きがありましたが、、、治安は悪いとは感じませんでした。

ホテルの資料を見ながら「ホテルラウラ」を探します。2分ほど歩くと無事に見つかりました。ちなみに街の様子は↓このような感じです。ヨーロッパ独特の建造物が一列にピシーっと並んでいて、絵画を見ているような感じでした。日本もこのような街並みだったらとてもカッコ良くなると思うのですが。。。

Madoちゃんの英語力を駆使して受付を済ませるとキーを渡され部屋へ入ることができました。決して広くはないのですが、落ち着いた雰囲気で高級感がある素敵なお部屋でテンションが上がってしまいました!!

キーは机に置けるよう、重りがついていました。重厚感のある作りでとてもカッコいいですね!

まずはホテルへ到着できたので、次は荷物を置いて観光へ出かけたいと思います!!

 

ホテル情報

名前:Laura Hotel Rome

住所:Viale XXI Aprile 109, ローマ イタリア

トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g187791-d613015-Reviews-Hotel_Laura-Rome_Lazio.html

コメント

トップへ戻る