スポンサーリンク

【東京・駒込】 日本一美しい書庫がある「東洋文庫ミュージアム」へ行ってみよう!

東京
この記事は約2分で読めます。
Naga
Naga

東京・駒込に国宝や重要文化財などの貴重な書物が見られ、美しい書庫があるミュージアムがあると知り、早速お邪魔してきましたのでレポートします♪

Mado
Mado

えっ??どんなミュージアムなんだろう?? 気になるぅ~!!!

スポンサーリンク

さっそく「駒込駅」へGO♪

今回は山手線「JR駒込駅」から徒歩で向かいます。駒込駅はJR線のほかにも「南北線」が通っていますので、アクセスが良いのも嬉しいですね!!

駅からまっすぐ進むと、途中に「六義園(りくぎえん)」が見えます。時間に余裕がありましたら訪れてみるのもいいでしょう。ここから5分ほどで「東洋文庫ミュージアム」へ到着します。

三菱財閥の「岩崎久彌氏」が設立した日本で最古の東洋学の研究図書館!

「東洋文庫ミュージアム」は同種の図書館としては日本最大であり、世界でも5本の指に入る規模なんだそうです。三菱財閥の岩崎久弥氏のよって創立されました。これだけの資料を集め研究所を兼ねた図書館を開設されたのは素晴らしいですね!!

こちらでは国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊が所蔵されていますが、残念ながら一般人はすべてを閲覧することはできませんのでご注意ください。。

※館内はすべて撮影OKなんです!これは嬉しいですね(^^♪

1Fには学生時代に誰もが1度は読んだ(見た)ことがある「世界の歴史」など、歴史に関する書籍が置かれています。こちらは自由に閲覧可能ですので、久々に読み込んでみては如何でしょうか?

その奥には「東洋書籍の修理道具」が展示されています。定規や刷毛、ナイフ、ピンセット、筆など、緻密な修復作業に使用される道具を間近で見る事ができますよ!なかなか見る機会はないですよね(・ω・)ノ

正面には中庭と、カフェスペースが見えますよ。ただし、中庭へ入ることはできませんのでご注意ください。

それでは気になる2階へ上がってみましょう!

2階に上がると素晴らしい書庫「モリソン書庫」が・・・!

こちらは東洋文庫の数あるコレクションの中でも最も有名で日本一美しい書庫「モリソン書庫」です。古書がずら~っと並んでいて圧巻です(゚Д゚;)

もちろん写真撮影も可能ですので、是非広角レンズを持っていかれることをオススメいたします!ただし、館内は暗めですので、手振れにはご注意ください。

コメント