スポンサーリンク

【東京・大井町】 老舗洋食店「ブルドック」で定食を注文してみたら、、、大盛り過ぎて驚きましたっ♪

スポンサーリンク
東京
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

普通の定食を注文しても、女性では食べきれない量が運ばれてくる・・・?という噂を聞きつけ、大井町へお邪魔してみました!!

Mado
Mado

あんな量が運ばれてくるとは思わなかった~!!

でも味は美味しかったよ(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

昭和の雰囲気を感じさせるレトロな佇まい♪

場所は大井町名物の呑み屋通り(横丁)「東小路飲食店街」を抜けた先にあります。正直、かなり、ディープです。まるで新宿ゴールデン街のような雰囲気です。

駅から徒歩5分ほどでしょうか。アクセスは非常に便利です。看板には「大井一うまい、やすい」と謳われています。これは楽しみですね!!

ショーウインドウには、、、かなりの歴史を感じさせる食品サンプルが展示されています(-_-;) お、、、美味しそうですね・・・♪

定食でも1200円ほどと、非常に良心的な価格設定です。令和の時代に有難いです(^^♪ では、早速中へ入ってみましょう~!

店内もとってもレトロな佇まい♪

店内も外観のイメージそのままに、昭和の雰囲気が醸し出されています!

我々がお邪魔したのは閉店前の夜の遅い時間です。そのためか、お客さんはまばらでした。ただし、お昼の時間や夕食の時間帯には行列ができるほど混みあうそうですのでご注意いただきたいです。

壁には、こちらも歴史を感じさせる絵画が飾ってありました。額縁が油でかなり傷んでいますね。。。 また、洋食屋さんにも関わらず醤油や塩が机に置かれていました。タバスコ、七味まであり、嬉しい配慮ですね(^^♪

メニューは、ナポリタンなどのパスタ類、メンチカツ、とんかつなどのカツ類、ステーキ、ハンバーグなどのお肉類などバリエーションが豊富です。さすが、老舗の洋食屋さんですね!!

Madoちゃんと悩みに悩んだ結果、今回は「ハンバーグ定食」と名物の「メンチカツ定食」を注文しました。どんなものが運ばれてくるのか??楽しみです(^^♪

「クレヨンしんちゃん」は今読んでもめちゃくちゃ面白かったです♪

本棚に置いてあったマンガが気になってしまい、こちらを読みながら料理を待ちました。30代には懐かしい「スラムダンク」と「クレヨンしんちゃん」です。これ、大昔に読みましたよね♪

特に「クレヨンしんちゃん」は今見ても非常に面白く、、洋食屋さんで「ゲラゲラ!」と大爆笑してしまいました。。お店の方、大爆笑してしまいスミマセンでした。。

「ハンバーグ」はまさかの3段構成!

クレヨンしんちゃんを集中して読み込んでいると(笑)、注文した料理が運ばれてきました!まずハンバーグから食べてみましょう!

ハンバーグと聞けば丸いハンバーグが中央に置かれているものを想像しますよね??私もそう思っていました。ですが、こちらのハンバーグは少し異なっているんです。。。なぜか、高さが高いんです・・・。

こちらが横からの画像です。この高さ、わかりますか?? ニョキ~ンッと、高いですよね??

バラしてみると、目玉焼きの下に3つの肉厚ハンバーグが乗っていることが判明!!!これなら「3段ハンバーグ」などと書いたほうがわかりやすいように思いました。

口に入れてみると、肉汁がジュ~っと口に広がり、とても美味しいです。定食にすると「ご飯」と「スープ」ではなく「味噌汁」が付いていますのでご注意ください。。さらに、お皿にたっぷり盛られた「ごはん」もありますので、頑張って完食を目指しましょう♪

「メンチカツ」もお皿に乗り切れないほどの大ボリューム!

こちらは”お皿に乗り切れないのでは??”と心配になりそうなくらい大きなメンチカツが乗っています。幅は25センチほどでしょうか。厚さも2~3センチほどあり、めちゃくちゃ大きいです。

 

衣は非常にサックサクしていて、肉もうまみが凝縮されていています。比べるのも失礼ですが、ファミレスの商品とは比べ物にならない美味しさです!!

このメンチカツはお店の看板メニューだけあって、最高に美味かったです!!是非、ご賞味いただきたいです(^^♪

この内容でお会計は二人合わせて2,500円ほどでした。この金額であのボリュームが楽しめるとは、、、なかなかコスパではないでしょうか!!!

 

是非今度はもうひとつの名物、オムライスに挑戦しようと思います♪ ケチャップの文字が料理人のその時の気分で変わるのだそうです。どのような文字が書かれるのか?気になります!複数人で行く予定がありましたら、是非違うメニューを注文して、シェアするのがオススメですよ。

 

インフォメーション

ブルドック(食べログ)

コメント

トップへ戻る