スポンサーリンク

【ベトナム・ホーチミン】 フィルムカメラを持ってホーチミンの街を歩いてみましょう♪

アジア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回はアジアの中でも特に食事が美味しく、初心者にもオススメの旅行地「ベトナム・ホーチミン」を紹介しまっす♪

Mado
Mado

ベトナムはごはんがとっても美味しいんだよね~!!

フォー、生春巻き、バインミーなど、また食べたいな(*’ω’*)

交通量がとっても多いホーチミン♪

ベトナムへは直行便で7時間ほどと比較的行きやすい国の一つです。気候も暖かく、フォーやスイーツなどの食べ物もおいしく、ショッピングやエステ、マッサージなどにも最適です♪格安のLCCを使えば3万円以下で行くこともできますので、是非チャレンジしていただきたいです!(^^)!

治安も良く、街中も歩きやすいのですが、、、車やバイク、自転車など交通量がハンパないんです。。。旅行の際は交通事故に気をつけてくださいねっ(;^ω^)

ちなみに、この時に持って行ったのはベスト判のフィルムカメラ「ワルツオートマット44(WALZ AUTOMAT 44)」。非常にレアでマニアックな国産二眼レフカメラです(笑)豪華にも”ズノーレンズ(Zunow 6cm F2.8)”が搭載されているんですっ!!

※「ワルツオートマット44」については追ってこちらで紹介いたしますね(*‘ω‘ *)/

※「ズノーレンズ」についてはこちらの記事を参照ください↓

【カメラの話】「PENTAX Q」に「ZUNOWのシネレンズ」を付けて壮大なボケを楽しもう!
Naga 最近は使う機会が減ってしまった「PENTAX Q」と国産のシネレンズを紹介するね!独特なボケと描写が癖になるマニアックなレンズだよ~♪ Mado へ~。どんなレンズ...

ベトナム人はとっても商売熱心!

街を歩いていると、あらゆるところで商売をしているベトナム人に遭遇します。自転車の荷台にたくさんの果物を載せていたり、、

何十種類とある商品を担いで行商人のように販売していたり、、

地面に切手やコインを並べて販売していたりと、スタイルは様々ですが、それぞれ独自のスタイルで商売されていて、ついつい見入ってしまいます(^^♪

その横で”休憩中の方”もちらほら・・・!

かと思いきや、、、ちらっと他の方向を見ると客待ちなのか休憩中なのかわかりませんがタバコを吸いながらのんびりしている方を発見。お昼の時間ではなかったので小休憩中でしょうか。

その奥にも休んでいる方がいらっしゃいました!

あら?こちらにも。。

あっ、、こちらにも。。。 皆さん、よ~く休まれています(笑) むしろ、休んでいる時間の方が長い気が・・・。

ベトナムでは東京のような忙しい感じがほとんどなく、非常にの~んびりした空気が流れているように感じました。この”ゆったり感”が心地良いんですよね(*‘ω‘ *)

この方は商売中なのに新聞を夢中で読んでいました(笑) 険しい目をして、、なにか深刻な記事があったのでしょうか。

中には商売しながら堂々とフォーを食べている方も・・・!!! 道端で商売しながら堂々と麺を食べる方ってなかなか日本では見かけないですよねっ?? 国民性の違いでしょうか、面白いですね!!

暑いので水分補給はしっかり行いましょう♪

 

ホーチミンは「熱帯モンスーン気候」に属しており、高温多湿なんです。日本とはここが異なりますのでご注意ください! 年間を通して平均最高気温が30〜35度。平均最低気温も20~25度と非常に高いので、観光の際はこまめに水分を取るようにしましょう。

 

ハイネケンなど欧米のビールも販売されていますが、せっかくなのでベトナムを代表するビール「333(バーバーバー)ビール」を試されてみては如何でしょうか。さっぱりとしていて飲みやすいビールです♪

フルーツ系のジュースもたくさん販売されていますので、こちらも味わっていただきたいです。

少し高級そうなお店へ行くのも良いでしょう♪ 物価は日本よりは安いのでカクテルを頼んでも日本よりは安く済みますよ♪ この辺りも海外旅行の醍醐味ですよね(/・ω・)/

カメラを持ってスナップ撮影を楽しみましょう♪

観光客は日本人や中国人も多いですが、欧米人も多く見かけました。お出かけの際はカメラを忘れずに持っていきましょうね(^^♪

ちょうど目の前に緑、ピンク、オレンジのTシャツを着た女の子が座っていたので撮ってみました♪ カラフルで可愛らしい写真が撮れました(^^♪

さらに、街中でウエディング写真を撮影されているカップルも発見しました。ベトナムでも”前撮り”が流行っているんだそうです。 我々もハワイの街中で”前撮り”を強行しましたが、いざ自分たちがやってみると結構恥ずかしいんですよね。。。でも、今になっては良い思い出です(笑)

 

是非、次のお休みには「ベトナム旅行」を計画されてみては如何でしょうか??

インフォメーション

ベトナム社会主義共和国|外務省

コメント

トップへ戻る