スポンサーリンク

【山梨・甲州市】勝沼でぶどう狩りに挑戦してみよう!

北陸~甲信越
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

秋はぶどうが美味しい季節だね!

山梨でぶどう狩りを体験してみない??

Mado
Mado

私、ぶどう大好き~♪

行ってみよう~!!

ぶどうの前に「桔梗信玄餅工場テーマパーク」へ寄り道・・・♪

山梨のお土産は??と言われてピンとくる方も多い「桔梗信玄餅」。Madoちゃんも大好物です。その製造過程も見られる工場があると聞いて、まずはそちらにお邪魔しました。

では早速、工場の中へ入ってみましょう(事前予約なしで入ることができます)。すべての工程を見る事はできませんでしたが、多くの工程は機械化されていました。

「桔梗信玄餅」は昭和43年に誕生したそうです。当初は今のように順調ではなく大変な道のりだったそうです。その志が現在にも受け継がれ、誕生当時と変わらず「人の手」によって「梱包作業」が行われているとのことでした。この日も手作業で梱包されていいる様子を見る事ができました!

見学後は信玄餅をお土産として購入した後、こちらでしか食べられない「信玄餅アイス」を頂きました。名前の通り信玄餅が乗っている珍しいアイスです。少々食べ辛いのですが、落とさないように頑張りましょう!

まずは農園を選びましょう!

山梨の甲州市には数多くのぶどう農園があり、一般客を受け入れる「ぶどう狩り」も多くの農園で実施されています。道路わきに「ぶどう」「もも」「即売所」「ぶどう狩り」などと看板を出し、呼び込みをしています。

正直なところ、どの農園も同じような金額とサービスでしたので、悩まず直感で決めるほうが良いでしょう。混みあわないうちに農園を決めてぶどう狩りを始めることをおススメいたします。

というわけで我々も某農園にお邪魔したところ、、まずは試食のサービスという事でぶどうがどっさりと運ばれてきました!早速、頂いてみましたがどの粒もとても美味しかったです!

さらに、、、桃のサービスもあり、こちらもペロリと平らげてしまいました!!!やはり桃もみずみずしくておいしいなぁ~と改めて痛感。本当に美味しかったです。

いよいよ「ぶどう狩り」スタート!

2つの果物を頂いた後、農園へ移動しました。まずは近年人気の「シャインマスカット」です。どれも粒が大きく、今すぐにでも食べたいところです(笑)

レンズのF価を小さくし、背景をぼかして撮影すると良い感じに撮れますので是非チャレンジしてみてください(スマホですとここまでぼかせない気がします)!

奥へ進むと糖度が高く、さらに甘いぶどう(糖度19度!!!)が登場しました。甘ければ良い、というわけではありませんが、せっかくなら甘いものを食べてみたかったので、こちらを選んで持ち帰りました。

次は一番人気の「ピオーネ」です。粒が大きく程よい甘さが特徴です。ぶどう全体のサイズもかなり大きく、どれにしようか迷ってしまいました。

悩んだ挙句、こちらのぶどうを選択。20センチを優に超える巨大なものをGETできました!収穫後、数日は持つようですので、しばらくは「食後のぶどう」が楽しめそうです。

「ぶどうの丘」でほうとうランチ!

お腹が空いた後は「ぶどうの丘」にある「ほうとう処 思蓮(おもれ)」にてほうとうランチを頂きました。出来立てのアツアツほうとうが楽しめてとても良かったです。

※ランチタイムは混み合いますので、時間に余裕をもってお邪魔しましょう!

〆はスイーツのデザートを満喫!

最後にフラッと入った地元の喫茶店でスイーツのパフェを頂いちゃいました。贅沢に桃やぶどうがどっさりと乗っていて、とても幸せな気分になりました♪

次のお休みに山梨へ「フルーツの旅」に出かけてみては如何でしょうか。フルーツのほかにもワイン、肉、野菜などもオススメですよ!!!

インフォメーション

・桔梗信玄餅:http://themepark.kikyouya.co.jp/info/

・ぶどうの丘:https://budounooka.com/

コメント

トップへ戻る