スポンサーリンク

【埼玉・春日部】台風19号でも大活躍!! 地下神殿?パルテノン神殿のような”首都圏外郭放水路”を見学♪

スポンサーリンク
関東(東京/神奈川以外)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

埼玉県に神殿のような巨大な空間があるみたい!

「大人の社会科見学」をしてきましたのでレポートします♪

Mado
Mado

地下神殿とは?ワクワクするね~!

スポンサーリンク

「首都圏外郭放水路」とは?

こちらは「しゅとけん がいかく ほうすいろ」と読みます。埼玉県春日部市の江戸川沿いに位置する、首都圏の大規模洪水を防ぐために造られた”世界最大級の地下放水路”なんだそうです(管轄は国土交通省 江戸川河川事務所)!

昨日、首都圏を襲った「台風19号」でも水の被害が各地で発生しましたが、そのような際に大量に水を取り込み、被害を防ぐ役割を果たします。昨日も使用されたか?気になるところです。

 

※【2019年10月14日更新】

2019年10月12日(土)に日本を襲った「台風19号」でもフルに活用されたようです。関東の氾濫を防いでいただき、本当に有難うございます!!これがなければ・・、と思うとゾッとしますね。。。

それにしても気合の入ったロゴマークですね!某パルテノン神殿風にアレンジされているのがやや気になるところではありますが。。。

 

※こちらでは某ヒーローキャラクターやドラマ、映画などの撮影でロケ地としても使われることも多いんだそうです。熱狂的な方はおもちゃや関連グッツをもって撮影に臨むという方もいるんだそうです・・・!

早速、地下神殿の「見学会」へ行ってみましょう!

こちらは100段の階段を上り下りできる方なら誰でも見学することが可能です(災害などで実際に使用されている場合は中止となりますのでご注意ください)。ただし、当日行っても入れません。事前にホームページから予約を行いましょう。

首都圏外郭放水路_02

電車で向かう場合は「東武野田線(東部アーバンパークライン)南桜井駅(北口)」より徒歩40分(約3キロ)。バスで向かう場合は南桜井駅もしくは春日部駅から「イオンモール春日部線」や「コミュニティバス」で「龍Q館」へ向かいましょう。

タクシーですと約7分、1000円程度ですので、バスなどの時間が合わない場合はこちらがオススメです。

 

※以前の「見学会」は平日のみの開催でなかなか行きづらかったのですが、昨今の人気上昇と共に「土日の見学会開催」も始まりました。これは嬉しいポイントです!

 

※ちなみに私がこちらへお邪魔したのは2009年!もう10年前になるんですね・・・(/・ω・)/

階段を100段ほど降りると地下神殿に到着します!

首都圏外郭放水路_07

小さな入口から階段を100段ほど降りて巨大空間へ向かいますが、エレベーターがありませんので、この上り下りができない方は見学不可となります。体力を付けて臨みましょう!!

すると「列柱の間」と呼ばれる地下神殿に到着しました!本当に広く、神殿のようでした!!!

首都圏外郭放水路_03

施設内は見学ができるスペースが限られていますので、ルールを守って楽しみましょう。また、少々ひんやりしていますので、気になる方は上着を用意するといいでしょう。とは言ってもここに何十分もいるわけではありませんのでご安心ください。

首都圏外郭放水路_05

残念ながら三脚を忘れてしまったので、手振れ写真を量産してしまいました。。。三脚、もしくは好感度に強いカメラを用意されたほうが良いでしょう。レンズは広角がオススメです!

首都圏外郭放水路_06

その後、地上へ戻ってきました。あっという間に終わってしまった印象です。首都圏に居ながら海外のレアスポットにいるような不思議な体験ができましたので、個人的には非常に大満足の一日でした!!

当時は無料でしたが、現在では1000~3000円ほどの有料ツアーとなっているようです。お金を払ってでも見る価値はありますので、是非とも体験していただきたいです!

オマケ:大宮公園編

首都圏外郭放水路_08

その後、少し足を伸ばして大宮へやってきました。こちらには昭和の雰囲気が残る「児童スポーツランド」があるんです(さいたま市大宮区の大宮公園内にあります)!

バッテリーカー、豆汽車コーナー、そのほか各種遊具などお子さんなら半日ほど楽しめるかと思います。

良く見ると「ひらけ!ポンキッキ」の遊具が!!!今の子はさすがにわからないですよね。。。ムックがとても良い表情だったので記念撮影しちゃいました。ちなみに「ひらけ!ポンキッキ」の放送は1973年4月2日から1993年9月30日までだったようです。

あ~懐かしいぃ!!!と、童心に帰ってしまった大宮公園でした。

インフォメーション

首都圏外郭放水路

コメント

トップへ戻る