スポンサーリンク

【神奈川・横浜】 今週末から営業再開!世界が熱狂した「バンクシー展 天才か反逆者か?」へ行ってみよう!

スポンサーリンク
神奈川
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

世界でも注目されているアーティストのひとり「バンクシー」。世界中でも100万人を動員した展示会が横浜で開催されると聞いて、お邪魔してきました♪今回はそちらを紹介いたします。

Mado
Mado

世界で100万人の動員ってすごい数だね・・・!

気になるなぁ~(^^♪

スポンサーリンク

新型コロナの影響でお休みとなっていましたが、今週末5月30日より再開されるそうです!

緊急事態宣言が解除され、商業施設や美術館などのイベント施設も徐々に再開されてきています。こちらのイベントが開催されている「アソビル」でも今週末5月31日より営業が再開されるんだそうです! 是非、足を運ばれてみては如何でしょうか(^^♪

※私は営業休止前の3月にお邪魔しました。

世界的に注目される芸術家「バンクシー」とは??

「バンクシー(banksy)」とはイギリスを拠点に活動するアーティストです。名前、年齢などの詳細は明らかにされておらず、謎に包まれています(=゚ω゚)ノ 

 

主に壁面や橋など、街のあらゆる場所をキャンパスと見立て社会問題に根差した批評的な作品を多く発表しています。ステンシル(型版)を使ったシンプルな作品にも関わらず、ダークユーモアにあふれているのが特徴です。

医療従事者へエールを込めた作品も発表されました!

@banksy より

今月6日に医療従事者へエールを込めた作品がインスタグラムで発表されました。ニュースでも大きく報じられたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

バットマンやスーパーマンを置き去りにし、看護婦を新たなヒーローそして選んで遊んでいる少年の絵となっています。作品は1mほどで赤十字のマークのみが赤く彩色されています。

 

風刺的な作品が多いイメージですが、このような作品も制作されているんです。ちなみにこの作品は秋頃に競売にかけられ、収益はイギリスの医療団体へ寄付されるんだそうです。収益金が必要な団体へ回される、という仕組みは素晴らしいですね! それにしてもこの作品がいくらになるのか、気になるところですねっ(^^♪

横浜「アソビル」へGO!!!

それでは日本で開催中のイベントへお邪魔してみましょう!

イベントが開催されている「アソビル」は横浜駅直結と、立地がメチャクチャ良いんです!「みなみ東口」の出口へ向かうと、目の前に現れます。

※「南口」でも「東口」でもありませんのでご注意ください。

壁面にも大きく「ASOBUILD」と書かれていますので迷う事はないでしょう。

案内図を見ると、バンクシー展は2階で行われていますね。それでは早速、中へ入ってみましょう!

中へ入るとチケットカウンターが現れます↓

当日購入もできるそうなのですが、混雑が予想されますので、事前に購入しておいたほうが良いでしょう。

奥へ行ってみると、飲食ができるコーナーが用意されています。こちらで食事をするのも良いでしょう^^お酒が飲める店もありましたよ♪

「バンクシー展」へGO!!!

チケットを無事に入手したら、展示会場へ向かいましょう! なんとこちらでは”写真撮影がOK”との事でしたので、写真とあわせて紹介いたします♪ これは嬉しいですね!!!

まず最初に案内された部屋では、大きなスクリーンに彼の作品がコラージュされた映像が投影されていました。どの場所にどのような作品が描かれたのかが紹介されています。

↑ちなみに、彼の作品は欧米が中心にはなりますが、非常に多くの場所で発見されています。そのうち日本でも発見されるのでしょうか???

次の部屋へ行くと、彼をモチーフにしたのか、アトリエのようなジオラマの展示がありました。サイズは原寸大です。はじめは本当に人が座っているのかと思ってビビってしまいました( ゚Д゚)/

絵はシンプルですが、メッセージ性が強烈です!

彼の作品はシンプルなものが多いですが、メッセージ性が強く、インパクトが強烈なんです。社会や戦争をテーマにした作品も多く、考えさせられます。

↑「keep it real」を訳すと「格好つけるなよ」という意味なんだそうです。

中にはカラフルな作品や映像作品も展示されていました。才能が多彩で羨ましい限りです(^O^) 様々な作品を見られるのも面白かったです♪

※会場内には女性の方や若い方も多く来られている印象を受けました。

代表作「風船と少女」も展示されていました!

こちらは彼の代表作であり、本展示会のポスターにも使用されている作品です。オークション会場で落札された瞬間の映像も放映されていましたので、合わせてご覧いただきたいです!

↑この結末、なかなか驚きます(‘Д’)/

※落札価格は104万2000ポンド(約1億5000万円)!!! この金額にもビックリです!!!

メッセージを書き込めるエリアや、グッズ販売コーナーも充実しています♪

会場の最後には↑このように来場者が自由にメッセージを書き込めるコーナーや、物販コーナーが併設されていました。 時間の許す限り、思いっきり描き込んでみましょう♪

↑Tシャツや書籍など、お土産にも丁度良さそうです(‘ω’)ノ
こちらのイベントは9月27日(日)まで開催予定となっています。是非横浜へお越しの際には訪れて頂きたい展覧会「バンクシー展」のレポートでした(^O^)

インフォメーション

コメント

トップへ戻る