スポンサーリンク

【東京・渋谷】 今週から営業再開!写真にしか見えない「特別展 超写実絵画の襲来」へ行ってみよう!

東京
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

渋谷ある「東急 Bunkamura ザ・ミュージアム」にて千葉にある「ホキ美術館」に所蔵されている超写実絵画が見られる展示会が開催されているんです!写真と見間違うレベルのクオリティで驚きました!!!

Mado
Mado

これ、どう見ても写真じゃない・・・!

とっても緻密な描写だね~(^^♪

新型コロナの影響でお休みとなっていましたが、今週末6月11日より再開されるそうです!

緊急事態宣言が解除され、商業施設や美術館などのイベント施設も徐々に再開されてきています。こちらのイベントが開催されている「東急 Bunkamura ザ・ミュージアム」でも今週末6月11日より営業が再開されるんだそうです! 是非、足を運ばれてみては如何でしょうか(^^♪

 

※開催期間は2020/6/11(木)~6/29(月)となります。

写真のような精密な絵画が所蔵されている「ホキ美術館」とは??

ホキ美術館とは千葉県千葉市緑区にある日本初の写実絵画専門美術館です。私もいつかお邪魔してみたいと思っていたのですが、2019年の豪雨により現在、休館中となっています。。。

※珍しい名前の美術館だな~と思っていたら代表取締役の本名で驚きました(館長:保木将夫さん)。

建築物の評価も高く、「日本建築大賞(2011年度 )」、「千葉市都市文化賞2011」、「千葉県都市文化賞(優秀賞)」などの賞も受賞されています。建物を見に行くだけでも楽しそうです♪

渋谷にある「東急 Bunkamura ザ・ミュージアム」へGO!!!

それでは早速、「東急 Bunkamura ザ・ミュージアム」へ行ってみましょう! 私は3月末にお邪魔したのですが、既に人出が少なく閑散としていました。

こちらが東急の建物です。左側へ進むとBunkamuraの入口があります^^

「Bunkamura」のロゴはいつ見てもオシャレですね!

やはり、人は少なめですね。。。見渡す限り、数えるほどです。

「超写実絵画」は良く見ないと写真だと勘違いしてしまうレベルです!

  絵画展のチラシが置いてありました。これだけ見ると、まるで写真のようです!!

他の作品を見ても絵画とは思えませんっ!!!

「ザ・ミュージアム」は地下となりますので、エレベーターで下へ移動しましょう!

時間に余裕がありましたら、こちらのカフェでのんびりするのも良いでしょう^^

入口付近には写真撮影OKのフォトスポットがありました。複数人でお邪魔した場合はいいのですが、一人だと座る勇気が出ないですよね。。。それでは中へ入ってみましょう!

 

予想に反して展示室内は多くの方が作品を鑑賞されていました(‘◇’)ゞ 若い方も多かったのですが、年配の方の方が多かった印象です。遠くから見たり、近くから見たりと、時間をかけてゆっくり鑑賞される方が多かった印象です。

展示室内は原則撮影禁止となっていましたが、1枚だけ撮影OKの作品がありました。こちらも2mほどの大きなサイズの作品でまじまじと見入ってしまいました。肌の描写もさることながら草木の細かい表現も丁寧に描かれており、リアルさが凄まじかったです^^

鑑賞後はカフェやギャラリーショップでゆっくりしましょう♪

鑑賞後、時間がありましたら「カフェ」や「ギャラリー」でゆっくりするのも良いでしょう。ちなみにデザートセットは1250円~だそうです♪

その横にはショップも併設されていますので、美術関連グッズを見るのも楽しいでしょう!(^^)!

グッズに加えてポストカードや書籍も豊富に並んでいますので、見応えバッチリです♪

渋谷の街は普段より人出が少なめでした。。。

展示を見終わると、もう辺りは真っ暗です。センター街へ行ってみるとここは多くの方が歩いていました。

既に緊急事態宣言が解除されましたので一時期よりはホッとしていますが、、、まだまだ気が抜けません。外出する際はマスクを付けつつ、日々の生活を楽しみながら過ごしましょう♪

インフォメーション

東急Bunkamura ザ・ミュージアム

ホキ美術館

コメント

トップへ戻る