スポンサーリンク

【東京・下北沢】 “世界で最もクールな街”に選ばれた下北沢で「Rojiura Curry SAMURAI」のスープカレーを食べてみよう♪

スポンサーリンク
東京
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

サブカルチャーでお馴染みの下北沢は”カレー激戦区”でもあるんです! 今回は下北沢でも評判の高い「Rojiura Curry SAMURAI」へ行ってきましたのでレポートします♪

Mado
Mado

お店が混みすぎているのがちょっと残念だけど、

とっても美味しかったなぁ~♪

Taro
Taro

ボクも大きくなったらスープカレーを食べてみたいなぁ~(笑)

スポンサーリンク

んどん進化する「下北沢」。

演劇、音楽、アート、古着・・・などなど”サブカルチャーの街”として独特の魅力を発信し続ける「下北沢(シモキタ)」。 近頃は再開発が進み、話題となっていますよね!

世界各国で発行されている情報誌「タイムアウト」が発表した“世界で最もクールな50の街”のひとつに選ばれたんだそうです!!! 海外からも注目されているとは凄い街ですね^^

※なぜかキャラクターの立像が多いです♪ どれもリアルですので、写真撮影にも最適ですね(≧▽≦)

新宿や渋谷から乗り換えなしで10分ほどで到着する、という便利さも魅力ですよね!非日常感を味わいに、下北沢の街へお出かけされてみては如何でしょうか!

多くの飲食店が軒を連ねています♪

「サブカルチャー」が注目されがちな下北沢ですが、飲食店もひしめき合っているんです! 昔ながらの定食屋さんやカフェ、カレーなど、様々なお店が軒を連ねています。

ロボットの看板がオシャレな「Organic & Music Com.Cafe音倉」。オーガニックカフェながらライブハウスも兼ねる、という面白いお店です。

 

こちらのお店は1978年に発売され大ヒットとなった「飛んでイスタンブール」の庄野真代さんが手掛けられたお店なんだそうです! これでイスタンブール(トルコの地名)を知った方も多いのではないでしょうか。

こちらは昭和の雰囲気が漂うレトロな”せんべい屋”の「玉井屋」です。ガラスケースいっぱいに並べられた”せんべい”は、とても綺麗で思わず写真に撮ってしまいますよね!

 

お店に入ると、タイムスリップしたかのような気分が味わえますよ(^^♪ 是非お土産に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

・・・などとプラプラ散策していたらあっという間に日が落ちてしまったので、今回の訪問先へ向かいましょう!!!

「Rojiura Curry SAMURAI」へ到着!

こちらが今回の目的地「Rojlura Curry SAMURAI. 下北沢店」。スープカレーの本場・札幌にある人気店「サムライ」が満を持して東京進出を果たした肝入りのお店なんです♪ 

 

本場のスープカレーの味を東京にいながら味わえる!!と、多くのファンに愛されている為、、、スムーズにお店に入れないのが少々難点なんです。この日も行列ができていて、30分ほど待ったのち、ようやくお店へ入ることができました♪

※30~1時間ほどの待機時間を覚悟してください^^

この日は野菜のカレーを注文しました! オクラやナス、パプリカ、ニンジンなど、多くの野菜が入っていて見た目もとっても素敵です♪ ゴボウがドーンと乗っているのもアクセントになっていてカッコ良いですね!

※スープの種類・辛さ・ライスの量が選べますよ♪

野菜たっぷりでカレーもごはんもよく進みます♪カレーはコクがちょうどよく、とっても美味しいです♪ これにはMadoちゃんも大満足!! 並んだかいがありました^^

 

下北沢エリアで美味しいスープカレーを食べたい!!!という時にはこちらのお店へお邪魔されてみては如何でしょうか??

インフォメーション

Rojiura Curry SAMURAI. 下北沢店(食べログページ)

コメント

トップへ戻る