スポンサーリンク

【東京・奥多摩】大自然の中で「山ごはん」&「山コーヒー」を楽しもう♪

スポンサーリンク
東京
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

奥多摩の人気スポット”鳩ノ巣渓谷”で「山ごはん」&「山コーヒー」を満喫しよう!

Mado
Mado

は~い!山で食べるご飯は

とっても美味しいよね~♪

スポンサーリンク

都内から100分ほどで奥多摩の古里(こり)駅へ到着!

都内からは中央線で青梅まで行き、そこからJR青梅線に乗って数駅。すると、東京都とは思えない山の中へ辿り着くことができるんです。時間にして約100分ほど。本当に近いです!!!

ちなみにこの”鳩ノ巣渓谷”は奥多摩の中でも一番人気の渓谷なんだそうです!私も何度か来ていますが、アクセスの良さやハイキングコースのレベルが絶妙で、人気が出るのも納得です。春から夏にかけては緑が綺麗で、秋は紅葉を楽しむことができちゃいます。冬は寒いので、あまりオススメできません。。。

我々は古里駅で下車し、鳩ノ巣渓谷へ向けて出発しました。駅から30分ほどで河原へ到着しますので、ハイキング初心者の方でも問題ありません(渓谷といってもそこまで険しくありませんのでご安心ください)。

サンダルやヒールは絶対NGです。最低でもスニーカーを履いていきましょう!アウトドア用のしっかりした靴ならGOODです^^

河原へ到着後はランチタイム♪

この辺りには飲食店があまりないため、お弁当等の持参をおススメいたします。駅にコンビニもありますが、予め準備しておくのが良いでしょう!

ちなみに我々はキャンプ用の小型バーナーを持ちこみ、温かいご飯を食べる作戦を考えました。とはいっても1からごはんを作ると大変なので「お湯をかけるだけで温かいご飯ができる商品(保存食)」を持っていきました(サタケ マジックライス、マジックパスタを持参)。

 

※小型バーナーは「SOTO AMICUS SOD-320」を愛用中。火力が強く、多少の風では消えません。ガスカートリッジの安定性が若干悪いので、「カートリッジホルダー」があると良いでしょう。安定度が全然違いますよ(/・ω・)/

 

「SOTO AMICUS SOD-320」についてはこちらを参照ください↓

【オススメの逸品】 ”山コーヒー”が気軽に楽しめる!小型シングルバーナー「SOTO AMICUS(アミカス) SOD-320」をレビュー♪
Naga 山へ登るときは極力荷物を小さく、軽くしたいですよね! 今回は非常に小さなシングルバーナー「AMICUS(アミカス) SOD-320」を紹介します! Mado ...

 

この作戦が大正解でした!!!お湯だけを注ぐだけで簡単に美味しいご飯ができましたので、非常にオススメですよ~♪ ↓このような美味しいご飯が出来上がります(^^)/

ごはんのほかに果物や汁物があると良いでしょう。私もフルーツとインスタントのお味噌汁を持参しました。なぜか山ではインスタントの食事が何倍も美味しく感じるんですよね!!同じものなのに不思議です。この日も大満足のインスタント食品でした♪

 

食後はコーヒータイムです。本当はもう少しこだわりたかったのですが、今回はこちらもインスタントとなりました。。それでもとても美味しいコーヒーを味わうことができました^^

食後は”奥多摩ハイキング”を楽しみましょう!

はじめは平坦な道が続きますが、途中から少し険しいゾーンも登場します。一歩一歩慎重に歩きましょうね。

最後は絶景が味わえる喫茶店で一休み。

山を進むと1件のみ喫茶店が現れます。喫茶店「ぽっぽ」です。こちらのお店はカレーがオススメなのですが、すでにお昼を済ませているため、ケーキを頂いちゃいました(カフェラテも)!

歩いた後の甘いものは本当に美味しいですね!ぺろりと食べてしまいました(笑)

ご馳走様でした~^^

こちらが喫茶店周辺からの景色です。素晴らしい大自然です!!!

そうそう、こちらには「吊り橋」がありますので、用事がなくても是非とも渡ってほしいです。とても楽しいです♪

その景色を見てMadoちゃんも思わず大はしゃぎしちゃいました!!!

「ぴょ~んっ!!!」

このあたりではエリアによってカヌーやラフティングなどもできるようなので、いつかチャレンジしてみたいです。たまには大自然へ行って新鮮な空気を吸ってみるのは如何でしょうか。リフレッシュできますよ!!!

インフォメーション

・絶景カフェぽっぽ:http://www.gallerypoppo.com/test/

・奥多摩観光協会:https://www.okutama.gr.jp/site/sightseeing/

・サタケ マジックライス:https://satake-japan.co.jp/products/foods/hozonsyoku/000112.html

コメント

トップへ戻る