スポンサーリンク

【静岡・浜松&都田(みやこだ)】 北欧を感じることができる宿「白のMINKA(ミンカ)」へ行ってみた♪

スポンサーリンク
東海~近畿
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

”北欧デザイン”をテーマに掲げた宿があると知り、静岡県の浜松市へお邪魔してきました♪ 中途半端な感じは一切なく、本格的過ぎて満足しちゃいましたっ(*‘ω‘ *)/

Mado
Mado

部屋の雰囲気がとっても素敵だったね!

また泊まってみたいなぁ~♪

Taro
Taro

今度はボクも遊びに行きたいなぁ~^^バブー♪

スポンサーリンク

「白のMINKA(ミンカ)」とは?

今回お邪魔したのは静岡県浜松市の都田(みやこだ)にある唯一の宿泊施設。「ドロフィーズキャンパス」内に構える「白のMINKA(ミンカ)」です。 以前雑誌(オズマガジン)で紹介されていて気になっていたのですが、ようやく泊まることができました~♪

※宿泊したのはコロナが本格化する前の2020年2月です。

OZmagazine (オズマガジン) 2018年 06月号 [雑誌] | オズマガジン編集部 | 女性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
Amazonでオズマガジン編集部のOZmagazine (オズマガジン) 2018年 06月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

宿のコンセプトは”日本人の生活の場にあった「小さな民家」をもとに 日本文化の深化と北欧デザインとの融合”。日本文化と北欧デザインを混ぜ合わせた宿はとても珍しく、面白い試みですよね! 築120年の古民家をリノベーションして作られた可愛らしい宿泊施設です。 どんな雰囲気なのか?楽しみですね~(^^♪

 

※「ドロフィーズキャンパス」へお邪魔した際の様子はこちらを参照ください↓

【静岡・浜松&都田(みやこだ)】 とっても贅沢!!! 北欧の名作チェアが並ぶ「ドロフィーズカフェ」へ行ってみた♪
Naga リノベーションされた築70年の古民家で本物の北欧家具に触れられるカフェがあると聞いて、「都田(みやこだ)」へお邪魔してきました~('ω')ノ Mado ドロフィーズ...

「白のMINKA(ミンカ)」へ到着!

「ドロフィーズキャンパス」から3分ほど歩くと「白のMINKA(ミンカ)」が現れます。とっても可愛らしい建物でテンションが上がっちゃいます!!! 三角屋根や白が基調の配色など、”北欧感”バッチリです!

 

※場所は浜松市の”都田(みやこだ)”となります。首都圏からは新幹線で「掛川」もしくは「浜松」へ行き、「天浜線/天竜浜名湖鉄道)」に乗って向かいましょう♪

中へ入るとヤコブセンの「エッグチェア」が出迎えてくれました! 1Fロビーは”北欧感”バッチリです(・´з`・) 正面には大きな窓があり、名作椅子や大きなソファーが用意されています。これは”座ってください”と言われている気がしたので、遠慮なく座らせてもらいました(笑)

 

※奥にはジェルデ社のフロアランプ「JIELDE 1260 FLOOR LAMP」や、ウェグナーの「GE240」のような”一人用チェア”がありますね♪ 羨ましいっ^^

やはり、良いソファーは良いですね♪ 座った際の満足感が全く違います。 さらに、ここへ座ると”浜松の大自然”が我々を迎えてくれるんです。とっても贅沢な設計ですね!!! 

※ 左側の椅子はオーレ・ヴァンシャーの代表作「コロニアルチェア」、奥にある照明はヤコブセンの名作「Louis Poulsen(ルイスポールセン)AJ テーブル」ですね!

 

都会で生活していると、このような風景をゆったりと眺める時間もタイミングもないので、とっても新鮮でした^^ 旅の疲れも(普段の疲れも)癒されちゃいますね!

さらに、ウェルカムドリンクのサービスがありました♪ ちょうど何か飲みたいな、、と思っていたので、とても嬉しかったです! ハーブティーを飲みながら、さらに寛いでしまいました(笑)これ、本当にいいですね♪

 

ちなみに朝食はセルフサービスになっており、こちらのロビーで頂くことができます。このような素敵な場所で朝食を頂けるとは楽しみですね! また、夕飯は併設されているレストラン「9sense dining」で頂きました♪ この様子は下記を参照ください↓

【静岡・浜松&都田(みやこだ)】 北欧を感じることができるレストラン「9sense dining」へ行ってみた♪
Naga ”北欧デザイン”をテーマに掲げた”白のMINKA(ミンカ)”が手掛けるレストラン「9sense dining」へ行ってきました♪ 味も見た目もとっても良く、大満足でしたっ(*‘ω‘ *)/ ...

次に客室を見てみましょう! まずは「HANA(3名用)」へ!

今回は5名での旅となりましたので、2部屋を予約しました。せっかくなのでどのような部屋なのか?覗いてみましょう^^ 1部屋目はロビーの上にあるようです。

 

「HANA」のドアを開けると、中央にハシゴのような階段がある、珍しい構造となっていました^^天井には古材の柱が使われていて、迫力がありました。

正面にはヤコブセンがデザインした「エッグチェア」とウェグナーがデザインした「ベアチェア」を合わせたようなラウンジチェアがドーンと置かれていました! リビングにラウンジチェアが1つあると良いですよね♪

 

※調べてみると岩倉榮利氏デザインの「IE-03」という椅子だとわかりました。座らせてもらいましたが、背中全体を包み込んでくれるような贅沢な座り心地でした♪

部屋には必要最低限の設備とアメニティが揃っていました!十分すぎる充実度で驚きました。決して広くはない部屋ですが、計算されて置かれている為か、あまり狭さを感じませんでした。

残念ながらお風呂はありませんので、シャワーでリラックスしましょう!

ちなみにこの2Fはウッドデッキテラスとなっていて、リラックスできる椅子も設置されていました。宿泊者なら誰でも使えるようです。ご覧の通りハンモックのように上から吊られていますので、ブラ~っとできて楽しかったです♪

「HANA」の部屋をじ~っと見ていたらいつの間にか辺りが暗くなってきました。ライトアップされた雰囲気も素敵ですね!

次に「KUSA(2名用)」へ!

では、続いて「KUSA」の部屋へ行ってみましょう♪ こちらは道路を挟んだ向かい側の建物となります。ライトアップされると綺麗ですね!!

1Fは共用部となっています。ソファーやテーブルに目が行きがちですが、こちらでの注目は手前側に2脚設置されている、ウェグナーの「ピーコックチェア」になります!孔雀が、優雅に羽を広げたようなデザインで北欧デザインファンなら一度は座ってみたい椅子の一つです(笑) なんと本物は1脚100万円ほどしますので、、、2脚も並んでおかれているとは、、贅沢すぎます・・・!

 

高級な椅子を堪能した後は2Fに上がり、客室「KUSA」へ向かいましょう。先ほどの「HANA」と同様、ロフト形式で寝室はロフト部となっています♪

こちらも白を基調とした配色で”北欧感”バッチリです!  真似したくなるインテリアです^^

さらに、この部屋には贅沢にイームズの「ラウンジチェア&オットマン」とウェグナーの「Yチェア」が置かれていました!もちろん2点とも本物です。部屋に名作チェアが置かれているとは、、テンションが上がってしまいますね!

寝室はこのようになっています。少し天井が低めですが、頭をぶつけないよう、頑張りましょう^^

角に配置された無垢材のデスク、良いですよね!このような書斎に憧れます^^

机をよく見ると、、、手書きのメッセージカードが置かれていました。細かいところですが、このような配慮は有難いですね!

※スタッフさんによると、ここではスタッフ同士を「〇〇さん」ではなく「〇〇ちゃん」と呼び合うんだそうです^^ 面白い試みですよね!

※インテリアの話に付き合っていただいた”まっちゃん”さん、あの時はありがとうございました♪

 

素敵な建物やインテリアに囲まれ、この日はゆっくりと休むことができました♪ いままで多くの宿へ泊ってきましたが、国内でここまで多くの名作家具を導入している宿は他にはないのではないでしょうか。北欧好きにはたまらない宿の一つとなりました^^ 北欧マニアにはオススメですよ♪

インフォメーション

白のMINKA(ミンカ) 公式ページ

コメント

トップへ戻る