スポンサーリンク

【新潟・新潟市】 漫画「ドカベン」の作者”水島新司さん”の生まれ育った”新潟の観光スポット”を回ってみよう♪

スポンサーリンク
北陸~甲信越
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回は野球漫画「ドカベン」の作者”水島新司さん”の生まれ育った”新潟の観光スポット”をいくつかレポートします(^^♪ 勿論、野球ファン以外でも楽しめますのでご安心ください♪

Mado
Mado

野球は詳しくないけど、「ドカベン」は知ってるよ!!

Taro
Taro

ボクも大きくなったらホームランを打ってみたいなぁ~^^バブー♪

スポンサーリンク

まずは新潟屈指のパワースポット「彌彦(やひこ)神社」へGO!

今回は新潟出身のK君に案内をお願いし、いくつかの観光スポットを回ってきました♪ お邪魔したのは夏でしたので、田んぼがとても綺麗でした。 新潟周辺でも様々なスポットがありますが、まずはパワースポットで有名な「彌彦神社」へお邪魔することになりました!

市内から車で1時間ほど走ると「彌彦神社」へ到着します。比較的アクセス後良いのが良いですね!

電車で向かう場合は「燕三条」駅でJR弥彦線に乗り換え、終点の「弥彦」駅で下車します。徒歩で15分ほどで到着しますよ!

創建から二千年以上の歴史があり、万葉集にも歌われている由緒正しい古社なんです。仕事運や縁結びのパワーが授かれるとも言われています。

 

正面から本殿(拝殿)を見ると、背にそびえるご神体・弥彦山と立派な木々が出迎えてくれ、とても幻想的な雰囲気です。下記は朝の様子だそうですが、とても良い雰囲気ですよね!

※国の重要文化財に指定されているんだそうです。

※公式ページより

この雰囲気であれば、素晴らしく強力なパワーを感じられる気がします。次は早朝にお邪魔したいです。

※ここでの作法は「2礼4拍手1礼」と通常の神社よりも2回拍手が多くするのが決まりだそうです。心をこめて神様にご挨拶をしましょう^^

続いて、弥彦競輪」へ!

つづいて、神社の近くにある競輪場「弥彦競輪」へお邪魔しましょう! 実は私はこれまで競輪場へお邪魔したことがなく、人生初の競輪場訪問となりました。

 

ここは海や山に囲まれていて、とても自然が豊かなスタジアムだなぁ~と感じました(^^♪ ここまで自然に囲まれたスタジアムはないのではないでしょうか。

中へ入ってみると、想像より選手との距離が近く、とても迫力がありました!!! スピードもとても速く、とても興奮してしまいました!!!

よく見ると、どの選手も太ももがとてもガッチリしていて驚きました(゚Д゚;) 一般人だとここまでスピードが出ませんので、尋常ではないトレーニングを重ねているんだと思われます♪

お昼は「海の幸」を頂きました♪

新潟県は海に面していますので、海の幸がとっても豊富なんです! 可能な限り、海の幸を満喫されるのが良いでしょう♪

我々も海の幸を頂き、大満足♪ 旅の疲れが一気に吹き飛んでしまいました^^ 海辺も近いので行ってみましたが、この日は少々肌寒く、泳いでいる方はいませんでした。

※そもそも遊泳禁止区域ですので泳いでいなかったものと思われます。

ドカベンの世界を味わうべく「豊栄バッティングセンター」へ向かいましょう!

次に、ドカベン気分を味わうため、バッティングセンターへお邪魔してみました! 都内のバッティングセンターとは違ってとても広く作られていました。羨ましいですね!!

体育会系のK君はサンダルにもかかわらずヒット性の当たりを連発して、我々を驚かせてくれました!さすがですね!!! 残念ながら私はなんとか数本当たるのみ。それでも久々のバッティングセンターはとても楽しかったです^^

市内が見渡せる無料展望台「Befcoばかうけ展望室」へ!

時間があったので、デートスポットの「Befcoばかうけ展望室」へ寄ってもらいました。「朱鷺(とき)メッセ」31階、地上約125mに位置する展望室は市内が一望できて楽しいですよ^^ やはり、この日も数組のカップルが肩を組んでいました♪

 

こちらは日本海側随一の高さを誇り、新潟市街地はもちろん、日本海、佐渡島、五頭連峰などの360度の大パノラマを楽しめるスポットなんだそうです! 夜も開いていますので、夜景目当てでお邪魔するのも楽しそうですね^^

最後は「ドカベン像」と記念撮影♪

最後は、中心部の古町にある通称「ドカベンロード」へ行ってみましょう! こちらはドカベンなどのマンガで有名な水島新司さんのキャラクター銅像が並ぶ商店街モールとなっています。 銅像のサイズはほぼ原寸大ですので、記念撮影にピッタリなんです!!!

※正式名称は「水島新司まんがストリート」なんだそうです

 

↑こちらは悪玉打ちの豪快野郎、岩鬼正美です。トレードマークの「加えた葉っぱ」も見事に再現されています♪

↑そしてこちらが「ドカベン」の主人公、山田太郎!フルスイングする様子が見事に立体化されています♪  バットのしなり具合が絶妙な造形でカッコ良いですね!  迫力がありすぎてとても感激しました。もちろん、記念撮影も撮りました♪

 

以上、水島漫画ファンにはたまらないドカベンロードの紹介でした^^ 新潟へお出かけの際は、「ドカベン」を予習してから行かれてみると、より楽しい旅行になりますよ(*^_^*)

インフォメーション

彌彦(やひこ)神社 公式ページ

弥彦競輪 公式ページ

豊栄バッティングセンター(ツイッター)

Befcoばかうけ展望室 公式ページ

コメント

トップへ戻る