スポンサーリンク

【チェコ・チェスキークロムロフ】 「世界で一番美しい街」として知られる「チェスキー・クロムロフ」へ行ってみよう♪

スポンサーリンク
ヨーロッパ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回は「世界一美しい街」と称されるチェコの街「チェスキー・クロムロフ」紹介したいと思います!

Mado
Mado

「世界一」とは気になるねぇ!!!

どんな街か?気になるなっ♪

Taro
Taro

将来、ボクも将来、行ってみたいな^^バブー♪

スポンサーリンク

「絵本の世界」に出てきそうな、素敵な街並みです!

ここへ足を踏み入れると、ゲームやアニメ、映画の世界に入ったような不思議な世界観が味わえます! どこを見ても美しいです^^

冬は雪が降りますので、防寒対策も忘れずに行っていただきたいです。 ただ、冬(観光オフシーズン)のためか?少々人が少ないように感じました。

他の国にある「旧市街」と比べても”街の活気”があまり感じられないような気もします・・・。

チェコの名物となっている「マリオネット」を販売しているお店もありました^^

※チェコの人形劇は、当時の政治の風刺や社会的メッセージが組み込まれるものもあり、子供だけではなく大人も楽しめる内容になっているんだそうです!

 

※「チェコ」へお出かけの際は、チェコ製の二眼レフカメラ「フレクサレット」を持って行きたかったです(いつかはリベンジしたいです!)。 こちらに関しては下記を参照ください↓

【カメラの話】 チェコ製のオシャレな二眼レフカメラ「Flexaret(フレクサレット) VI」を使ってみよう♪
Naga 二眼レフカメラといえば黒いイメージがありますが、、、チェコ製の二眼レフカメラにはグレーでオシャレなカメラもあるんです♪今回はそちらを紹介します! Mado はいー!...

 

旧市街の中心部にある「スヴォルノスティー広場」へ行ってみましょう!

こちらには市庁舎やインフォメーションセンター、教会などがあります。観光客はもちろん、地元の方も多く利用されています。

この日は見られませんでしたが、アイスクリームの屋台が出ることもあるんだそうです!!!

続いて、街の中心部にある「チェスキー・クロムロフ城」へ!

それでは、街のシンボルとなっている「チェスキー・クルムロフ城」へ行ってみましょう! こちらはボヘミア地方最大の城で、チェコ国内でも「プラハ城」に次ぐ規模を誇る城なんだそうです!

※とはいっても全体的には”小ぶり”な城ですのでご注意ください!

 

もともとは13世紀にゴシック様式で建てられたものの、増改築が繰り返されてルネサンス様式やバロック様式の建物が混在する、一風変わったお城となっています^^

少し上へ上がるだけで、街が綺麗にみえました^^ さらに、塔の内部へ入るともっと綺麗に見える、という事で、お邪魔してきました。

塔を登ると、街が一望できます!

13世紀に作られた、という事もあり内部は非常にレトロな空間が広がっていました。日本ではなかなか見かけない雰囲気です。

※耐震性は大丈夫かなっ??と気になってしまうレベルでした(笑)

展望台に到着すると、とても空気が心地良く、街全体が一望できました^^ ただ、フェンスなどはありませんので、落下にはご注意くださいね!

冬(オフシーズン)のため、観光客はまばらでしたが、この塔には多くの人が集まっていました。この街へ来たのなら、登っておいて損はないでしょう!

よく見ると、、、”だまし絵”が多用されています!

このお城は装飾が凄いなぁ~、、、と思ってよく見たら、、、あれ?? これは立体ではなく「絵」ではないですか!!!

こちらの壁も、

こちらの壁も、、

こちらのレンガも、、、全て「絵」ですね!!!

 

どうやら、街全体が”財政難”だったために、建設費用を削減するためにこの手法がとられたんだそうです!日本ではなかなか見ない例ですよね♪

今は綺麗な街ですが、歴史に振り回されてきた街でもあるんです。。。

気になって調べてみると、、、今では綺麗な街となっているものの、歴史に翻弄されてきた過去があったことがわかりました。日本に住んでいるとあまり感じられない”歴史問題”がヨーロッパでは”普通”に存在しているんだな、という事を改めて感じさせられました。

 

13世紀以降統治してきたローゼンベルク家が財政破綻し、1719年にシュヴァルツェンベルク家が相続し、街の建築様式がバロック様式へと一変。その後、1867年にオーストリア=ハンガリー帝国の支配に、第一次世界大戦後にはチェコスロヴァキア領となり、1938年にナチス・ドイツが併合。第二次世界大戦にはソビエト系の共産主義支配となり、一時は人口が減って活気が失われてしまったんだそうです。。。

そして、1992年に世界遺産に認定されたことにより投資が本格化し、今のように綺麗な街として生まれ変わったそうです! 92年といえば今から約30年前ですので、比較的最近の出来事ですよね^^ いまなおヨーロッパをはじめ世界では「歴史(民族)問題」がある事を肝に銘じ、細心の注意を持つようにいたします。

最後に、名物「マス料理」&「ビール」を堪能しましょう!

お腹が空いたところで、名物料理を堪能しましょう!今回入ったレストランは雰囲気が良く、シャッターを押してしまいました♪ 天井が石(レンガ)でできています^^

早速、注文した「マス料理」&「ビール」が運ばれてきました! 料理はワンプレートに魚とジャガイモが大雑把に並べられています! 食べてみると、皮はパリパリ、身はふっくらしていました。日本人の口にも合う料理だと思います(‘◇’)ゞ

 

「チェコ」といえば日本でも主流となっているビールの醸造法「ピルスナー」の発祥の地でビール消費量も多い「ビール大国」なんです! 食事の時は一緒に注文しましょうね^^

歴史に翻弄されながらも今は綺麗に生まれ変わった「チェスキー・クロムロフ」へ訪問されてみては如何でしょうか。是非「マス料理」や「ビール」もたくさん堪能しましょうね♪

 

インフォメーション

チェスキー・クロムロフ(H.I.S. WEBページ)

コメント

トップへ戻る