スポンサーリンク

【宮崎・日南】 宮崎県最大級のパワースポット且つ絶景スポット「鵜戸神宮(うどじんぐう)」へ行ってみた!

九州~沖縄
この記事は約4分で読めます。
Naga
Naga

今回は宮崎県について触れてみたいと思います♪まずは超メジャースポット「鵜戸神宮」を紹介いたします(*^^)v

※こちらは数年前の写真となります

Mado
Mado

宮崎県は暖かそうでいいなぁ~(*ノωノ) 関東は寒いので、冬の時期に行ってみたいな!

スポンサーリンク

九州の南に位置する「宮崎県」へ到着♪

当ブログ内で初の「宮崎県」記事となります~♪ 宮崎県といえば温暖な気候を活かして作られるマンゴー、日向夏、ライチなどの「フルーツ」や、国内有数の畜産県でもあり、炭火で焼くととっても美味しい「地鶏」、プロ野球「読売巨人軍」「ソフトバンク」「オリックス」の「キャンプ地」などでもお馴染みですよね!(^^)!

 

東京にも進出している居酒屋チェーン店「塚田農場」でも美味しい地鶏「じとっこ」を食べることができますよね!最近はあまり行けていませんが・・・、また行きたくなってしまいました。

その他には、少し昔の話となりますが、東国原英夫さんが知事を務めたことでも話題になりましたよね!「どげんかせんといかん!」は2007年に流行語大賞に選ばれたことにより、一気に宮崎県の知名度が上がったように思います(*^^)v

 

今回は飛行機で向かいましたが、時間に余裕のある方はフェリーで行くのもいいでしょう♪ 東京(有明)~北九州を運行する「オーシャン東九フェリー」では徳島県を経由するため2日ほどかかってしまいますが、2名個室で1人15,000円というリーズナブルな料金です。是非ご検討いただきたいです♪

はじめは同じ日本とは思えない南国っぷりで驚いていましたが、ず~っと見ているとこれが普通なのか、、と、次第に驚かなくなってしまいました。”慣れ”って不思議ですね(笑)

 

ビーチにヤシの木が生えていてハワイのような雰囲気になっていたり、バナナの木が生えていると考えると、日本とは思えない不思議な環境ですよね♪ 改めて日本列島の巨大さ・凄さを痛感しました。

 

日本三大下り宮の1つ「鵜戸神宮(うどじんぐう)」へ到着!

宮崎空港から路線バスに乗ると、約1時間ほどで「鵜戸神宮」へ到着します。電車、車でもアクセス可能ですが、市内の中心部からは少し離れていますのでご注意ください!

中へ入ると、真横に海が現れるんです!なんと、ここは海の断崖絶壁にある神社なんです!! このようなシチュエーションの神宮はなかなか見かけないので非常に珍しいです(^^♪ なかなかの絶景が楽しめますよ^^

 

この日は天気がイマイチでしたが、晴れていればとても綺麗な写真が撮れたのではないでしょうか。またリベンジしたいです♪

 

石段を下りると「本殿」が見えてきます!

正直なところ、この「石段」が結構キツイです。。。往復共に「石段」となりますので、足腰に自信がない方は筋力を付けてから行かれることをおススメいたします。下の中央の建物は「本殿」ではなく「手水舎」です。まずはこちらで手を清めましょう。

※本殿は左奥の「洞窟の中」にあるんです!神秘的ですよね(/・ω・)/

 

その後、「運玉」と呼ばれる直径3センチほどの素焼きの玉を購入してみましょう。1セット5個入りです。

※写真がなくて申し訳ございません。。。

その「運玉」を崖の下のある目標に向かって投げ入れるのが「運試し」となっています。ですが、目標は5~6メートル先と、かなり遠いです。。。

私も挑戦してみたのですが、かなり難しく、、残念ながら1個も輪の中へ入りませんでした・・・。入った方は相当な強運の持ち主だと思われます♪

※この周囲は本当に危険ですので、間違っても下へ降りないようご注意ください!

 

最後に本殿で参拝しましょう!

こちらが洞窟の中にある「本殿」です。外は断崖絶壁で波の音が騒々しいのですが、この中はし~んと静まり返っていて、神秘的な雰囲気が漂っています。

 

この洞窟の広さは300坪ほどと、予想外に広いです。採掘されたのか、本殿がピッタリ収まっています^^ 奥には願いが叶うとされる「撫でうさぎ」、「御霊石」、「お乳岩」がありますので、そちらも忘れずに拝んで帰りましょう!

※かなり暗いので、高感度に強いカメラがあると安心でしょう。

一通り参拝が終わり、石段を上がり、帰宅の途につきました。この断崖絶壁の「鵜戸神宮」は非常にインパクトが強く、とても印象に残った神宮の一つです。多くのパワーをもらうことができましたので、また明日から頑張りたいと思います♪

夕日がとても綺麗でした♪

帰るころにはもう夕方。結構な時間を参拝していました。石段を赤く照らす夕日がとても綺麗でした♪ もちろん、夜は宮崎グルメを満喫しました。美味しいお酒もたくさんありますので、こちらも忘れずに堪能してください♪

次の旅行は宮崎へ行かれてみるのは如何でしょうか?

 

 

インフォメーション

オーシャン東九フェリー

鵜戸神宮

コメント

トップへ戻る