スポンサーリンク

【子供の話】 ”安産祈願”に「水天宮」へ行ってみよう♪ ※非常に混むのでご注意くださいっ!!!

スポンサーリンク
子供の話
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

東京・日本橋にある「水天宮」は安産祈願で有名ですよね!!!

コロナで騒がれる前に参拝してきましたので、今回はその様子をレポートいたします♪

Mado
Mado

東京で安産祈願と聞くと「水天宮」が最も有名ですよね♪

アクセス、参拝方法などをまとめてみましたので参考にしてみてください!

スポンサーリンク

東京にある「水天宮」とは?

赤ちゃんを授かったら誰もが出産の無事を祈りたいものですよね!安産で有名な神社はたくさんありますが、都内では「水天宮」が最も有名ではないでしょうか。

「水天宮」は福岡県・久留米市に総本宮を構える神宮で、東京にあるのは「分社」という事をご存知でしたでしょうか?私は知りませんでした・・・! 「水天宮(久留米市)」では天御中主神、平家ゆかりの安徳天皇、高倉平中宮、二位の尼の4柱の神をお祀りしている由緒ある神宮なんだそうです。

※全国にある「水天宮」もこちらの分社なんだそうです。

「水天宮」では”戌(いぬ)の日の安産祈願”が大人気なんです!

日本橋にある「水天宮」では戌の日になると多くの妊婦さんが安産祈願に訪れます。非常に多くの方が集まるために待ち時間が長く、初穂料(代金)も高いのにも関わらずとっても人気なんです♪特に戌の日が大安に重なるとさらに待ち時間が長くなるんだそうです(;´Д`)

 

そもそもなぜ戌の日なのか?という事について、私も良くわかっていなかったので調べてみたところ、、、動物の中でもお産が軽く、多産として知られているからなんだそうです。そのために犬は安産の守り神としても親しまれているんだそうです。腹帯を巻いて安産祈願するようになったのもこの流れなんだそうですよ!

 

戌の日は12日に1回訪れますので、月2回ほどやってきます。2020年5月以降の戌の日は下記となりますのでご確認ください↓

5月 7(木)・19(火)・31(日)
6月 12(金)・24(水)
7月 6(月)・18(土)・30(木)
8月 11(火)・23(日)
9月 4(金)・16(水)・28(月)
10月 10(土)・22(木)
11月 3(火・祝)・15(日)・27(金)
12月 9(水)・21(月)
※土日祝の祈願は非常に混みますので、可能であれば避けるのが良いでしょう。

安産祈願を行うのは”5か月目に入った最初の戌の日”が良いとされています!

妊娠初期の妊婦さんはつわりなどの症状がありますので、一般的に「安定期」と呼ばれる5か月目の戌の日の参拝が良いとされています。ただし、個人差もありますので、「5か月目」でなくてはならないという事は全くありません!体調が優れる日にお出かけするのが良いでしょう(^^♪

 

我々は5か月目の祈願の前に、一度お参りしてきました。地下鉄に乗って人形町駅で下車し、水天宮へ向かって歩き始めました。 観光地という事もあり、多くの方で賑わっていました。人形町という事もあり「人形焼き」がとても売れていました(^O^)/

お買い物は後回しにして、「水天宮」へ向かいました!

「水天宮」へのアクセスは比較的スムーズです(^^♪

「水天宮」は地下鉄半蔵門線「水天宮前」から徒歩2分ほど、浅草線「人形町」からも徒歩5分ほどと、妊婦さんでも楽にアクセスできるでしょう。 地上に出ればサインがありますので初めての方でも大丈夫ですよ。

「水天宮」に着くと「階段」があるんです。これはちょっと大変です。。。手すりもありますので、ゆっくり上がって頂きたいです。

この日はガラガラでしたが、戌の日には人が集中します。くれぐれも転倒などケガをされないよう、お気を付けくださいね!

早速中へ入ってみましょう!

階段を上がると大きな「狛犬」が迎えてくれます。まずは手を清めて奥へ進みましょう!

※こちらはブリヂストンの創立者である石橋正二郎氏によるご奉納なんだそうです!

正面には「本殿」がありますが、普通の日(土日)でもこのくらい混んでいました。。。少しの待機は覚悟しましょうね(; ・`д・´)

参拝が終わったら、「子宝いぬ」と「安産子育河童」にもご挨拶しましょう! ←これ、けっこう重要です!!!

「子宝いぬ」と「安産子育河童」へご挨拶(^^♪

まずは「子宝いぬ」です。子犬を見つめる母親の優しい雰囲気が伝わってくる力作です!

周囲を取り巻く十二支のうち自分の干支を撫でると安産、子授け、無事成長など様々なご利益があるといわれています。

 

次に「安産子育河童」です。可愛らしいお母さんの河童像と思いきや、、、良く見ると子供が乗っています(*‘∀‘)

お母さんの肩に子供が乗っているな・・と思ったら足と胸にも赤ちゃん河童がしがみついていました!

赤ちゃんたちは安心しているのか眠っているように落ち着いています。やはりお母さんのそばは居心地が良いのでしょうか(*‘∀‘)

この日は参拝を済ませて「水天宮」を後にしました(‘◇’)ゞ 当日初めてお邪魔すると焦りますが、一度来ておくと様子が分かって安心しましたよ。余裕がありましたら、一度寄られてみる事をオススメいたします。

2回目の参拝「戌の日の安産祈願」へGO!!!

そして、ついに本番を迎えました! なんと、予約はできないそうなので、、、ひたすら並ぶしかないんだそうです・・・(ToT)/~~~ 

 

受付開始は朝8時という事ですので、30分ほど前に着けばよいかな・・・と思って7時半頃に着いたのですが、既に長蛇の列でした(>_<) やはり普段の人は異なり、込み具合が全然違います!ですが、比較的前の方に並んでいたようで、運良く2巡目に中へ入ることができました。

 

その場で受付をし、初穂料(5000円~8000円ほど)を支払います。その後に中で祈祷が行われ、9時前には無事に終了いたしました。

※戌の日のご祈祷は本人もしくは代理人の方1名しか中へ入れませんのでご注意ください。

※祈祷後は下記のような袋が貰えます。お札などが入っています。

服装は特に決まりがないようですので好みのもので良いでしょう。親戚と集まって一緒に行くのもダメではないですが、境内は大変混み合いますので、少人数で行かれることをオススメいたします。

「子宝いぬ」、「安産子育河童」にも長蛇の列ができています。2~30分は待ったでしょうか。

※こちらもご注意くださいね。

朝7時半から並び、祈祷を済ませ、「本殿」「子宝いぬ」「安産子育河童」などのお参りが終わったのは朝10時ころでしょうか。予想以上に時間がかかりますので余裕を持ったスケジュールを組んでおくと良いでしょう。

 

次は「お宮参り」に「水天宮」へお邪魔したいと思います♪ 元気な子供が生まれてくることを祈っていますよ~(*‘∀‘)

インフォメーション

水天宮(東京)

水天宮(久留米)

コメント

トップへ戻る