スポンサーリンク

【ドイツ・ケルン】 螺旋階段がひたすら続く!世界最大級の大聖堂「ケルン大聖堂」を登ってみよう♪

ヨーロッパ
この記事は約3分で読めます。
Naga
Naga

ゴシック様式の大聖堂としては世界最大の建築物「ケルン大聖堂」。なんと階段で登ることができると聞いて、チャレンジしてきました(^^♪

Mado
Mado

階段で1000段とは、、、かなりキツイね。。。

私は遠慮しておこうかな・・・。

スポンサーリンク

ドイツの都市「ケルン」へ向かいましょう!

「ケルン」は首都「ベルリン」、サッカーチーム・ハンブルガーSV(かつて日本代表・酒井高徳選手が所属していた)でお馴染みの「ハンブルク」、ノイシュバンシュタイン城でお馴染みの「ミュンヘン」に次いで4番目に大きい都市なんです(^^♪ 

ライン川の湖畔に位置し、重工業が盛んな一方、オーデコロンの生産も行われているんだそうです♪

ドイツでは1919年にヴァルター・グロピウスによって美術学校「バウハウス」が設立されたことで工芸&デザインの考えが広く普及し、工業大国となりました♪ シェーバーやオーディオで有名なブラウン、車業界でお馴染みのベンツやフォルクスワーゲン、カメラの原型を作ったライカなど、しっかりした製品で今でも世界中に愛されていますよね!

 

その考え方が浸透しているせいか、街中もとてもきっちりと作られているように感じました。道幅も広く、建物の建築も素晴らしく、車も無駄がなくシンプル。大型バスもメチャクチャカッコ良かったです! デザイン好きな私としては歩いているだけで満足できちゃいます(^^♪

散策していると取材をしているクルーを発見しました。2月という事で日中でもとても寒かったです。レポーターさんやスタッフさんもとっても寒そうです!

その近くには”おさるさん”を背負った少年くんが。背負っているようで可愛らしいですね!

※お母さんに引っ張られいている様子も微笑ましいですね(^^♪

挨拶したらこちらを向いてくれました! そのようなシーンに遭遇したらドイツ語で「Guten Tag.」と声をかけてみましょうね(*^^*)

ケルン大聖堂へ到着!上へ登ってみましょう♪

それでは本題の「ケルン大聖堂」へ行ってみましょう!毎年600万人が訪れる有名観光地との事なのですが、2月は閑散期のため、観光客は少なめでした。これは登りやすくていいですね!!!

 

現存する建物は3代目なんだそうです。完成したのは今から100年以上前の1880年。高さ157mの大聖堂は当時世界最大だったそうです♪

 

上まで登れることはあまり知られていませんが、4ユーロを払えば誰でも登れちゃうんです! しかし、問題がひとつ。なんとエレベーターがないんです(>_<) すべて階段となり、片道523段っ!!!往復で1000段を超えます(゚Д゚)ノ

※途中でリタイヤできませんので、不安な方は避けておいた方が無難でしょう。

中へ入ると延々とらせん状の階段が続きます。壁を見ると落書きだらけです(笑) 100年以上前のものもあるのでしょうか(^^♪

さらに、階段が1つしかないんです・・・!登る人も降りる人も同じ階段を使わなきゃいけないんです!!! これはかなり大変です(=゚ω゚)ノ 大きな方とすれ違うとかなり窮屈になりますのでご注意ください!!!

コメント

トップへ戻る