スポンサーリンク

【ベルギー・ブリュッセル】 世界遺産&チョコレート&ワッフルを一挙に楽しもう♪

スポンサーリンク
ヨーロッパ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回は九州と同じくらいの面積の国「ベルギー」の首都「ブリュッセル」の観光スポットについて紹介したいと思います!

Mado
Mado

 

ブリュッセルといえばチョコレートとワッフルが有名だよね!

とっても美味しかったな~♪

Taro
Taro

ボクも将来、本場のベルギーワッフルを食べてみたいな^^バブー♪

スポンサーリンク

「ベルギー王国」とは?

西ヨーロッパに位置する「ベルギー王国(英語名:Kingdom of Belgium)」。首都は「ブリュッセル」です。人口1000万人ほどの国です。面積は3万平方キロメートルほどと、九州ほどの大きさなんだそうです!

公用語は3つあり、公共機関ではフランス語とオランダ語の表示が義務付けられています。日本語だけで育ってきた我々の環境とは全く違いますね。。。

ベルギーといえば「ビール大国」としても知られていますよね! 道端にも可愛らしい瓶が落ちていました。

 

ベルギーには100以上のビール醸造所があり、そこから造り出されるビールの種類は1500を越えるとも言われているんです!!!味、色、アルコール度数など様々なビールが存在しますので、お気に入りの一本を探してみるのは如何でしょうか!

ちなみに冬はとっても寒いんです。タイミングによっては雪も降ります!!!

ビールを飲みすぎて風邪を引かないよう、冬の時期にお邪魔する際は防寒グッズを忘れずに臨みましょう♪

世界遺産「グラン・プラス」

まず始めに紹介するのは1998年に世界遺産にも登録された広場「グラン・プラス」です。ブリュッセルの中心部に位置しする長方形の広場です。

周囲はお店に囲まれ、夜になると綺麗にライトアップされます♪ 幻想的でとっても美しいです^^

この広場は石畳で覆われており、夜間に撮影すると周囲の光で地面が綺麗に反射してくれるように輝いてくれます♪ 是非、夜景写真にチャレンジしてほしいスポットです。

撫でると幸せになれる英雄の像「セルクラースの像」

次に紹介するのがこの「グラン・プラス広場」の脇にある「セルクラースの像」です。金色でピカピカに光っています。中世の時代に英雄となった「セルクラース」氏は、残念ながらこの場所で暗殺されてしまいます。。。その後、彼の栄光を称えてこの場所に像が設置されました。

現在、この像を触ると幸せになれるというジンクスが伝えられているんです。私もタッチさせていただきました♪長い間、多くの観光客に触れているため、ピカピカと光っているんです^^

日本でもお馴染みの「小便小僧」

次に紹介するのは日本でもお馴染みとなっている少年の像「小便小僧」です。近くに行くと多くの観光客で賑わっており、一目でわかりました(笑)

こちらがブリュッセルを代表する「小便小僧」です。1619年に彫刻家のジェローム・デュケノワ氏が制作した作品なんだそうです。高さは約60センチで「ジュリアン君」という愛称が付けられ、地元の人から親しまれているんだそうです♪

 

日本にも各所に彼の像がありますので、ぜひ訪ねてみたいですね。 特に大歩危で有名な祖谷渓(いやけい・徳島県)にある「小便小僧」は是非ともご対面してみたいです!

※大歩危祖谷ナビ より

この近くには「小便小僧」をモチーフにした商品が数多く売られていました。店頭にはこのような像も。。。

カラーバリエーションで勝負するお店もありました!

ずらーっと並ぶと圧巻ですね!!!

「チョコレート」や「ワッフル」も頂きましょう♪

ベルギー観光で忘れてはならないのが「チョコレート」と「ワッフル」ですよね!観光地ではなくてもあらゆる場所で見かけることができますよ♪

「チョコレート」はベルギー国民に愛されている人気のスイーツなんです!日本でも人気のあるゴディバ(GODIVA)、レオニダス(Leonidas)、ヴィタメール(WITTAMER)、ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini))などは王室御用達のチョコレートブランドに選ばれているんです。自分の好きなチョコレートを探してみるのも良いでしょう♪

「ベルギーワッフル」には2つの種類があるんだそうです。一つは「リエージュワッフル」、もう一つは「ブリュッセルワッフル」です。前者は丸い形でもっちりしていて、後者は長方形で甘さ控えめとなっています。

 

もちろんブリュッセルでは後者の長方形のものが売られていました♪ トッピングも豪華でインスタ映えもバッチリですよ(笑)

 

是非、ブリュッセルでは観光と共にスイーツも一緒に楽しんでくださいね♪

インフォメーション

大歩危祖谷ナビ

コメント

トップへ戻る