スポンサーリンク

【群馬・渋川/伊香保】 アートと羊が両方楽しめる!野外美術館「原美術館ARC(アーク)」へ行ってみよう♪

スポンサーリンク
関東(東京/神奈川以外)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回は”アート”と”羊”の両方が屋外で一緒に楽しめる「原美術館ARC(アーク)」をレポートします(^^♪

Mado
Mado

草間彌生さんの作品は私も大好きだよ!

羊さんも可愛らしいね(*‘ω‘ *)

Taro
Taro

ボクも外でアート作品を鑑賞してみたいな~^^バブー♪

スポンサーリンク

群馬県の渋川・伊香保にある「原美術館ARC(アーク)」とは?

「原美術館ARC(アーク)」は群馬県の渋川市にある美術館です。榛名山(はるなさん)の高原に位置していて、空気がとっても綺麗です♪ 豊かな自然に囲まれていて、とっても贅沢な場所ですよ^^

※現在は改修工事のため、休館となっています。

電車で行く場合は、JR上越線「渋川駅」からタクシーに乗ると10分ほどで到着します。東京駅からだと新幹線や特急を使うと1時間半ほど、高崎駅からだと30分ほどとなります。

 

周囲には「伊香保(いかほ)温泉」「四万(しま)温泉」「草津温泉」「水上(みなかみ)温泉」など、多くの温泉がありますので、一緒に訪れてみるのも良いでしょう♪

実は、こちらの美術館は2021年に惜しまれながら閉館した東京品川区の美術館「原美術館(↑の写真)」と同じ系列なんです♪ 「原美術館」は建物がカッコ良く、何度かお邪魔させていただきました。特に夜の雰囲気がステキでした^^

思いっきりアートを堪能しましょう!

さあ、それではアートを楽しみましょう! ピラミッド型の屋根が印象的な建物は世界的に活躍する建築家・磯崎新さんが手掛けているんだそうです。

 

赤いハートのオブジェは「ジャン=ミシェル・オトニエル」氏の作品「Kokoro」です。六本木ヒルズ(毛利庭園)にも同様の作品がありますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

こちらは運営母体の財団名「アルカンシエール/Arc-en Ciel(虹)」から「ARC」と名付けられたんだそうです。

撮影可能な場所も多く、カメラを持って行くととっても楽しいですよ^^

室内ではシルエットが印象的でした^^

「草間彌生」氏のドットだらけの作品「ミラールーム(かぼちゃ)」や、

椅子を組み合わせた「ジム ランビー」氏の「トレイン イン ヴェイン」、

屋外には「アンディ・ウォーホル」氏の作品、巨大な「トマト缶」も置かれていました!!

 

考えさせられる作品、見て楽しい作品、巨大な作品など様々なジャンルの作品が展示されていますので、好みの作品を探してみては如何でしょうか^^

コメント

トップへ戻る