スポンサーリンク

【カメラの話】 コスパ抜群!5000円で購入できるオールドレンズ「Super Takumar 55mm F1.8」を使ってみよう♪

スポンサーリンク
カメラの話
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回はM42マウントのオールドレンズ「Super Takumar 55mm F1.8」を紹介します♪ 状態にもよりますが、5000円ほどで購入できてしまう国産レンズなんです!!! クラシカルな写りながら綺麗に撮れて、コスパ最高ですよ^^

Mado
Mado

え? 5000円でF1.8の国産レンズが買えちゃうの???

ちょっと難しそうだけど、楽しそうだね^^

Taro
Taro

ボクはチョコチョコ動くから、撮りづらいかもね(笑) バブー♪

スポンサーリンク

オールドレンズ「PENTAX SUPER TAKUMAR  55mm f1.8」とは?

こちらはペンタックスから1960年代に発売されていたフィルムカメラ用(マウント:M42)の単焦点レンズです。世間的には「オールドレンズ」と呼ばれるマニュアルレンズのジャンルに含まれます。レンズの明るさを表すF価は「1.8」と比較的明るいのが特徴です。

※中古カメラ屋さんなどで購入できますよ!

 

今から半世紀以上前の製品にも関わらず、未だに人気が続く銘レンズなんです(^^♪ 解像度は最新のレンズに比べると劣ってしまうものの、雰囲気の良い写真が撮れてしまうんですよ♪ FUJIFILMのコンパクトレンズ「XF50mmF2 R WR」と比べて見ても小さく、半分ほどの長さです。この”小ささ”も魅力的ですよ^^

 

※「XF50mmF2 R WR」については下記記事をご覧ください↓

【カメラの話】[FUJIFILM Xシリーズ] 気軽に使える中望遠レンズ「XF50mmF2 R WR」を使ってみよう!
Naga 標準レンズより少し望遠気味の明るい単焦点レンズが使いたい、、、そんな経験はありませんか? 神レンズ「56mm F1.2」には劣りますが、軽量且つ防水機能を備えたコンパクトレンズ「XF50mmF2 R...

 

昨今のデジタルカメラへ取り付けるには「マウントアダプター」が必要になります!

こちらは”M42”と呼ばれるマウント方式が採用されている為、そのままでは使うことが出来ません(;^ω^) しかし、問題ありません!!! カメラに合う「マウントアダプター」を購入することで問題なく使うことができますよ^^

 

各社から多くの製品が展開されていますので、気に入ったものを選んでください。ただし、あまりにも安すぎるものですと、ガタツキがある事が多く、オススメできません。。。 私もいくつか失敗しました。。。

 

マウントアダプターも購入できたら、早速撮影してみましょう~♪

「PENTAX SUPER TAKUMAR  55mm f1.8」を使ってみましょう♪

それでは実際に使ってみましょう! フォーカスが手動のため、ピント合わせはじっくりと慎重に行ってください。シャッターを切ってみると、思った以上にキリっとした写真が撮れて驚きますよ!!!

 

※機種によっては「レンズなしレリーズ」をONに設定しないとシャッターが切れない可能性があります。

とってもボケが綺麗なんです!どうでしょう?? 半世紀以上前のレンズとは驚きですよね!!!

コメント

トップへ戻る