スポンサーリンク

【神奈川・武蔵小杉】サッカーJ1”川崎フロンターレVS清水エスパルス」を観戦しよう!

神奈川
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

12日に鹿島アントラーズとの対決を制し「ルヴァンカップ決勝進出」を決めた「川崎フロンターレ」。今回は本拠地「等々力陸上競技場」で試合を行った際の様子を紹介します!

Mado
Mado

私も人生初の”Jリーグ観戦”を体験してきました!

川崎フロンターレとは?

 

神奈川県 川崎市をホームタウンとしたJ1チームです。本拠地は武蔵小杉にある「等々力(とどろき)陸上競技場」。2019年10月14日現在「J1リーグ 第4位(昨年は優勝!)」、同時に行われている「2019 YBCルヴァンカップ」では決勝進出を果たし、初優勝が目前という状況です!!

そんな勢いに乗っている川崎フロンターレの本拠地へ行ってみましょう!

等々力陸上競技場へは武蔵小杉駅からバスに乗るのが楽しいです!

JRもしくは東急線などで「武蔵小杉駅(北口)」へ向かいましょう。駅前にはフロンターレカラーのポストが迎えてくれます。ここからバスに乗って競技場へ向かいましょう!

※一昨日の「台風19号の影響」で駅前が冠水したという情報がありましたが、大丈夫でしたでしょうか。1日も早く戻ることを祈っています。

バスを待つ長蛇の人々。試合の日は臨時便が出ますので、比較的すぐにバスへ乗り込むことができました。そして、バスの中では選手のアナウンスが流れていました!!これは嬉しいサプライズ!!私が乗ったバスでは「知念 慶(背番号20)」選手の声を聴くことができました!初々しい感じが良いですね。

わかりづらいのですが、運転手さんも青いユニフォームを着てお仕事されています♪ 徹底されているのが凄いですね!

本拠地”等々力陸上競技場”へ到着!

バスを降りて3分ほど歩くと会場へ到着します。会場ではケバブ、長崎角煮バーガー、かき氷など様々なものが売られていました。ここでフードやドリンクを購入しても良し、事前にお弁当や軽食などを持っていくのも良いでしょう。

会場ではすでに熱気が溢れていました。多くのフロンターレファンで賑わっています!

入り口では登戸にある「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」でおなじみの「ドラえもん」もメガホンを持って応援してくれていますよ!ユニフォームのような服も来ているんですね!!

その近くにはエース「小林悠選手(背番号11)の等身大パネル」が。近くで見てもイケメンですね!Madoちゃんも大絶賛です(笑) 記念に1枚、撮影させていただきました(^^♪

ついにスタジアムの中へ入りました!

缶ビールから紙コップへの注ぎ変えと荷物チェックを受けて、ついにスタジアムの中へ入りました。スタジアムの外も盛り上がっていましたが、こちらも負けていません。試合前にも関わらず、とても熱い空間に仕上がっていました!

※ビールの持ち込みも可能ですが、ごみ軽減のために缶から紙コップへ移し替える必要があります。多すぎると対応でいませんのでご注意ください!

 

↓スタジアムの全景です。陸上競技場という事もあり、芝生と観客席の間にトラックがあり、選手までの距離が少し遠いのが残念です。。ここは仕方のないところでしょうか。観客席が他競技場と比べて少ないのも気になるところです。今後もファンが増え続けるはずですので、大規模な改修も検討いただきたいところです。

 

会場内ではロッテガムの抽選会が行われていたので参加したところ、キーパーの「安藤駿介選手(背番号24)」のガムが当たりました!サインが印刷されているのも嬉しいですね!

時間に余裕を持ってスタジアムへ到着したはずなのに、会場内をくるくる歩き回っていたら予想以上に楽しく、あっという間に試合開始の時間が迫ってきました。試合日のスタジアムはテーマパークのようで楽しいですね!

※階段にはサポーターへ対するメッセージが。手拍子、声出し、頑張ります!!

ついに試合がスタート!!

両チームにとって負けられない一戦が始まりました!双方の応援合戦が始まり、会場内はさらにヒートアップしています!!

ちなみにこの日の対戦相手は「清水エスパルス」。エスパルスサポーターの人数は少なかったのですが(全体の1割ほど)、横から大きな声が聞こえました。あの人数での大声援には驚きました。。

フロンターレサポーターも勿論もの凄い熱気でした。会場のほとんど青一色です。この等々力陸上競技場では小さい子からお年寄りまで男女年齢問わず多くの方が楽しんでいるのが印象的でした。みんなで夢中に応援できるチームは素晴らしいなと感じました。

私は唯一持っているフジフィルムの望遠ズーム「XC50-230mm F4.5-F6.7」を持って撮影に臨んだのですが、、、2階席の後ろにいた事もあり少々キツかったです。

でも、この上のランクのレンズとなると一気に重く、高価になるんです。とても素人が買って使うレンズではありません。。普段はなかなか使わない画角ですので悩ましいですね。

でも「中村憲剛選手(背番号14)」がバッチリ撮れましたよ。今日も頑張ってほしいです!

※トリミングしています。

試合の途中で入場者数が発表されました。この日は24,398人でした。野球だと5万人ほど入ってしまいますので、将来フロンターレも5万人ほど集められるチームになってほしいと願っています。

試合は拮抗し、途中まで1-2とエスパルスにリードを許してしまいます。ですが、79分に小林悠選手がゴールを決め、2-2に追いつきました。これにはサッカー初心者のMadoちゃんも大興奮!!! やはりゴールを決めた瞬間は非常に盛り上がりますね!!

その後、惜しいプレーがいくつかあったもののゴールは決まらず、最終的には2ー2の引き分けで終わりました。両チームの皆さん、お疲れ様でした!!!

初のサッカー観戦を楽しんだMadoちゃんも興奮に包まれご満悦の様子。一緒に来てよかったです^^秋はスポーツの季節ですので、もっともっとスポーツ観戦を楽しんでいきたいと思います!!

インフォメーション

・川崎フロンターレ:https://www.frontale.co.jp/

・川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム:http://fujiko-museum.com/

・XC50-230mm F4.5-F6.7:https://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujinon_lens_xc50_230mmf45_67_ois_2/

コメント

トップへ戻る