スポンサーリンク

【岐阜・白川郷】懐かしい雰囲気たっぷり!世界遺産の”白川郷”を散策しよう!

スポンサーリンク
東海~近畿
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回は日本で4番目に世界遺産登録された「白川郷・五箇山の合掌造り集落」について紹介します!

Mado
Mado

私も行ったよ~!

独特な屋根の形状が印象的だった!

スポンサーリンク

世界遺産「白川郷」とは??

日本で4番目に世界遺産登録された「白川郷・五箇山の合掌造り集落」。ちなみに1番目は兵庫・姫路城(1993年)と奈良・法隆寺の建造物(1993年)、3番目は京都の文化財(1994年)となっています。ミシュランでも3つ星として掲載されたこともある日本を代表する観光地の一つです。

田んぼに囲まれた風景の中にひときわ目立つ「茅葺(かやぶき)屋根の家々」を見ると妙に懐かしい気持ちにさせてくれますよね。絵本や絵葉書にありそうな原風景が生で楽しめます。町が高台から望める「城山展望台」、「和田家」、「旧遠山家」など見どころ満載の白川郷へ出かけてみましょう!

今回の撮影はフィルムカメラ「シグネット35」で撮影しました♪

アメリカにあるコダック社が1951年に発売したフィルムカメラです。もう半世紀も前なんですね。。。中央の赤いマークや、左右対称のデザインが可愛らしく「ミッキーマウス」という愛称でも呼ばれています。可愛らしい形状もさることながらレンズ(エクター44mmf3.5)の描写も素晴らしく、今でも愛好家の多いカメラです。ファッション雑誌やCMなどにも使われることが多く、女性の方にも人気があるカメラです。

飛騨高山を経由して白川郷へ向かいました

我々は車を使い、飛騨高山も経由しながら白川郷へ向かいました。正直なところ、白川郷は駐車場が少なく、土日はすぐに満車となってしまいますので公共の交通機関でお出かけされるのがBESTかと思われます。

早速、近くまで行ってみましょう!

天気が良かったこともあり、田んぼと合掌造りの家々がとても綺麗!私が見たいと思っていたあの風景を十分に楽しむことができました♪

特に何かをしなくてもカメラを持って歩いているだけでとっても楽しいです!屋外がメインですので、雨だと少々辛いかもしれませんね。

五平餅、みたらし団子、飛騨牛、ソフトクリーム、お酒など、お腹が空いたらお店へ入りましょう!

観光地という事でカフェやレストランはもちろん、五平餅やみたらし団子などの軽食も楽しめちゃいます!端から端まで歩くと結構な運動になりますので、休憩を挟みながら楽しんでください。

和田家、旧遠山家など合掌造りの家に入ってみましょう!

和田家の建物は今から300年も前に建てられたもので、1階は110坪もあるんだそうです!!古民家ですが、頑丈な作りがにじみ出ていて、当時の大工さんの腕が良かったのかなぁと感じられる造りでした。

残念ながら内部の写真はないのですが、、家の中へ入るとまた違った雰囲気を体験することができます。2階は階段が急で少々登りにくいのですが、上がってみるととても広くお驚きました。さらに窓からの眺めが良く、食後はここで寝転がりたい気分になります(笑)

冬はライトアップされるようですので、こちらも是非とも見てみたい風景です。次は冬の時期にお邪魔してみたいと強く思いました♪

インフォメーション

白川郷観光協会

和田家

コメント

トップへ戻る