スポンサーリンク

【島根・安来市】米国誌の庭園ランキングで”16年連続日本一”に選ばれる「足立美術館」へ行ってみよう!

中国~四国
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今回は日本庭園がメチャクチャ美しいといわれる

「足立美術館」へ行った時のレポートを紹介するね!

Mado
Mado

Madoちゃんも昔、行ったことあるよ~

あまりよく覚えてないけど・・・(笑)

「財団法人 足立美術館」とは?

「足立(あだち)美術館」は島根県安来(やすぎ)市出身の実業家であり”日本一の横山大観(たいかん)コレクター”としても知られる足立全康(ぜんこう)氏が1970年(昭和45年)、71歳の時に開館した美術館です。

こちらでは横山大観作品以外にも、竹内栖鳳(せいほう)、橋本関雪(かんせつ)、川合玉堂(ぎょくどう)、上村松園(しょうえん)ら近代日本画壇の巨匠たちの作品のほか、北大路魯山人、河井寛次郎の陶芸、林義雄、鈴木寿雄らの童画平櫛田中(ひらくし でんちゅう)の木彫なども収蔵されており見どころ満載なんです。

どじょう掬いまんじゅう WEBページより

場所は島根県安来(やすぎ)市に位置します。安来といえば島根のお土産でお馴染みの「どじょう掬(すく)いまんじゅう」が有名ですね!

※先日、お土産で頂きました♪とっても美味しかったです(*^^)v

正月休みを利用してお邪魔してみました!

仕事帰りに島根へ、、というのはなかなか難しいので、今回はお正月の休みを利用してこちらへお邪魔してみました(もう10年ほど前になるのですが・・・)。この時期には立派な門松が正面に設置されていました。

東京から山陰地方へ行くにはちょっと大変なのですが、「飛行機」か「高速バス」で向かうのが良いでしょう。

飛行機で向かう場合は「米子(よなご)空港」から空港バスで「JR米子駅」へ向かい(約30分)、JR山陰本線で「安来駅」へ向かい(約10分)、そこから無料のシャトルバス(1日17往復)」へ乗ると到着します。高速バスの場合も「米子行き」が出ていますのでこちらへ乗ると良いでしょう。安くておススメです!

庭も立派ですが、建物も立派です!

入館料は大人2300円。少々高いと感じるかもしれませんが、館内を見ると納得するはずです。館内へ足を踏み入れると日本のアートを全身で感じることができます。

絵画のみならず陶芸作品や彫刻作品なども見られます。館内はいくつかの部屋をくるくる回るのですが、移動の途中も絵画作品を見ているようで楽しいです。

特にこちらの「窓」は額縁のように見えます。庭の自然と調和するように造られているのが面白いです。

やはりなんといっても「庭」が素晴らしいっ!

館内から見る事もできるのですが、できれば外へ出て直接観賞するのがオススメです!これをみるだけで入場料を払う価値が十分にあると思います!!!

庭の敷地は5万坪!!!広さにも圧倒されますが、庭石や松の木などをは足立全康氏が全国を歩いて探してきた、というこだわりの詰まった庭園なんです。ちなみにこちらでは専属の庭師が毎日手入れを行っているそうです。

「庭園もまた一幅の絵画である」という足立全康氏の言葉通り、絵画のように美しい庭園は国内はもとより海外でも評価が高いようです。

こちらは米国の日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が行っている日本庭園ランキング(Shiosai Ranking)では、初回の2003年から「16年連続日本一」に選出されています!!!

どこを撮っても絵になる美しさです。是非「広角レンズ」を持って撮影してほしい庭園です。

こちらが足立全康氏の銅像です。日本庭園を指さしして「この立派な日本一の庭園をじっくり見てくれよ!」と言っているように見えます。

※春の「新緑の時期」や秋の「紅葉の時期」はさらに綺麗な景色が楽しめるんでしょうね!また是非そのころにお邪魔したいと思っています♪

景色を思いっきり楽しんだら「喫茶室 大観」で一休み♪

正直なところ、館内&庭をゆっくり回ると疲れます。高齢の方ならなおさらだと思います。そんな時は「喫茶室 大観」でゆっくりしましょう。

池庭に囲まれて景色を楽しめながら休憩できるのが素晴らしいポイントです。まるで高級ホテルの喫茶室のようで、とてもゆっくりできました。ここもオススメです!

 

※奈良ホテルのティーラウンジを思い出しました♪

【奈良・奈良市】110周年を迎える「奈良ホテル」で極上のティータイムを過ごしましょう!
Naga 奈良観光といえば「奈良公園」や「東大寺の大仏様」などが連想されると思うけど、たまには歴史のある「奈良ホテル」でティータイムするのも楽しいよ! Mado え~っ!雰囲...

 

お昼がまだでしたら「島根和牛」を使ったビーフカレーを選んでみるのも良いでしょう。是非、「日本一の日本庭園」へ足を運んでみては如何でしょうか??

インフォメーション

足立美術館

山陰銘菓 どじょう掬(すく)いまんじゅう

コメント

トップへ戻る