スポンサーリンク

【オススメの逸品】 ”山コーヒー”が気軽に楽しめる!小型シングルバーナー「SOTO AMICUS(アミカス) SOD-320」をレビュー♪

オススメの逸品
この記事は約8分で読めます。
Naga
Naga

山へ登るときは極力荷物を小さく、軽くしたいですよね!

今回は非常に小さなシングルバーナー「AMICUS(アミカス) SOD-320」を紹介します!

Mado
Mado

あのシングルバーナーはとっても小さいよね~♪折り畳みができるところも良いね!!!

スポンサーリンク

「山コーヒー」に憧れて「シングルバーナー」を購入!

「山コーヒー」って憧れますよね?自然を感じながら大自然の中でコーヒーを淹れて・・カフェ気分・・・、って、良いですよねっ~(*^^)v

でも、これを実行するためには山で火を準備しないといけないんです、、。マッチ&薪でもできますが、薪を準備するのも大変ですし、強風にあおられたら一瞬で消えてしまいます。

ですが昨今、様々な便利グッズが販売されているのでご安心ください!火を炊くアイテムも複数ありますが、個人的には「シングルバーナー」が非常に便利なように思います(^^♪

 

「シングルバーナー」と聞くと”アウトドア中級者以上の方が購入するもの”というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません!サイズも小さく、操作も簡単で、値段も5000円ほど!と聞いたら買わない手はありませんっ(ブラックフライデーも近いですし)!!!

早速「アミカス320」を購入しましたので、レビューしたいと思います(^^♪

 

初心者でも安心の小型シングルバーナー!

箱を開けてみると非常にコンパクトで驚きました!!!めちゃくちゃ小さいです!!!SOTO製の商品の中でも最小クラスだそうです。これは非常に有難いポイントです(^^)/

【サイズ】幅40X奥行43X高さ75mm (収納時)、幅76X奥行100X高さ86mm (使用時・本体のみ)

勿論、これだけでは火が付きませんので「ガスカートリッジ」も忘れずに購入しましょう。小さいものなら500円ほどで購入できます。

火をつける場合は、上部にある「ゴトク部分」を展開し、ガスカートリッジに取り付けます。これと言って難しいことはありません。ちなみに「ゴトク」までの高さは約14センチ。ちょうど良い高さです。

こちらの商品には「収納用ケース」も付属しています。ケースに入れれば移動中の破損や損傷のリスクが減るので嬉しいですね!!

 

お湯を沸かす「やかん」もしくは「クッカー」も別途用意しましょう!

「金属製のカップ」であればそのまま火にかけてお湯を作ることもできますが、ドリップするなら「やかん」もしくは「クッカー」が必須となります。こちらも様々なメーカーから多くの製品が販売されているので、好みや使用用途に合わせて選んでみると良いでしょう。

私はLOGOS製のやかん「ザ・ケトル1.4L」を購入しました。注ぎ口がきちんとあり、形状も可愛らしかったのと、持ち手が樹脂製で本体が熱くなっても持ちやすい事が購入の決め手となりました。ハードアルマイト加工されたアルミ製で質感がカッコ良く、非常に軽量です。高さは約9センチほどです。

Bitly

なんと、蓋の面積が大きいため、この中に先ほどのアイテム(アミカス320、ガスカートリッジ)が”すぽっ”と入ってしまうんです!!これは便利です(#^^#)

※ケトルにも専用のナイロンケースが付属していました♪

珈琲カップやコーヒーの粉は別途必要となりますが、荷物がこれ1個にまとまってしまうのは非常に有難いです(/・ω・)/

※さらに追加でクッカー(モンベル製)も購入してみました。

なんと、こちらに「LOGOSのやかん」がすっぽりと入ってしまいました!偶然ですが、嬉しいです!

荷物がさほど増えずに「山コーヒー」と「山ごはん」が両方楽しめちゃうのは良いですね(*’▽’)

コメント