スポンサーリンク

【埼玉・川越】 ”小江戸”だけじゃないっ!大正浪漫通りにある純喫茶「シマノコーヒ―大正館」でノスタルジックな雰囲気も楽しみましょう♪

関東(東京/神奈川以外)
この記事は約2分で読めます。
Naga
Naga

今回は、日帰り旅行のスポットとしても人気の高い観光地「川越」を紹介いたします!都内から気軽に行ける距離にあるのが嬉しいです♪

Mado
Mado

京都や浅草のような雰囲気が感じられて、旅行気分が味わえます♪
今度はゆっくりと訪問したいなぁ。

Taro
Taro

ボクは美味しいケーキやトーストを

食べることができて大満足でした^^

スポンサーリンク

小江戸が楽しめる「川越」へGO!

川越は都内から電車でのアクセスが良いのがポイントですっ♪ 池袋駅からは東武線(快速)で約30分、新宿駅(正確には西武新宿駅)からは西武新宿線(西武特急小江戸号)で45分ほどで到着します! 思い立ったらすぐに出発しましょう。

我々は東武線の川越市駅で下車し、散策を開始しました。駅周辺には居酒屋が数軒見られましたが、どのお店も”焼き鳥”を推していました^^ この辺りで流行っているのでしょうか。

上を向くと、川越市が制定されてから今年が100周年という節目の年なんだという事がわかりました。このタイミングで訪問できて嬉しいですね^^

5分ほど歩くと西武新宿線の本川越(ほんかわごえ)駅へ到着します。東武線の川越市駅と比べるとはるかに大きく、駅ビルには多くのお店が入っています。生活するのにも便利そうです^^

 

観光エリアの一つ「大正浪漫通り」へ向かいましょう!

本川越駅を超えてさらに進みましょう。駅周辺は一般的な商業施設が並んでいますが、道を進むにつれて”昔の建築物”や”趣のある蔵”が現れはじめます♪ 

地元の方か観光客かわかりませんが、このあたりは一足が多い印象を受けました。若い方から年配の方まで、年齢層は様々です。

どんどん進むと、地面がアスファルトから石畳に変わっていることに気が付きます! 大正の街並みを再現(復元)したエリアなんです^^

建物を見ると、木造とは一味違う大正風の時代の建物が並んでいました。景観が統一されているのが素晴らしいです^^ 石畳や建物が揃っていると、大正時代にタイムスリップした気分が味わえますよ♪

1本横の道へ入ると、今風の新しいお店もたくさんあり、飲食を楽しむことができそうです。こちらの建物は「Hatago COEDOYA ~旅籠 小江戸や~」というホテルでありながらフードコートを備えた複合施設となっています。「縁結び横丁」では今風の食べ物を頂くことができちゃいますよ♪

コメント

トップへ戻る