スポンサーリンク

【モロッコ・アイト・ベン・ハッドゥ】 絶景!世界最大の砂漠「サハラ砂漠」の中にある要塞「アイト・ベン・ハッドゥ」へ行ってみよう!

中東~アフリカ
この記事は約4分で読めます。
Naga
Naga

サハラ砂漠の中に要塞のようなスポットがあるんです!その名も「アイト・ベン・ハッドゥ」。 早速お邪魔してきましたのでレポートします♪

Mado
Mado

どんな建物なんだろう~?

気になるなぁ~!!!

モロッコの砂漠エリアへGO♪

モロッコは砂漠ばかりではありません。マラケシュなどの市街地から郊外を抜け、山を越えると広大な砂漠エリアが現れるんです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、アフリカ大陸のおよそ3分の1が砂漠なんだそうです!砂漠の面積は「アメリカ合衆国とほぼ同じ面積」とも言われており、、、その巨大さに圧倒されますね・・・!!!

ちなみに、モロッコの砂漠は、オレンジ色で粒子が細かくさらさらしています。とっても綺麗で遊びたくなってしまうのですが、気をつけないと各種電子機器の隙間から侵入してしまうんです・・・。内部に入り込んでしまうと故障して動かなくなってしまう事もありますので、スマホやカメラを使う際はご注意ください。

※モロッコの市街地「マラケシュ」の様子は下記を参照ください↓

【モロッコ・マラケシュ】かつて北アフリカ最大の交易都市だったマラケシュ旧市街へ行ってみよう!
Naga 最近人気が急上昇している「モロッコ」。今回はマラケシュの「フナ広場」を取り上げてみたいと思います! Mado いいな~。私も一度は行ってみたいよ~! ...

「アイト・ベン・ハッドゥ」とは♪

こちらはモロッコの都市「ワルザザート」近郊にある集落です。モロッコ古来より伝わる建設手法「カスバ」のなかでも最古の部類に入り、ユネスコの世界遺産にも登録されています。かつては「サハラの入口」として、1,000人以上が暮らしていたようなのですが、いまは数家族のみとなってしまい、ちょっぴり寂しいです。。

 

そして、下記の映画をご存知でしょうか???

「アラビアのロレンス(1962年)」、「グラディエーター(2000年)」、「ハムラプトラ2(2001年)」など、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。独特な雰囲気が受け、上記の作品を含む多くの作品のロケ地としても頻繁に使われるんだそうです!

それでは早速、登ってみましょう!

この近くまではバスなどの車で辿り着けますが、上に行くには歩くしかありません。。。階段ばかりで少々辛いかもしれませんが、頑張って登ってみましょう!

トンネルのようになっている箇所も多く、冒険感覚でとても楽しいです♪ 迷子になると大変ですのでご注意ください!

建物は彩度の低いオレンジ~ピンク色で可愛らしく、絵本のような世界です。そして馬や牛など、所々に動物が生活しているんです!!

「モ~~~~~!!!」

現地の方の生活の様子が垣間見れるのも楽しいですよ♪

良く見ると、細かい装飾も施されています。穴を開けたり、凹みを付けたり、枠を囲ってみたりと建物によってデザインが異なっています。

※陽をよけるために窓は小さく作られているんだそうです。

もちろん、日差しが強いので帽子は忘れずに持っていってくださいね!帽子やサングラスはマストアイテムです!!

川の反対側にも同じような集落が見えますが、建物の高さは低めです。

所々に穴?があり、遠くが見えます。建物の素材は石とレンガのみではないでしょうか?よくここまで積み上げたものだと感激してしまいます!

頂上に着くと素晴らしい景色が見られます。

頂上から見渡す景色!!この日は天候に恵まれ、空と土色のコントラストが綺麗な写真が撮影できました。360°パノラマを楽しめます(^^♪

上から建物を改めて見てみると、統一感はあるものの、皆異なる形状となっていて見ているだけでも面白いです(^^♪

 

所要時間は余裕をみて1時間30分くらいでしょうか。モロッコの中でもこの「アイト・ベン・ハッドゥ」は他にはない不思議な魅力がありました♪ 是非、映画のスターになった気分で観光を楽しんでくださいね!!! 階段が多くありますので、歩きやすい靴で行かれることをオススメいたします。

※モロッコへ行くのはかなり大変ですので、まずは国内から攻めてみるのは如何でしょうか??鳥取県にある「鳥取砂丘」でも”砂漠体験”ができちゃいますよ♪

【鳥取・鳥取市】日本一の砂漠「鳥取砂丘」を堪能しましょう♪
Naga 鳥取県の砂漠「鳥取砂丘」は海外のような雰囲気がして面白いよね!!!その様子を紹介しちゃいます! Mado 私も好きな場所だよ~♪ また行きたいな~^^ ...

インフォメーション

アイト・ベン・ハッドゥ(HISページ)

コメント

トップへ戻る