スポンサーリンク

【埼玉・所沢】 飛行機博士になれるかも!? “航空”をテーマとした博物館「所沢航空発祥記念館」へ行ってみよう♪

関東(東京/神奈川以外)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

「所沢航空発祥記念館」は広大な敷地に多くの飛行機が展示されて迫力満点です! 本日6月24日から営業が再開されましたので紹介いたします♪

Mado
Mado

普段は近くから見られない飛行機がこんなに近くで見えるとは~!! 男の子なら大喜び間違いなしだねっ!!(*’ω’*)

「所沢航空発祥記念館」とは?

「所沢航空発祥記念館」は、埼玉県所沢市の所沢航空記念公園の敷地内にある航空をテーマとした埼玉県立の博物館です。開館したのは1993年。今から27年前にできたんですねっ!!

 

1911年、アンリ・ファルマン機を用いた日本における初の試験飛行が東京の代々木練兵場(現・代々木公園)から所沢に移送されて行われた事を”日本の航空の発祥”とし、それを記念して建てられたんだそうです。

 

”埼玉県立”という事で入館料が安いのも嬉しいんです!! 大人520円、小学生&中学生は100円、未就学児は無料です(^^♪

 

最寄り駅は西武新宿線の「航空公園駅」。池袋からだと30分ほどと比較的近いです♪ 駅から歩いて行けるのも嬉しいです♪

見どころ満載の展示エリア♪

展示室は主に「1F」、「2F」、「屋外」に分かれていて、どこも見どころ満載なんです♪ 写真撮影も自由ですので、好きな角度から写真をたくさん撮ってみましょう♪

 

実機の展示はもちろん、飛行機が飛ぶ仕組みを勉強できたり、飛行機の歴史を知ることができたり、大空や宇宙を飛んでいるような体験ができるシミュレータがあったり、動いている映像を見ることができたり、と航空に関する学習にも最適なんです♪ 勉強もできてしまうとは一石二鳥の施設ですね^^

私のオススメは多くの飛行機が展示されている1Fの展示室です。図鑑やおもちゃ、プラモデルなどでお馴染みの「本物の実機」が展示されているのを見るとメチャクチャ興奮してしまいます^^

※実際に操縦席に乗れる機体もありますよ♪

過去の大戦で使用されていた飛行機(戦闘機)というよりは自衛隊で活躍した機体が多い印象です。どの機体もここまで間近で見られることはなかなかないので目に焼き付けておきましょう(笑)

↑アメリカ製の中型輸送ヘリコプター「バートルV-44」は特に大迫力です!! これが空を飛ぶとは驚きです^^

※ゼロ戦など旧日本軍機の展示はありませんでした。

2Fから”同じ目線”で見るアングルも最高です♪

地上から見るのも楽しいですが、2Fに上がって側面から見るアングルも最高なんです(笑) 是非さまざまな角度から眺めてみましょう!

後ろから見ると、実際に空を飛んでいるように見えますよ!

コクピットの真横から見ると映画のワンシーンのような雰囲気が楽しめます!

※パイロット席は無人ですが(笑)

人と比べると、メチャクチャ大きいんです!!!この大きさは中々伝わりにくいので、是非現地へ足を運んでいただきたいです^^

アニメ「ラストエグザイル」に登場する架空の乗り物「銀翼のファム」の1/1サイズの模型も展示されていました♪ いかにもSF作品にありそうな形状でとてもカッコ良かったです^^

屋外には名機「YS-11」が展示されています♪

屋外には知る人ぞ知る国産旅客機「YS-11」が展示されています。1960年代から生産が初められ、総生産数は182機、日本の航空機の歴史に残る名機です。1964年の東京オリンピックでは聖火の輸送にも使用されましたんだそうです^^

あまりピンとこない方も多いと思いますが、、、2013年に公開された宮崎駿監督作品「風立ちぬ」の主人公のモデルとなった堀越二郎(ゼロ戦の設計者)さんもこちらを手掛けた一人なんだそうです♪

 

※松任谷由実さんの「ひこうき雲」が流れる「風立ちぬ」をもう一度見直してみたくなりました^^

Amazon.co.jp | 風立ちぬ [DVD] DVD・ブルーレイ - 宮崎駿
Amazon.co.jp | 風立ちぬ DVD・ブルーレイ - 宮崎駿

歩き疲れたらレストランで一休みしましょう♪

ゆっくり回ると2時間ほどかかってしまうのではないでしょうか。屋外で休むのもいいですが、レストランで休むのも良いでしょう。これから暑い日が続きますので、くれぐれも熱中症にはご注意くださいね♪

インフォメーション

所沢航空発祥記念館

スタジオジブリ作品『風立ちぬ』公式サイト

コメント

トップへ戻る