スポンサーリンク

【子供の話】 初心者パパにオススメ!宮藤官九郎さんの育児日記「俺だって子供だ!」が面白かったので紹介します♪

子供の話
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

偶然購入したクドカンさんの本が面白かったので、こちらで紹介しちゃいます♪ 書籍名は「俺だって子供だ!」、出版社名は「文春文庫」です。

Mado
Mado

宮藤官九郎さんが育児日記を書いていたんだ~!!!

クドカンさんの”子育て本”とは楽しそうだね~(*’ω’*)

オシャレな器を買いにオシャレタウン”自由が丘”へ行ってみた♪

緊急事態宣言も解除され、久々に街へ出てみる事にしました♪ 目的地に選んだのはオシャレな町の代表格「自由が丘」。渋谷から15分ほどと、アクセスもしやすいです。新生活に向けてオシャレな食器が見つかると良いなぁ~と思い、やってきました(^^♪

 

電車を降り、お店の方へ行ってみると多くの人がお買い物を楽しんでしました。子供から大人、年配の方まで年齢層は様々です。自由が丘という街の特性上、女性の方の方が多かったように思います。

コロナの影響はあまりないのかな、と思って無印良品へ行ってみるとこちらでは「入場規制」が行われていました。やはりまだ完全復帰ではないようですので、外出時はマスク、手洗い&うがいを徹底しましょうね^^

※旅行に出かけられるようになるのにはもう暫くかかりそうですね(^^♪

この日は食器探しを諦め「BOOKOFF」へ寄ってみることにしました。

インテリアショップや雑貨屋さんなど、いくつかのお店回ってみたのですが「これだっ!!!」という食器が見つからなかったので、この日は残念ながら”食器探し”を諦めることにしました。。。

 

その帰り道に「BOOKOFF」が目に入ったので中へ入ってみる事に。1Fには洋服が置かれ2Fに本が並んでいました。じ~っと本棚を見ていたら3冊の本が気になったので購入してみる事にしました^^

 

1冊目は男女の脳の違いに着目した「夫婦脳(新潮文庫)」。脳科学者の黒川伊保子さんが書かれた本です。既婚者の方なら”相手と意見が合わないな”とか”なぜそんなところに反応するんだ”などと意見が合わないことが良くあると思います(もちろん我が家もあります・笑)。

 

Amazon CAPTCHA

 

これはもともと”男女の脳”の仕組みが全く異なることから起きる現象なんだそうです。 「へぇ~」「なるほどねぇ~」と頷きながら読み続けてしまいました♪

2冊目は思い切った発想で「断捨離」にチャレンジした様子を漫画で描いたわたなべぽんさんの書籍「やめてみた。(幻冬舎文庫)」です。普段は断捨離の対象にならない「炊飯器」「メイク」「人間関係」など、えっ!それ止めて大丈夫??? と突っ込みながら一気に読んでしまいました(笑)

 

Amazon.co.jp: やめたみた。 本当に必要なものが見えてくる、暮らし方・考え方 やめてみた。 (幻冬舎文庫) eBook: わたなべぽん: Kindleストア
Amazon.co.jp: やめたみた。 本当に必要なものが見えてくる、暮らし方・考え方 やめてみた。 (幻冬舎文庫) eBook: わたなべぽん: Kindleストア

 

ここまで大胆な行動を真似するのは大変ですが、現代人は”何かしらの多くの負荷”がかかっているのは事実です。すべてをこなすには時間がいくらあっても足りませんので、本当に必要なもの、不要なものを一度じっくりと考えてみるのはとても重要なことだと感じました。私もチャレンジしてみたいと思います(^^♪

3冊目に選んだ”クドカンさんの育児日記”が特に印象に残りましたので、こちらで紹介いたします♪

最後は脚本家、俳優、ミュージシャン、映画監督と幅広い分野で活躍されているクドカンさんこと宮藤官九郎さんの育児日記をまとめた「俺だって子供だ!(文春文庫)」です。結婚10年目にして授かった愛娘「かんぱ」の子育て記録が描かれています。

 

Amazon.co.jp: 俺だって子供だ! (文春文庫) eBook: 宮藤官九郎: Kindleストア
Amazon.co.jp: 俺だって子供だ! (文春文庫) eBook: 宮藤官九郎: Kindleストア

 

はじめは「子供嫌い」「子育てが怖い」と、子育てを恐れていたクドカンさんが悪戦苦闘しながらも必死で向き合った育児エッセイです。笑いあり涙ありと、とても楽しく読ませていただきました♪

 

「あ、こんな感じなのね!」とか「こんな時はこーするのね!」など、子育ての雰囲気が読み取れますので、私も含め「子育て初心者のパパ」にも最適な1冊だと思います♪

あのクドカンさんでさえメチャクチャ苦戦しているので私にもできるかな、、と、正直なところ私もメチャクチャ心配しています。ですが、これは誰もがぶち当たることでもあるので、クドカンさん同様に頑張りたいと思います♪

この本には「かんぱ」ちゃんが生まれてから3歳になるまでの成長記録が描かれていますが、最後にあとがき対談として大きくなった「かんぱ」ちゃんとの対談(会話)が収録されています。このやりとりもとてもキュートで可愛らしいんです^^ 最後まで読まれてみてくださいね♪

表紙の絵は「ねないこだれだ」と同じ作者さんでした。

クドカンさんの本を買ったときから、「この絵どこかで見たことあるなぁ~」と思っていました。が、答えが出ずにモヤモヤしていました。。。ですが、家に帰って絵本を見ていたら「アッ!!!」と答えが分かりスッキリしました。

幼児向け絵本「ねないこだれだ」でお馴染みの「せな けいこ」さんの作品でした♪ 本には書かれていませんが、こちらのモデルは「かんぱ」ちゃんではないでしょうか!

 

以上、BOOKOFFで購入して面白かった文庫本3冊の紹介でした♪

インフォメーション

「俺だって子供だ!(Amazonページ)」

コメント

トップへ戻る