スポンサーリンク

【東京・上野】 国立博物館(表慶館)にてフジフィルム「X-Pro3」お披露目イベントが開催!

スポンサーリンク
東京
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

今日10月26日は上野でフジフィルムの新商お披露目イベント「FUJIFEST GLOCAL 2019」が開催されると聞いて、早速行ってきたよ~♪

Mado
Mado

私も行きたかったけど残念ながら欠席。。。

内田さんのお話、聞きたかったな~♪

スポンサーリンク

国立博物館(表慶館)とは?

今回、新商品発表会が行われたのは「国立博物館(表慶館)」です。ここは明治42年(1909年)に日本で初めての本格的な美術館として造られた建物です(今から110年前!!!)。設計は「綱町三井倶楽部」を設計したジョサイア・コンドル氏の弟子「片山東熊(かたやま とうくま)氏」だそうです。雰囲気が似ていますよね!こちらは明治を代表する建物として重要文化財にも指定されています。

 

※「綱町三井倶楽部」の様子はこちらを参照ください↓

【東京・港区】普段はなかなか入れない西洋建築の傑作「綱町三井倶楽部」へ入ってみよう!
Naga 残念ながら一般公開されていないんだけど、フジフィルムのイベントに申し込めば入れちゃうみたい! Mado オシャレな洋館だね!私も一緒に行く!!! 富士...

早速「FUJIFEST GLOCAL 2019」会場へ行ってみましょう!

イベント会場へ行くには通常の入り口ではなく、表慶館近くにある黒門(旧因州池田屋敷表門)から入ります。

注目の新製品「X-Pro3」が背景に使われた看板の通りに進みます。

すると「表慶館」に到着します。私同様、多くの方がここで写真を撮っていました(笑)今日1日で何枚撮られたのでしょうか???

内部は”綱町三井倶楽部”同様、重厚感のある厳かな造り。

入ってすぐに天井に目を向けるとドーム状の美しい天井が見えました。吹き抜けという事もありますが、天井がものすごく高く、広々とした空間でした。

ドアもメチャクチャ長いです。おそらく4mほどあるのではないでしょうか。とても豪華な造りでした。

こちらは2階からの様子です。大理石で造られた柱が立派です。時代劇や映画の撮影などでも使われそうですね!

各面に設けられた窓は2重になっていました。先日の台風19号のような強い風雨の場合は内側の扉を閉めるのでしょうか。110年経っても壊れない重厚さが素晴らしいです。

スローシャッターで撮ると、人がボケて撮れるのが面白いですね。何枚か撮ってしまいました。

2階では著名写真家による大きな写真の展示があり、どれも見応えがありました。ご存知の通り「Xシリーズ」はフルサイズではなくAPS-Cというフルサイズより一回り小さいセンサを採用しています。

もちろん画質はフルサイズに劣りますが、一般人がここまで大きく写真を引き伸ばす機会は滅多にありません。写真を見ながら「今後もAPS-Sで十分だなぁ・・・」と改めて感じた次第です。

階段の付近ではカメラのメンテナンスコーナーが実施されていました。私も申し込みたかったのですが、既にいっぱいで申し込みができませんでした。。。また次はチャレンジしたいです。

※今回の目玉商品「X-Pro3」は非常に面白い新商品ですが、しばらくの間購入の予定がないのと、タッチ&トライコーナーが非常に混んでいたため、試遊を見送りました。フジフィルムさん、スミマセン!!

写真家「内田ユキオ」氏のトークショーはとても楽しかったです♪

こちらが個人的にとても楽しみにしていたイベントです。前回のイベントで話を聞いてから興味を持ち、今回もお邪魔してしまいました。

この日は2回目という事でとても軽快なトークを聞かせてくれました。アップル創業者ジョブス氏のオマージュもあり、プレゼン自体も面白かったです。同時にXシリーズに対しての愛情、カメラに対しての思いが本当にすごいなぁと改めて感じさせられました。

 

今回お披露目された「X-Pro3」の特徴である「特徴的なファインダー」について、3つのポイントを伺いましたので共有しておきます。

「新たなLCDによる提案」

「一期一会」チャンスに出会ったらファインダーに集中

「余情残身」撮り終えたらで財を慈(いつく)しんで感謝

「独坐観念」現像を待つように撮影画像を吟味

 

恥ずかしながら最近は、撮った画像を見返さずにカメラの中にデータとして残り続けることも多くなってきました。フィルムカメラを使っていた時のような気持ちを思い出し「1枚1枚大事に写真を撮って楽しむこと」を改めて実践したいと感じました。

 

そして、最後に、非常に大事な言葉がもう一つ。

「いつでもカメラを持ち歩くこと」

当たり前の話ですが、カメラがなければ写真が撮れません。いつどんな被写体が目の前に現れるかわかりませんので、常にカメラは持ち歩くことを心掛けましょう!!

 

11月14日~27日まで東京の「FUJIFILM Imaging Plaza」にて15年ぶりの写真展が開催されるようです。是非ともMadoちゃんとお邪魔したいです♪

トークショーが終わるともう真っ暗です。

少しづつ肌寒くなってきたな・・と思っていたら日が落ちるのも早くなりましたね。このままあっという間に冬に突入してしまうと考えると、1年は本当に早いですね。。1日1日大事に過ごしていきましょう。

こちらは入場の際にもらったブレスレットです。今回のイベントに行けなかったMadoちゃんのお土産としてプレゼント予定です♪

インフォメーション

FUJIFEST GLOCAL 2019

内田ユキオのブログ

コメント

トップへ戻る