スポンサーリンク

【山形・鶴岡&酒田】 昭和に活躍した写真家「土門拳」の故郷&記念館へ行ってみよう♪

スポンサーリンク
北海道~東北
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

スナップ写真やポートレート、寺院や仏像など幅広いモチーフを得意とした写真家「土門 拳(どもん けん)」さん。今回は生まれ故郷の山形へお邪魔した時の様子を紹介します!

※訪問したのは今から10年ほど前になります。

Mado
Mado

山形といえば「芋煮」や「米沢牛」、「だだちゃ豆」が美味しいよね!

甘い「さくらんぼ」も食べたいなぁ・・・(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

まずは映画「おくりびと」でロケ地となった「鶴岡市」へGO!

鶴岡市は山形県の庄内地方(日本海沿岸の地域)にあり、約12万人の方が暮らしています。県内人口は山形市に次いで2位なんです!覚えておきましょう(^^♪

 

「鶴岡市(つるおかし)」と言われてもピンとこない方には「映画 おくりびと(製作は2008年!)」の舞台になった場所、と聞けば”あぁ~!!”と頷く方も多いのではないでしょうか。本木雅弘さんが主演、妻役に広末涼子さん、社長役に山崎努さん、脚本は小山薫堂さんと、今振り返ってもとっても豪華ですね!

原作版では富山県が舞台となっていたようですが、映画版では山形県が選ばれたそうです。町にはロケで使われた建物を示す看板が掲示されていました。

市内には赤い屋根の教会や小さな動物園(鶴岡公園)がありました。素敵な洋風の建物ですね♪

大きな孔雀も見ることができました(^O^) 羽の模様がとっても綺麗でした!

↑こちらは鶴岡公園にいたニホンザル「キンタ君」は2012年にお亡くなりになったそうです。年齢は32歳、人間に例えると100歳と、かなりの長寿!!! 死因は老衰との事です。ご冥福をお祈りいたします。

コメント

トップへ戻る