スポンサーリンク

【山形・鶴岡&酒田】 昭和に活躍した写真家「土門拳」の故郷&記念館へ行ってみよう♪

スポンサーリンク
北海道~東北
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Naga
Naga

スナップ写真やポートレート、寺院や仏像など幅広いモチーフを得意とした写真家「土門 拳(どもん けん)」さん。今回は生まれ故郷の山形へお邪魔した時の様子を紹介します!

※訪問したのは今から10年ほど前になります。

Mado
Mado

山形といえば「芋煮」や「米沢牛」、「だだちゃ豆」が美味しいよね!

甘い「さくらんぼ」も食べたいなぁ・・・(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

まずは映画「おくりびと」でロケ地となった「鶴岡市」へGO!

鶴岡市は山形県の庄内地方(日本海沿岸の地域)にあり、約12万人の方が暮らしています。県内人口は山形市に次いで2位なんです!覚えておきましょう(^^♪

 

「鶴岡市(つるおかし)」と言われてもピンとこない方には「映画 おくりびと(製作は2008年!)」の舞台になった場所、と聞けば”あぁ~!!”と頷く方も多いのではないでしょうか。本木雅弘さんが主演、妻役に広末涼子さん、社長役に山崎努さん、脚本は小山薫堂さんと、今振り返ってもとっても豪華ですね!

原作版では富山県が舞台となっていたようですが、映画版では山形県が選ばれたそうです。町にはロケで使われた建物を示す看板が掲示されていました。

市内には赤い屋根の教会や小さな動物園(鶴岡公園)がありました。素敵な洋風の建物ですね♪

大きな孔雀も見ることができました(^O^) 羽の模様がとっても綺麗でした!

↑こちらは鶴岡公園にいたニホンザル「キンタ君」は2012年にお亡くなりになったそうです。年齢は32歳、人間に例えると100歳と、かなりの長寿!!! 死因は老衰との事です。ご冥福をお祈りいたします。

羽越本線に乗って「酒田」へGO!!!

つづいて「酒田市(さかたし)」へ移動しましょう!電車で30分ほどと、アクセスは便利です^^

ちなみに酒田市は県内で3位の人口なんだそうです!

お邪魔した日は、遠足なのか?多くの園児が先生と一緒にお出かけ中でした♪

見どころ満載の酒田市内!

駅に着いたら、周辺を歩いてみました。市役所には大きなものがあると聞いてお邪魔してみると巨大な獅子が!!! これにはビックリしました・・・!

こちらは昭和54(1979)年酒田大火からの復興と防災のシンボルとして誕生した大獅子たちなんだそうです。縦・横・高さ各約2メートルとメチャクチャデカイです(;゚Д゚)

こちらは日本一の大地主として知られた「本間美術館」&「本間家旧本邸」です。豪商にも関わらず「弱者救済」、「地域貢献」の精神強く受け継がれ、地域の発展にも多大な功績を残した名家としてたたえられています。

※酒田市には「松林」や「寺社仏閣」など、本間家ゆかりの場所が数多く存在しているんだそうです。

シルエットが美しい「山居倉庫(さんきょそうこ)」は明治26年に建造された米の保管倉庫として使われていました。ドラマ「おしん」のロケ地としても有名です。現在も農業倉庫として使用され、酒田のシンボルとなっています。

庄内平野を流れる「最上川(もがみがわ)」など、綺麗な自然を見ることができました!ここでじっくりと風景写真を撮ってみるもの面白そうです(^^♪

「土門拳記念館」へ到着♪

こちらは写真家・土門拳さんの写真作品を所蔵・研究・展示するために作られた酒田市立の美術館です。日本初の写真専門の美術館として、7万点におよぶ土門作品のすべてを所蔵しているんだそうです。

 

設計は谷口吉生さん。水面に浮いているかのような美しさはスタイリッシュでとてもカッコ良いです♪ さらに中庭は「イサム・ノグチさん」、ポスターやチケットは「亀倉雄策さん」が関わられたという事で、、、かなり豪華なメンバーによって造られたんですね(‘◇’)ゞ

美しさが評価され、第9回日本建築家協会25年賞(2009年度)を受賞され、「ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン」(2009年)にも二つ星として紹介されています。

※残念ながら内部の撮影はNGでしたので、是非現地でご確認いただきたいです♪

夕食は「ステーキ宮」にて♪

歩き回った後は美味しい肉が食べたいな・・・と思い、「ステーキ宮」へ入ってしまいました。もちろんビールも注文しちゃいました(*^_^*)

土門拳さんの写真集を見ながら美味しいお肉を頂き、幸せな時間を過ごすことができました♪ 是非、次の連休には山形へ足を伸ばしてみては如何でしょうか?

 

インフォメーション

土門拳記念館

ステーキ宮(酒田店)

コメント

トップへ戻る