スポンサーリンク

【東京・三鷹】宮崎駿さんの世界に浸れる「三鷹の森ジブリ美術館」へ行ってみよう!

東京
この記事は約3分で読めます。
Naga
Naga

ジブリ作品は何年経って見ても楽しめるよね!

三鷹にある「三鷹の森ジブリ美術館」へ行ってみない?

Mado
Mado

私もジブリ大好き!!

行ってみよう~!!

ジブリキャラクターに出会える素敵な美術館!

首都圏のミュージアムランキングでも常に上位へランクインする「三鷹の森ジブリ美術館」。ジブリ作品に登場する様々なキャラクターと出会えるのが魅力的です(*^^)v

 

※「キャラクターの美術館」といえば川崎市にある「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムも人気のスポットです!是非こちらへも足を運んでいただきたいです↓

【神奈川・登戸】 「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行ってドラえもんの世界を感じよう!
Naga 登場から50年を迎える「ドラえもん」を生み出した 「藤子・F・不二雄」氏の世界を感じられるミュージアムが川崎にあるみたい!早速行ってみよう~!! Mado わ~い、...

 

「三鷹の森ジブリ美術館」は宮崎駿氏のデザイン画を基に建設が始まり、2001年に開館した美術館です。名前の通りスタジオジブリ関連の作品、グッズなどが収蔵されています。展示品のほかに短編アニメーション作品が1回視聴できるのも楽しいポイントです!

物凄く楽しいジブリ美術館なのですが、少々厄介な部分が2つ。それは「チケットの購入方法」と館内での「撮影禁止」です。日本ではまだ珍しく、事前購入制となっています。もちろん当日に行っても中へ入れませんのでご注意ください。撮影禁止は仕方がありませんので、、目の中に焼きこんでおきましょう!

※チケットはおとな1000円です。
※入場時間は1日4回で、10・12・14・16時。入れ替え制ではありません。

この日は入場時間より少し前に到着したので長蛇の列ができていました。まだ時間があったので、先に屋外を見る事にしました。

まずは屋外を見て回りましょう!

どこも宮崎作品の劇中に出てきそうな場所ばかりでテンションが上がってしまいます!Madoちゃんも写真撮影に励んでいました。

 建物だけでなくさりげなく置かれている小物類もとても可愛らしいです。

窓に集まったまっくろくろすけも密集すると可愛らしいです!

こちらは紅の豚です。建物の色もカラフルで綺麗です。まるでイタリアにありそうな雰囲気です。

魔女の宅急便をモチーフにした水道です。こんな水道があったら毎日楽しくなるでしょうね♪

残念ながら館内の撮影はNGですが、屋上のみ撮影可能です!

屋上はラピュタをイメージした庭園が広がっています。あまり広くはないのですが、数少ない写真撮影スポットですので、譲り合いながら順番に写真を撮りましょう!

ゆっくり見ると軽く2時間はかかってしまいますが、とても楽しい気分になれました!また次回、時間に余裕を持ってお邪魔したいと思います♪

インフォメーション

三鷹の森ジブリ美術館

コメント

トップへ戻る